確定申告での14種類の所得控除一覧

★ お気に入りに追加
確定申告

 所得税の計算では、所得からある金額を差し引くことができますが、その金額のことを「所得控除」と呼びます。所得控除の金額が大きければそれだけ所得税が少なくなりますので、重要なポイントです。

注:本記事の各控除金額は令和元年までの金額を記載しています。令和2年から金額が変更されます。

所得控除とは?

14種類の所得控除

所得控除には14種類あり、人的控除(以下の①~⑦)と物的控除(⑧~⑭)に分けられます。

人的控除は納税者本人と扶養家族の状況に応じて控除されるもの、物的控除はその年に支払ったお金の内容に応じて控除されるものです。

  控除の種類概要
人的
控除
 基礎控除全員に適用
家族の状況
によるもの
配偶者控除一定金額以下の収入の配偶者がいる場合
配偶者特別控除ある範囲の収入の配偶者がいる場合
扶養控除一定金額以下の収入の扶養家族がいる場合
本人の状況
によるもの
障害者控除障害者である場合
寡婦(寡夫)控除夫(妻)と死別した場合
勤労学生控除勤労学生である場合
物的
控除
保険料・
掛金など
社会保険料控除公的な社会保険料を支払った場合
生命保険料控除各種の保険料を支払った場合
地震保険料控除地震保険料を支払った場合
小規模企業
共済等掛金控除
掛金を支払った場合
確定申告が
必要なもの
医療費控除一定金額を超える医療費を支払った場合
雑損控除災害や盗難で損失が生じた場合
寄付金控除認定された機関に寄付金を支払った場合

会社員・公務員(サラリーマン)の場合、①~⑪までは年末調整で可能ですが、⑫医療費控除、⑬雑損控除、⑭寄付金控除の3つは年末調整では控除できず、確定申告が必要です。

所得控除の確定申告書への記入

所得控除は、確定申告書の「所得から差し引かれる金額」という欄に記入します。

一般の場合

会社員・公務員やアルバイト・パートの方は確定申告書Aを利用します。所得控除を下図の記入欄に記入します。

確定申告書A

個人事業主の場合

不動産賃貸収入や事業収入がある方は確定申告書Bを利用します。所得控除を下図の記入欄に記入します。

確定申告書B 所得控除

全員に適用

①基礎控除

全員に適用され、一律で38万円(令和2年以降は48万円)を差し引くことができます。

家族の状況によるもの

②配偶者控除

所得税法上の控除対象配偶者がいる方は、納税者本人の所得に応じて最大38万円(70歳以上では最大48万円)を差し引くことができます。控除対象になる配偶者は下記の要件を満たす方です。

  • 民法の規定するところの配偶者である
  • 納税者と生計を共にしている
  • 納税者本人の年間所得金額が1,000万円以下である
  • 配偶者の年間所得金額が38万円以下である
  • 青色事業専従者または事業従事者ではない

事実婚など、法律上の配偶者でない場合には控除対象になりません。

平成30年分から改正され、配偶者控除の金額は、次の通りです。

配偶者控除
納税者の合計所得金額
()内は給与年収※
控除額
控除対象配偶者老人控除対象配偶者
(70歳以上の配偶者)
900万円以下
(1,120万円以下)
38万円48万円
900万円超950万円以下
(1,120万円超1,170万円以下)
26万円32万円
950万円超1,000万円以下
(1,170万円超1,220万円以下)
13万円16万円

※年収の金額は、令和元年分までの場合です。税制改正により、令和2年分以降は異なります。

③配偶者特別控除

配偶者控除の適用を受けられない配偶者がいても、下記条件を満たす場合、配偶者の所得に応じて最大38万円の控除が認められています。

  • 納税者本人の合計所得金額が1,000万円以下である
  • 配偶者の年間所得金額が38万円超123万円未満である
  • その他、配偶者控除の適用条件を満たしている

平成30年分から改正され、かなり複雑になりました。
控除額は、納税者本人の合計所得金額と、配偶者の合計所得によって決まり、下記の通りです。

配偶者特別控除
配偶者の合計所得金額
()内は給与年収※
納税者の合計所得金額
()内は給与年収※
900万円以下
(1,120万円以下)
900万円超
950万円以下
(1,120万円超
1,170万円以下)
950万円超
1,000万円以下
(1,170万円超
1,220万円以下)
38万円超85万円以下
(103万円超150万円以下)
38万円26万円13万円
85万円超90万円以下
(150万円超155万円以下)
36万円24万円12万円
90万円超95万円以下
(155万円超160万円以下)
31万円21万円11万円
95万円超100万円以下
(160万円超166.8万円未満)
26万円18万円9万円
100万円超105万円以下
(166.8万円超175.2万円未満)
21万円14万円7万円
105万円超110万円以下
(175.2万円超183.2万円未満)
16万円11万円6万円
110万円超115万円以下
(183.2万円超190.4万円未満)
11万円8万円4万円
115万円超120万円以下
(190.4万円超197.2万円未満)
6万円4万円2万円
120万円超123万円以下
(197.2万円超201.6万円未満)
3万円2万円1万円
123万円超
(201.6万円以上)
0万円0万円0万円

※年収の金額は、令和元年分までの場合です。税制改正により、令和2年分以降は異なります。

④扶養控除

所得税法上の控除対象の扶養家族がいる方が、一定金額を控除することができます。扶養家族に当てはまる人は下記の要件を満たしている方です。

  • 配偶者を除く親族、または養育・養護を委託された里子や老人である
  • 納税者と生計を共にしている
  • 扶養家族の年間所得金額が38万円以下である
  • 青色事業専従者または事業従事者ではない

控除できる金額は下記の通りです。

 年齢控除額
一般の控除対象扶養家族16歳以上38万円
特定扶養親族19歳以上23歳未満63万円
非同居老人扶養親族70歳以上48万円
同居老人扶養親族58万円

注:16歳未満の子供について、以前は扶養控除の対象でしたが、平成23年分の所得税から控除の対象外となり、代わりに児童手当(子ども手当)が支給されることになりました。

本人の状況によるもの

⑤障害者控除

納税者、配偶者、扶養親族のいずれかが所得税法上の障害者に該当する場合に一定金額を控除できます。障害者として認められる人には下記のような人が当てはまります。

  • 精神上の障害により弁識能力を欠く状態にある人
  • 知的障害者として判定されている人
  • 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人など

なお、障害者区分には「障害者」「特別障害者」「同居特別障害者」の3つがあり、控除金額は下記の通りです。

区分控除額
障害者27万円
特別障害者(障害等級1級、2級)
(同居特別障害者以外)
40万円
同居特別障害者75万円

⑥寡婦(寡夫)控除

納税者が寡婦(寡夫)に当てはまる場合に、原則27万円が控除されます。寡婦(寡夫)とは夫(妻)と死別等している人で、扶養親族がいる方を指します。

なお、下記の3つに当てはまる場合は「特定の寡婦(寡夫)控除」に該当し、35万円控除されます。

  • 寡婦(寡夫)に該当する
  • 納税者の合計所得金額が500万円以下である
  • 子を扶養している

⑦勤労学生控除

納税者が勤労学生である場合に、27万円を差し引くことができます。勤労学生とは下記の3つに該当する人を言います。

  • 給与所得による収入がある
  • 合計所得金額が65万円以下である
  • 特定の学校の学生、生徒である(一般的な高校・大学・専門学校は対象に含まれる)

保険料・掛金などを支払った場合

⑧社会保険料控除

納税者、配偶者、扶養親族の社会保険料分を全額控除することができます。控除に他該当する社会保険料の種類は下記の通りです。通常、14種類の所得控除の中で最も多い控除金額となります。

  • 健康保険、国民健康保険
  • 後期高齢者医療制度の保険料(介護保険)
  • 国民年金保険、厚生年金保険、船員保険など

ただし、配偶者・扶養親族であっても、公的年金受給者の公的年金から控除されている介護保険料については、その受給者の収入から控除すべきものであるため、納税者本人の社会保険料控除にはなりません。

⑨生命保険料控除

納税者が支払った生命保険料を一定金額だけ控除することができます。配偶者、扶養親族の分の保険料も納税者が支払った保険料であれば控除可能です。

加入している保険の内容により以下の3つに区分されており、それぞれの区分で最高4万円、合計して最大12万円を控除できます。平成23年以前の契約と平成24年以降の契約によって、控除できる最大の金額が異なります。

 一般の生命
保険料控除
個人年金
保険料控除
介護医療
保険料控除
合計
平成24年
以降の契約
4万円4万円4万円12万円
平成23年
以前の契約
5万円5万円10万円

なお、控除額は年間の支払保険料によって下記の通りに計算されます。

【平成24年1月1日以降に契約した保険】

支払保険料控除額
2万円以下支払保険料等の金額
2万円超~4万円以下支払保険料÷2+1万円
4万円超~8万円以下支払保険料÷4+2万円
8万円超一律4万円

【平成23年12月31日以前に契約した保険】

支払保険料控除額
2.5万円以下支払保険料等の金額
2.5万円超~5万円以下支払保険料÷2+12,500円
5万円超~10万円以下支払保険料÷4+25,000円
10万円超一律5万円

⑩地震保険料控除

納税者が支払った地震保険料最大5万円控除できます。なお、旧長期損害保険料は最大1万5千円まで、控除することが可能です。
地震保険料と、旧長期損害保険料の両方がある場合には、どちらか片方だけ選択して控除することができます。

⑪小規模企業共済等掛金控除

小納税者が小規模企業救済法に規定された掛金の「全額」を控除できる制度です。なお、控除できる掛金は下記の通りです。

  • 中小企業基盤整備機構との共済契約掛金
  • 企業型または個人型の確定拠出年金の掛金
  • 心身障害者扶養共済制度の掛金

確定申告が必要なもの

ここから下の控除については、確定申告が必要となる控除です。
会社員・公務員の方は、年末調整では控除できませんので、控除を受ける場合には必ず確定申告が必要です。

⑫医療費控除

納税者、配偶者、扶養親族の医療費を、最大200万円まで控除することができます。医療費控除の対象金額は下記の通りに算出します。

医療費控除は確定申告が必要です。年末調整では控除できません。
年末時点で未払いの医療費がある場合も、医療費控除の対象です。

医療費控除=医療費-補てん金額(※1)-10万円(※2)

※1 医療保険等で受け取った金額
※2 所得が200万円以下の場合は、所得×5%

医療費控除を受けるためには、支払った際にもらう領収証(レシート)が必要ですので、捨てずにとっておきましょう。

医療費控除の対象になるものとならないもの

医療費控除の対象になるものは原則的には治療に支出した費用です。健康増進や自己都合で支出した費用は対象になりません。

医療費控除の対象となるもの医療費控除の対象とならないもの
・医師または歯科医師による診療費、治療費
・先進医療の技術料
(公的医療保険の適用対象外だが、
医療費控除の対象にはなる)
・美容整形の費用
・人間ドック、健康診断の費用
(ただし診断の結果、重大な疾病がみつかり、
治療を行った場合は控除対象)
・治療または療養に必要な薬代
(風邪薬はOK)
・病気予防、健康増進のための医薬品代、健康食品代
(ビタミン剤、サプリはNG)
・治療のためのマッサージ代、
はり、きゅう師による施術代
・疲れやこりをとるためのマッサージ
・入院費・自己都合の差額ベッド代
・通院や入院のための交通費・通院のための自家用車のガソリン代
・電車やバスで通院できるのに、
タクシーで通院した場合のタクシー代
・診療や療養を受けるための
医療用器具の購入
・近視や乱視のためのメガネ代やコンタクトレンズ代

なお、2017年(平成29年)度からは、「OTC医薬品の医療費控除税制(セルフメディケーション税制)」と称して、12,000円超の薬購入で適用できる新しい医療費控除制度が始まりました。従来の医療費控除制度とどちらか片方を選択して適用します。

関連記事
薬
セルフメディケーション税制とは?通常の医療費控除との違い
 所得税の控除の1つに「医療費控除」があります。これは通常、1年間(1月1日~12月31日)に医療費が10…

⑬雑損控除

災害や盗難などで、納税者、配偶者、扶養親族が保有する資産に損害を受けた場合に所得控除を受けることができます。対象になる損害は下記の通りです。

雑損控除を受けるためには、確定申告が必要です。年末調整では控除できません。

  • 震災、風水害などの自然災害
  • 火災、火薬類の爆発による人的災害
  • 害虫による災害
  • 盗難、横領等による被害

雑損控除の金額は下記のいずれか低い方が適用されます。

  • 実損失額-課税標準額×10%
  • 災害関連支出(後片付け費用)-5万円

なお、損失が生じた年に全額を控除し切れなかった場合は、翌年以降3年間にわたって繰り越すことができます。

⑭寄付金控除

納税者が特定寄付金を支払った場合に所得控除を受けられます。特定寄付金とは国・地方自治体や、一定の公益法人(認定されたNPO法人など)への寄付金のことです。

寄付金控除を受けるためには、確定申告が必要です。年末調整では控除できません。
控除額の算出方法は下記の通りです。

寄付金控除=支出寄付額-2千円

関連記事
田舎
ふるさと納税のメリット、所得税・住民税の控除、手続き方法
 ふるさと納税は、個人負担額2,000円を除いた全額を所得税・住民税から控除できる、大変お得な制度です。 …

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!