生命保険料控除の上限額と計算方法

1.生命保険料控除の上限額

現在、生命保険料控除の対象となる保険料は以下の3種類に分類されています。

  • 一般生命保険料
  • 介護医療保険料
  • 個人年金保険料

また、旧制度・新制度があり、所得税・住民税について、それぞれ、控除できる上限(適用限度額)は次のようになります。

生命保険料控除 上限

※新制度では、住民税の合計の上限は、2.8万円×3=8.4万円ではなく、7万円です。

旧制度・新制度について

生命保険料控除には、契約の時期によって「旧制度」と「新制度」の2種類があります。

  • 旧制度:2011年(平成23年)12月31日までに契約した生命保険
  • 新制度:2012年(平成24年)1月1日以後に契約した生命保険

旧制度と新制度では、控除区分が下記の通り変更となりました。

控除区分 旧制度 新制度
一般生命保険料控除 主に死亡保障・医療保険 主に死亡保障
介護医療保険料控除 医療保険・がん保険・介護保険等
個人年金保険料控除 個人年金保険 個人年金保険

旧制度の一般生命保険料控除のうち、新制度では、医療保険と介護保険が分離されて「介護医療保険料控除」が創設されました。
一方、生命保険の特約のうち、2012年1月1日以降に付加した傷害特約などは対象外となりました。

2.生命保険料控除の計算

所得税

所得税については、年末調整でも確定申告でも、ご自身で計算して申告書に記入します。

旧制度、新制度それぞれの場合、年間の支払保険料に応じて、控除額は次のように計算します。

旧制度の場合

年間の支払保険料等 控除額
~25,000円 支払保険料等の全額
25,001円~50,000円 (支払保険料等×1/2)+12,500円
50,001円~100,000円 (支払保険料等×1/4)+25,000円
100,001円~ 一律50,000円

新制度の場合

年間の支払保険料等 控除額
~20,000円 支払保険料等の全額
20,001円~40,000円 (支払保険料等×1/2)+10,000円
40,001円~80,000円 (支払保険料等×1/4)+20,000円
80,001円~ 一律40,000円

住民税

住民税については、年末調整または確定申告を完了すると、税務署からその情報が市区町村に送られ、市区町村が計算します。通常の場合は、ご自身での計算は不要です。

旧制度、新制度それぞれの場合、年間の支払保険料に応じて、控除額は次のように計算します。

旧制度の場合

年間の支払保険料等 控除額
~15,000円 支払保険料等
15,001円~40,000円 (支払保険料等×1/2)+7,500円
40,001円~70,000円 (支払保険料等×1/4)+17,500円
70,001円~ 一律35,000円

新制度の場合

年間の支払保険料等 控除額
~12,000円 支払保険料等の全額
12,001円~32,000円 (支払保険料等×1/2)+6,000円
32,001円~56,000円 (支払保険料等×1/4)+14,000円
56,001円~ 一律28,000円

3.生命保険料控除(所得税)の計算の具体例

ここでは、所得税の生命保険料控除の計算を、いくつかの具体例で行ってみます。

新制度のみの場合

ケース1
一般生命保険料(新制度):40,000円
個人年金保険料(新制度):100,000円  

一般生命保険料控除:40,000円×1/2+10,000円=30,000円
個人年金保険料控除:40,000円(上限)
合計:30,000円+40,000円=70,000円

旧制度のみの場合

ケース2
一般生命保険料(旧制度):50,000円
個人年金保険料(旧制度):120,000円  

一般生命保険料控除:50,000円×1/2+12,500円=37,500円
個人年金保険料控除:50,000円(上限)
合計:37,500円+50,000円=87,500円

新制度と旧制度が混在している場合(新旧混在のケース)

ケース3
一般生命保険料(新制度):60,000円
一般生命保険料(旧制度):80,000円
介護医療保険料(新制度):70,000円
個人年金保険料(新制度):100,000円  

一般生命保険料控除について、
新制度のみ:60,000円×1/4+20,000円=35,000円…①
旧制度のみ:80,000円×1/4+25,000円=45,000円…②
新旧を合計すると、35,000円+45,000円=80,000円→40,000円(上限)…③
②と③を比較すると、②のほうが大きいので、こちらを適用して、45,000円

介護医療保険料控除:70,000円×1/4+20,000円=37,500円
個人年金保険料控除:40,000円(上限)
合計:45,000円+37,500円+40,000円=122,500円→120,000円(上限)

執筆
エファタ㈱ 服部 貞昭
CFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
ベンチャーIT企業のCTOおよび会計・経理を担当。
自ら経理処理を行う中で疑問に思ったこと・気づいたことを記事にして発信中。
税金やお金に関することが大好きで、それらの記事を1000本以上、執筆・監修。
IT技術を駆使して、役立つ便利なツールも開発中。
この執筆者の記事一覧
96記事あります
\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket