年収偏差値計算ツール

年収と年齢から、偏差値を計算するツールです。


[グラフの見方]
赤い星マークは入力された年収が属する位置です。
赤い縦線は平均年収の位置です。

利用方法

年収を「万円」単位で、年齢を入力します。

性別、学歴、業種、会社の規模を必要に応じて選択します。選択しない場合は、総合したデータが表示されます。

データの見方

偏差値を計算することで、あなたの年収が、全体の中でどの位置にいるかを知ることができます。

偏差値50の場合が平均です。偏差値60の場合は上位15.9%、偏差値70の場合は上位2.3%に入っていることを示しています。

年収偏差値の計算について

データソース

厚生労働省の「令和2年 賃金構造基本統計調査」を利用しています。

以下のようなデータを取得可能です。

用語解説

[きまって支給する現金給与額]
6月分として支給された現金給与額(月収)をいう。手取り額でなく、所得税、社会保険料などを控除する前の額である。
現金給与額には、基本給、職務手当、精皆勤手当、通勤手当、家族手当などが含まれるほか、超過労働給与額も含まれる

[所定内給与額]
きまって支給する現金給与額のうち、超過労働給与額(時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日出勤手当、宿日直手当、交代手当)を差し引いた額をいう。

[年間賞与その他特別給与額]
昨年1年間(原則として調査前年の1月から12月までの1年間)における賞与、期末手当等特別給与額(いわゆるボーナス)をいう。

【参照】厚生労働省:賃金構造基本統計調査

計算方法

まず、所定内給与額のデータを取得します。

通勤手当が含まれているため、平均的な通勤手当を11,700円(令和2年就労条件総合調査)と仮定して、一律で差し引きます。

きまって支給する現金給与額、所定内給与額、年間賞与その他特別給与額がセットになったデータを取得し、月収を年収に変換します。

その後、平均、標準偏差を計算し、入力された年収の偏差値を求めています。

学歴について、一部、データ数が非常に少ないものがあるため、「高校」「専門・短大」「大学・大学院」というようにまとめています。
「専門・短大」「大学・大学院」のように複数のグループにまたがる場合は、それぞれのグループごとに月収を年収に換算したあとに、合算して統計処理をしています。

偏差値は小数点第二位を四捨五入した値を表示しています。
順位は、年収をグループに分けた上で同一順位が存在する場合、最も高い順位を表示しています。

グラフの年収・平均年収・標準偏差は千の位以下を切り捨てた値を表示しています。

グラフの年収あたりの人数は、ある範囲に属する人数を、その範囲の中央値に属するものとして表示しています。
また、グラフの年収あたりの最高額に属する人数は、その範囲の最低値に属するものとして表示・計算しています。

利用上の注意点

本ツールは、e-StatのAPIを利用して計算しています。データ数が多い場合には、表示に時間がかかることもあります。

本ツールを利用して、不利益や損害等が発生したとしても、当社は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
ご自身の給与についての質問は、所属の勤務先にお問い合わせください。

関連ツール