確定申告のやり方まとめ

確定申告 やり方 まとめ

昔は確定申告書に手書きして税務署にもっていくしかなかった確定申告。けれど現在はスマホで自宅にいながら申告を行うなど、様々な方法が可能になっています。

今回は確定申告の方法をまとめてご紹介していきます。ご自分に合った方法を見つけるのに役立ててもらえればと思います。

1.確定申告の手順

確定申告を行なう手順には以下の3つのステップがあり、基本的に2月16日から3月15日までにすべて完了させる必要があります。

  1. 申告書の作成
  2. 申告書の提出
  3. 納税(必要な場合)

各手順にはそれぞれいくつかの方法がありますので、早速確認していきましょう。

2.確定申告書の作成方法5つ

申告書を作成する方法としては以下の5つがあります。

なお、いずれの方法を選ぶ場合も作成を始める際は以下のものを用意しましょう。

  • 収入が分かるもの(源泉徴収票・支払調書など)
  • マイナンバーが分かるもの
  • 各種控除の証明書
  • 還付金の振り込み口座番号

源泉徴収票・支払調書

確定申告書には前年の収入を記載する必要があります。給料をもらっている人は勤務先から渡される源泉徴収票に、個人事業主の方などは支払調書に記載された「支払い金額」を確定申告書に転記します。

マイナンバーが分かるもの

確定申告書には納税者のマイナンバーを記入する必要があります。配偶者(特別)控除を受ける方などは配偶者のマイナンバーも必要です。

各種控除の証明書

保険料控除などを利用する方は、確定申告書に前年に支払った保険料やそれをもとに計算した控除額などを記載する必要があるため手元に控除の証明書を用意しておきましょう。

還付金の振り込み口座番号

控除などを利用して税金が還付(返金)になる場合、振込先の口座番号を記入する必要があります。

(1)税務署や国税庁HPで用紙を入手して手書きする

確定申告を手書きで行う場合、以下のいずれかの方法で確定申告書を用意して必要事項を記入していきます。

  • 税務署に行って手書き用の確定申告書類を用意する
  • 国税庁のホームページで様式をダウンロード・印刷する

確定申告を手書きで行いたい場合、こちらの記事にて書き方を紹介しているので、ぜひご参照ください。

関連記事
確定申告書
【令和2年分】確定申告書の書き方(記入例つき)
最新の令和2年分の確定申告書の書き方について、画像付きで具体的に解説します。 1.確定申告書の種類 確定申告書には、…[続きを読む]

(2)「確定申告書等作成コーナー」で必要事項を入力して作成する(PC/スマホ)

「確定申告書等作成コーナー」とは国税庁が提供しているオンラインツールで、アンケートに答えるように、指示された項目を順番に入力していくだけで申告書類が作成できます。

作成した申告書は印刷して提出する他、e-Taxを利用すればオンラインでも提出可能です。

確定申告書作成コーナーを使うメリット

  • 事前に申告書を用意する必要がない
  • 税金の計算が不要
  • スマホで簡単に申告書を作成できる
  • オンラインで提出できる(e-Tax)

確定申告書を手書きする場合、収入などをもとに自分で税金の計算をする必要がありますが、確定申告書作成コーナーを利用すれば計算は自動で行ってくれるので計算をミスしてしまうリスクがありません。詳しい使い方は下記の記事で解説していますので併せてご覧ください。

関連記事
確定申告書等作成コーナー
確定申告書等作成コーナーとは?概要と使い方を解説
何かと面倒なのが確定申告ですよね。しかし、確定申告書等作成コーナーを利用すれば確定申告書等をPCやスマホで作成するこ…[続きを読む]

また、確定申告書作成コーナーは2019年1月からスマホ・タブレットでも利用できるようになりました。

関連記事
スマホ 確定申告
2021年確定申告はスマホを活用しよう!やり方と注意点を徹底解説
毎年行う確定申告がスマホで出来ることを知っていましたか?今までは、限られた人しか利用することができなかったスマホでの…[続きを読む]

(3)確定申告ソフトを使って確定申告書を作成する

市販の「確定申告ソフト」を利用する方法もあります。確定申告だけでなく日々の会計業務も行えるタイプのソフトもあるので大変便利です。

作成した申告書は基本的に印刷して提出しますが、「Freee」であればオンラインでの提出(e-Tax)も可能です。

確定申告ソフトを使うメリット

確定申告を確定申告で行うメリットとしては、大きく分けて二つあります。

  • 簡単に確定申告を行うことができる
  • サポートが充実している点

先述のFreeeなどは質問に答えていくだけで確定申告書を作成できます。また、プランにもよりますが、確定申告ソフトはチャットや電話、画面共有などのサポートが充実していますので初心者でもつまづきにくいでしょう。

確定申告ソフトにはFreee以外にも弥生など様々な種類がありますので、選び方に迷う方は下記の記事をぜひご参照ください。

関連記事
確定申告ソフト おすすめ
確定申告するならこれ!おすすめのクラウド確定申告ソフトを徹底比較
この時期になると、今までの書類をまとめて調べながら入力してと慣れない作業で一苦労な「確定申告」。しかし、クラウド型確…[続きを読む]

確定申告ソフトを使うデメリット

  • 料金が発生する

確定申告ソフトを利用する場合、パッケージ型の確定申告ソフトであれば購入時に10000円から20000円程度、クラウド型の確定申告ソフトであれば、月額で1000円から3000円程度が必要になります。

ですが、確定申告ソフトの中でも大手の「弥生」では確定申告ソフトを1年間無料でお試し利用することができますので特に個人事業主の方や安定した副業収入がある方などは一度試してみるのもおすすめです。

まずは1年間無料でお試し! ]

無料でも全ての機能を利用可能、確定申告書を作成できます。

無料でも全ての機能を利用可能、確定申告書を作成できます。

「確定申告ソフトは難しそう、、、」となかなか試せないでいる方も多いはず。 弥生では、はじめてでも安心してご利用いただけるように、 はじめの1年間は無料でご利用いただけるキャンペーンを実施しています。 1年間、操作に慣れてゆっくりと今後のご利用をご検討ください。  
詳しく見る

確定申告にお金をかけたくない場合や、毎年確定申告をするわけではない場合などはまずは先ほど紹介した確定申告作成コーナーなどを試してもいいでしょう。

なお、確定申告ソフトについては下記の記事でもう少し詳しく解説していますので、使うべきか迷う方は是非ご覧ください。

関連記事
確定申告 ソフト 必要?
確定申告ソフトのメリット!手書きとe-Taxを含めて徹底比較
本格的に始まる確定申告。慣れていない方にとっては、どの方法で行うのが楽なのかわかりませんよね。そこで今回は、手書き、…[続きを読む]

(4)税務署で職員に相談しながら作成する

上記いずれの方法でも難しいという場合は必要な書類をもって税務署に行き、職員の方に相談しながら作成する方法もあります。

なお税務署は基本的に平日のみの開庁(確定申告時期は特別日程を敷いている税務署もあります)な点には気を付けましょう。また、必要な書類や印鑑などは忘れずに持参しましょう。

(5)税理士に作成してもらう

確定申告は税理士に代行してもらうことが可能です。当然費用は掛かりますが、本業に専念したい事業者の方などは検討の余地があるでしょう。

関連記事
税理士
確定申告を税理士に依頼するメリット・デメリット
慣れない確定申告を前にすると、お金を払ってでも誰かにやってもらいたいと思ってしまいますよね。そこで今回は、確定申告を…[続きを読む]

なお、税理士以外に確定申告書を作成してもらうのは法律違反なので気を付けましょう。

関連記事
確定申告書の提出
確定申告は代理でOK?|妻・子供・親に頼んでいい事/いけない事
確定申告の期間は約1か月。税務署は込み合いますしお勤めのある方は平日に税務署に行くのが難しい方もいるでしょう。 今回…[続きを読む]

3.確定申告書の提出方法3つ

作成した申告書を提出する方法は以下の三つです。

なお、税務署に提出しに行く場合、あるいは郵送の場合、確定申告書の提出の際は以下の書類を添付する必要があります。

また、どこの税務署に提出すればいいかわからない方は下記の記事を参照してください。

関連記事
税務署
確定申告はどこでする? 引っ越した場合はどうなる?
毎年確定申告をしている方なら慣れているかもしれませんが、初めての確定申告では何かと疑問が尽きないですよね。今回は以下…[続きを読む]

(1)税務署に提出しに行く

作成した確定申告書と添付書類をもって税務署の窓口に持参します。初めて確定申告をされる方は窓口に持参し、書類を確認してもらうとよいでしょう。

ただし、税務署の開庁時間は平日のため、確定申告の期間中に税務署に行ける時間をあらかじめ作る必要があります。

確定申告に慣れている方であれば、税務署に置いてある申告書の提出ボックス(時間外収受箱)に投函することも可能です。

(2)税務署に郵送する

税務署の開庁時間に確定申告をしに行くことが難しい場合は確定申告書を郵送することも可能です。

申告書は「簡易書留」「信書便物」によって提出し、「消印」の日付が提出日とみなされます。

関連記事
確定申告 郵送
確定申告を郵送で行う方法
忙しくて確定申告書を税務署まで行くのが面倒。でもe-Taxを利用して提出するのも準備や機器の購入が面倒でやる気が出な…[続きを読む]

(3)オンラインで提出する(「e-Taxで電子申告」を利用)

e-Taxとは、インターネットを使って申告データを電子送信できる国税庁のシステムのことで、先述の確定申告作成コーナーあるいは一部の確定申告ソフトで作成した申告書のデータをオンラインで提出できます。

e-Taxで確定申告を行うメリット

  • 確定申告が自宅で完結する(税務署に出向く必要がない)
  • 添付書類の郵送が不要(一定期間の保管は必要)
  • 青色申告の特別控除を引き続き65万で利用できる

e-Taxを利用すると申告書の作成から提出までオンラインで完結します。また、窓口提出や郵送と違い添付書類の提出が不要となります。

また、青色申告をする場合、2019年までは65万円の特別控除額がありましたが、2020年分から55万円に減額されています。しかし、e-Taxを利用して申告した場合は引き続き青色申告の特別控除額が65万円のまま減額されません。

e-Taxで確定申告を行うデメリット

e-Taxにて電子申告することのデメリットは、準備に手間やコストがかかることです。税務署に行かずに確定申告を完了させるには最低でも下記が必要です。

  • パソコンを利用する場合……マイナンバーカードに対応しているカードリーダー
  • スマホを利用する場合……マイナンバーカードの読み取りに対応しているスマホ

上記が用意できない場合、「ID・パスワード方式」を利用できますが、この場合一度税務署に行ってID・パスワードを発行してもらう必要があります。

関連記事
ID・パスワード方式
e-TaxのID・パスワードを取得するには、どうすればよい?
平成31年から、e-Taxで「ID・パスワード方式」が新たに導入され、マイナンバーカードとICカードリーダライタを持…[続きを読む]

e-Taxの利用方法

4.確定申告後の納税方法5つ

確定申告で還付を受ける方は申告書に記入した口座に還付金が振り込まれるのを待つ形になりますが、確定申告で税金の支払いが生じた方は期限までに納税をする必要があります。

納税方法には以下の方法がありますが、詳しくは下記の記事をご確認ください。

  • 現金による納付
  • 口座振替による納付
  • e-Taxによる納付(ダイレクト納税・インターネットバンキング納税)
  • クレジットカード納付
  • QRコードによるコンビニ納付
関連記事
税金と硬貨
確定申告後の納税方法|修正や遅れた方は期限が異なります!
確定申告の方法については理解しているものの、その後の納税方法までは知らないという方もいるのではないでしょうか。 そこ…[続きを読む]

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したように、現在確定申告は様々な申告方法で行えるようになっています。税金の支払いが発生する方はもちろん、還付を受けられる方も、ご自分に合った方法を選んで期限内に申告を行うようにしましょう。

\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket