e-Taxを利用して確定申告をしよう!

確定申告の際に手間になるのが、申告書の作成です。

手書きの申告書は金額の写し間違いや計算ミスなどもあり、毎年手間取る方も多いでしょう。そこでおすすめしたいのがe-Taxです。

パソコンやスマートフォン、インターネットの環境が必要ですが、e-Taxを利用すればインターネット上で確定申告書の作成や電子送信ができます。

そこで、今回はe-Taxによる確定申告のやり方について解説していきます。

1.e-Taxとは

e-Taxとはインターネットを使って申告データを電子送信できる国税庁のシステムのことです。

e-Taxにはマイナンバーカードを利用する方法、ID・パスワードを利用する方法、市販の確定申告ソフトと連携させる方法の三種類があります。

それぞれ事前の準備や専用の端末が必要なため、人によってはハードルが高く見えてしまうかもしれませんが、e-Taxは一度慣れてしまえば簡単で非常に便利です。

e-Taxについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事
確定申告書作成コーナー
e-Taxの事前準備と必要なもの
1.パソコンを利用して電子申告 税金の申告といえば税務署に行ってたくさんの書類に記入して提出する、というイメージを持…[続きを読む]

2.e-Taxを利用して確定申告を行うメリット

e-Taxを利用するメリットは色々ありますが、主に以下のようなメリットがあります。

2-1.いつでもどこでも確定申告できる

e-Taxを利用することにより、パソコン・スマホとインターネット環境があればどこでも確定申告が出来る様になりました。

今までは税務署に行き、長い混雑に耐え、様々な書類を持参する必要がありましたが、e-Taxを利用すればいつでもできるようになっています。

確定申告の時期のシステム利用可能時間は基本的に土日祝を含めた24時間です。

それ以外の通常期は月曜から金曜までの24時間(休日・祝日の翌日は午前8時30分〜)利用できます。

毎月の最終土曜日及び翌日の日曜日(12月を除きます。)は午前8時30分〜24時まで利用できます。
メンテナンス期間中は利用できません。

詳しくは国税庁ホームページをご参照下さい

2-2.手続きの簡略化

手書きの申告書を提出する場合に比べて手続きが簡略化できます。

確定申告を手書きで行う場合、提出の際に添付書類を用意する必要がありましたが、e-Taxを利用する場合は添付書類の提出が不要となります。

また全ての人ではありませんが、スマホからも利用することができ、専用の入力画面で指示に従って入力を進めていけば確定申告が完了します。

そのため従来より手続きが簡略化したと言えるでしょう。

なお、スマートフォンを利用して確定申告を行いたい方は、こちらの記事をご参考ください。

関連記事
スマホ 確定申告
2020年確定申告はスマホを活用しよう!やり方と注意点を徹底解説
毎年行う確定申告がスマホで出来ることを知っていましたか?今までは、限られた人しか利用することができなかったスマホでの…[続きを読む]

2-3.2020年分からもe-Taxで青色申告すると65万円控除される

2020年分から所得税の税制が一部変わります。

個人事業主や不動産所得のある方が一定の水準で記帳を行い、その記帳に基づいて正しい申告をされる方には、「青色申告」という制度があります。

この青色申告をする場合には去年までは65万円の特別控除額がありましたが、2020年分から55万円に減額されます。

しかし、e-Taxを利用して申告した場合は引き続き青色申告の特別控除額が65万円のまま減額されないというものです。e-Taxを利用しない場合は控除額が減額される場合もあります。

国税庁ホームページ|青色申告特別控除額  基礎控除額が変わります!!【PDF】

2-4.通常より早く確定申告を行うことができる

所得税の確定申告が出来る期間は決められています。

2020年は2月17日から3月16日までとなっています。

国税庁はは新型コロナウイルスの影響を受け、2020年の確定申告(2019年度分)は4月16日を過ぎても申し出があった場合は延長を認めると発表いたしました。なお、申告書の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」などと記入すればよいとのことです。
参考:【国税庁】確定申告期限の柔軟な取扱いについてPDF

e-Taxを利用すれば、1月6日から所得税の確定申告の手続きができ、通常より早く確定申告を行うことができます。

ただし、通常の確定申告の場合は、2月17日までの受付分は2月17日の受付として処理されます。還付申告の場合は、年明けより受け付けていますので送信後順次処理されます。

国税庁ホームページ|e-Taxの利用可能時間カレンダー

3.e-Taxで確定申告を行う流れ

この章ではe-Taxを利用して確定申告を行う方法について解説していきます。

なお「マインバー方式」「ID・パスワード方式」においての確定申告書の作成手順についてはこちらの記事にて解説しているので、作成までの流れがわかった方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事
確定申告書等作成コーナー
確定申告書等作成コーナーとは?概要と使い方を解説
何かと面倒なのが確定申告ですよね。しかし、確定申告書等作成コーナーを利用すれば確定申告書等をPCやスマホで作成するこ…[続きを読む]

3-1.マイナンバー方式での確定申告

ここではマイナンバー方式を利用して確定申告を行う流れについて解説していきます。

マイナンバー方式を利用する前の準備に関してはこちらをご覧ください。

国税庁|確定申告特集

申告方法の選択

ここからは具体的な申告方法の手順を画像を利用しながら解説していきます。
まずは申告方法の画面で「e-Taxで提出 マイナンバーカード方式」を選択します。

次に事前のセットアップ画面に遷移します。
初めてマイナンバー方式を利用する方はセットアップが必要となりますので、指示に従いながら準備を進めて行きましょう。

セットアップが完了すると以下のような画面が出てくるので、「初めてe-Taxを利用される方はこちら」を選択して自分のマイナンバーカード情報を確認していきます。

こちらが確認ページです。

e-Taxを利用するための準備

以下では実際に利用するために必要な情報を入力していきます。

こちらが先ほど入力した情報の確認画面です。もし間違えてしまっている場合は訂正を行いましょう。


最後に16桁の「利用者識別番号」が表示されます。

確定申告書の作成

これで「マイナンバー方式」でe-Taxを利用するための準備は完了です。
ここから実際に確定申告書を作成していきましょう。

なお、「確定申告書等作成コーナー」の利用手順についてはこちらをご覧ください。

3-2.ID・パスワード方式での確定申告

ID・パスワード方式にてe-Taxを利用する場合は、まず「ID・パスワード」を入手する必要があります。

入手方法については以下の記事が参考になるかと思いますのでご覧ください。

関連記事
ID・パスワード方式
e-TaxのID・パスワードを取得するには、どうすればよい?
平成31年から、e-Taxで「ID・パスワード方式」が新たに導入され、マイナンバーカードとICカードリーダライタを持…[続きを読む]

取得後の手順は以下の通りです。

先ほどの画面にて今回は「e-Taxで提出 ID・パスワード方式」を選択します。

次に利用確認への同意後以下の画面にて「利用者識別番号」と「暗証番号」を入力します。

その後、「確定申告書等作成コーナー」を利用して申告書の作成を進めていきます。

3-3.市販の確定申告ソフトを利用する方法

ここではクラウド型会計ソフト「freee」を利用して確定申告を行なっていく流れについて解説していきます。

基本情報の入力

まずは住所や氏名等を入力していきます。
また、確定申告を行なう方法についても選択していきます。
今回は「freeeで確定申告」を選択していきます。

申告書の作成

次に実際に申告書を作成していきます。
freeeでは質問に答えていくだけで申告書を作成できるので、経理の経験がない方でも簡単に申告書の作成ができます。

確認

ここでは自分が作成した申告書に誤りがないか確認していきます。

提出

最後に申告書の提出作業を行っていきます。
提出の準備として様々なものがありますが、各種リンクが挿入されているので、それらを参考にしながら提出作業を進めていきましょう。

以上で確定申告が完了です。
お疲れさまでした!

4.まとめ

e-Taxを利用した確定申告のメリットと流れについて解説しました。

e-Taxを利用した確定申告にはいくつかの方法があり、それぞれメリットや必要な手続きなどが異なります。

ただし、最初はとっつきにくくても確定申告の手続きが簡単になることや青色申告であれば特別控除額が優遇されるなどメリットは様々です。

まだe-Taxを利用したことがない方はぜひこの記事を参考にトライしてみてください。

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!