確定申告書等作成コーナーとは?概要と使い方を解説

確定申告書等作成コーナー

画像引用元|国税庁 確定申告書等作成コーナー

確定申告で手間がかかるのは、なんといっても申告書の作成です。そのような時に活用したいのが国税庁のホームページにある確定申告書等作成コーナーです。

このコーナーを活用するとスムーズに書類の作成ができます。
ただしこれまで手書きで書類を作成していた方など、どのように使ったらよいかわからないという方も多いと思います。

そこで今回は、確定申告書等作成コーナーの使い方をご案内します。

国税庁はは新型コロナウイルスの影響を受け、2020年の確定申告(2019年度分)は4月16日を過ぎても申し出があった場合は延長を認めると発表いたしました。なお、申告書の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」などと記入すればよいとのことです。
参考:【国税庁】確定申告期限の柔軟な取扱いについてPDF

1.確定申告書等作成コーナーとは

確定申告書等作成コーナーとは、インターネットで簡単に確定申告に必要な書類の作成ができるサービスです。

よくe-Taxと混同される方が多いですが、e-Taxとは、インターネットを使って申告データを電子送信できるシステムのことです。

e-Taxについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事
確定申告書作成コーナー
e-Taxの事前準備と必要なもの
1.パソコンを利用して電子申告 税金の申告といえば税務署に行ってたくさんの書類に記入して提出する、というイメージを持…[続きを読む]

一方、確定申告書等作成コーナーは確定申告書を作成するサービスです。

作成した申告データをe-taxを使ってそのまま送信することも出来ますし、プリンタで作成した申告書を印刷することが出来ます。
印刷した申告書は従来と同じように税務署に郵送するか、持参して提出することが出来ます。

ちなみに、確定申告書以外にも法人向けの「決算書・収支内訳書」「消費税確定申告書」「贈与税確定申告書」「振替納税の口座振替依頼書」が作成できます。

また、これまでは確定申告書等作成コーナーはパソコンからしか利用できませんでしたが、2019年1月からスマホやタブレットでも利用できるようになりさらに便利になりました。

スマホで確定申告をしたいと考えている方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事
スマホ 確定申告
2020年確定申告はスマホを活用しよう!やり方と注意点を徹底解説
毎年行う確定申告がスマホで出来ることを知っていましたか?今までは、限られた人しか利用することができなかったスマホでの…[続きを読む]

2.確定申告書等作成コーナーを利用するメリット

確定申告書等作成コーナーを使うとどのようなメリットがあるのでしょうか。以下、順に見ていきます。

2-1.画面に表示された項目を入力していくだけで書類が完成する

確定申告書等作成コーナーを使うメリットは、なんといっても書類の作りやすさです。

アンケートに答えるような形で画面に表示された項目を入力していくだけで申告書類が作成できます。

2-2.計算する必要がないので間違えにくい

入力の際は、源泉徴収票などから収入や控除の額などを入力していきます。

金額に誤りがある場合はシステム上で計算して指摘してくれますので、金額の間違いなどはほぼ発生しません。

2-3.途中で保存したり再開することができる

作成データは、途中であっても保存しておくことが出来ます。

いつでも作成を再開できますので、自身のペースでゆっくりと作成を進められます。

2-4.過去のデータを利用&参照できる

確定申告書等作成コーナーを使って申告したデータは、そのまま保存しておくことが出来ます。

前年に作成コーナーを使って申告していれば、過去のデータを参照してスムーズに申告データの作成を進められます。

3.確定申告書等作成コーナーの使い方|準備編

ここからは確定申告書等作成コーナーの使い方をご案内していきます。

準備するもの

まず確定申告に必要な書類を準備します。
所得や各種控除額を計算する際に使用する書類はe-taxを利用する場合も書面提出をする場合も同様です。
主な必要な書類は以下の通りです。

e-Taxによる電子送信をする場合はID・パスワードやマイナンバーカード・カードリーダーが必要になります。
書面提出のみであれば不要です。

4.確定申告書等作成コーナーの使い方|作成編

確定申告書等作成コーナーの利用手順は以下の通りです。

国税庁のホームページから確定申告書等作成コーナーをクリックします。

入力前の準備

次に自身が利用する予定の申告方法を選択します。

今回は印刷して提出を選択します。

問題がなければ「利用規約に同意して次へ」をクリックします。

作成

ここでは確定申告書等作成コーナーにてどの書類を作成・申告するのか選択します。また申告する年度も選択できます。
今回は令和元年分の所得税を選択します。

この画面ではどんな所得・控除があるのかを選択します。

今回は幅広く対応するために赤色の「左記以外の所得のある方」を選択します。

必要事項の入力

生年月日、および申告に必要な数値を入力していきます。

ここでは自分が該当する収入を全て入力していきます。

「入力する」をタップすれば入力画面に遷移します。

次に控除を入力していきます。

こちらも「入力する」をタップすると入力画面に遷移します。


確認

自身が入力した数値に基づいて今回の納付税額が表示されます。

もし修正項目があればこの画面で修正しましょう。

こちらは該当する方は入力しましょう。

納税方法・個人情報の入力

次に納税方法や自身の詳細情報について入力していきます。

ここではマイナンバーを入力していきます。番号通知カードでも確認が可能なので入力しましょう。

印刷

こちらでは印刷する書類を選択します。

どの様な方法で確定申告を行うのか、どの書類が必要なのかを確認して印刷を進めましょう。

来年の申告の参考にするためにも、入力データはぜひとも保存しておきましょう。

これで一連の作業は完了です。
お疲れさまでした。

5.まとめ

今回は確定申告書等作成コーナーについて解説しました。

確定申告書等作成コーナーを使うと手書きによる方法より記入漏れや金額の写し間違いなどもチェックして教えてくれるため、非常に便利です。

また、e-Taxを使えば作成した書類をそのまま電子送信することもできます。
まだ使ったことのない方は、こちらの記事を参考に確定申告書等作成コーナーを利用してみましょう。

\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket