マイナポイントを家族全員分もらうには? 代理の申請は可能?

家族

キャッシュレスでお買い物をすると25%のポイントが還元されるマイナポイント。マイナンバーカードを持っている人なら赤ちゃんからお年寄りまで誰でも申し込むことができます。

今回の記事では「マイナポイントは家族のスマホで申し込めるの?」「家族名義のキャッシュレス決済サービスを使っていいの?」というような、家族全員のマイナポイントをきちんともらうための疑問を解決していきます。

この記事はこんな方におすすめです!
  • ご家族に高齢者の方・キャッシュレス決済に不慣れな方がいる方
  • 小さなお子さん、赤ちゃんがいる方
  • 家族全員分のマイナポイントをきっちり申し込んでおきたい方

1. マイナポイントは家族のスマホで申し込める? 代理で申請してもいい?

マイナポイントの申し込みには、スマホで申し込む方法、PCで申し込む方法、役所やコンビニなどの「マイナポイント手続スポット」で申し込む方法があります。

お手軽なのはスマホで申請する方法ですが、下記のような方もいるでしょう。

  • ガラケーしか持っていない
  • マイナポイントアプリに対応したスマホを持っていない
  • スマホに不慣れで申し込みができない

そうした場合は市役所・コンビニなどの「マイナポイント手続スポット」で申し込む方法もありますが、家族のスマホで申請したり、高齢な親御さんの分のマイナポイント申請をお子さんが自身のスマホで代理で行っても問題ないようです。

関連記事
マイナポイント予約方法
意外に簡単!スマホでのマイナポイントの予約・申込方法
2020年9月からのマイナポイントでポイント還元を受けるためには、事前にマイナポイントの予約が必要です。 マイナンバ…[続きを読む]

関連記事
マイナポイントはコンビニでも申し込める!|ガラケー・高齢者向け申請方法まとめ
9/1から始まったマイナポイント事業。キャッシュレスで買い物をした金額の25%が還元されるのはとってもお得ですが、ポ…[続きを読む]

2. マイナ ポイントは家族名義のキャッシュレス決済サービスでも申し込める?

家族全員マイナポイントを申し込むうえで、家族名義のキャッシュレス決済サービスでマイナポイントを申し込めるかどうかは大きな問題ですね。結論としては以下の通りです。

  • 未成年の子供のマイナポイントは親名義のキャッシュレス決済サービスで申し込み可能
  • それ以外の場合、マイナポイントは家族名義のキャッシュレスサービスでは申し込めな

マイナポイントは原則として「本人名義のキャッシュレス決済サービス」にしか登録することができません。唯一例外になるのは未成年の子供の分のマイナポイントで、それ以外の例外は認められていません。

例えばキャッシュレス決済サービスに不慣れで現金しか使わないような高齢のご家族がいたとしても、家族名義のキャッシュレス決済サービスでマイナポイントを申し込むことはできません。

3. マイナポイントはクレジットカードの家族カードでも申し込める?

未成年の子供を除いて、家族名義のキャッシュレス決済サービスではマイナポイントを申し込めないことをお伝えしました。それでは、「クレジットカードの家族カード」はどうでしょうか?

マイナポイントはクレジットカードの家族カードでも申し込めるのか、結論としては以下の通りです。

  • カード会社ごとの規約による
  • 家族カードではマイナポイントに登録できないカード会社の方が多い

 マイナポイントに申し込める家族カード|イオンカード、au PAYカード

イオンカード、au PAYカードの家族カードはマイナポイントの申し込みに利用可能です。家計の管理がしやすい点でメリットが大きいですね。

イオンカード、au PAYカードはいずれもマイナポイントの上乗せキャンペーンを行っているクレジットカードでもあり、イオンカードでは最大7000円分のWAONが還元、au PAYカードでは最大6000円分のau PAY残高が還元されます。

関連記事
クレジットカード イオン
マイナポイントをイオンカードで申し込むには|7000円還元の申請方法
電子マネー、QRコード、クレジットカードなどの「キャッシュレス決済」を利用することでポイントが還元受けられる「マイナ…[続きを読む]

関連記事
aupay アクセプタンスマーク
マイナポイントをau PAY、au PAYカードで申し込むには?
1.マイナポイントの基礎知識 マイナポイントとは、マイナンバーカードを持っている人がキャッシュレスで決済・チャージし…[続きを読む]

【イオン系列店舗で2倍お得!】
イオンカード
入会キャンペーンあり ]
イオン系の店舗(イオン、マックスバリュ等)で通常の2倍のポイントを獲得!毎月20日と30日はショッピングの代金が5%オフ!
詳細はこちらから

マイナポイントに申し込めない家族カード|楽天カード、三井住友カード他

先ほどお伝えした通り、マイナポイント事業に参画しているクレジットカードの大多数は「家族カードでのマイナポイント申し込みは不可」としています。

マイナポイントに申し込めない家族カード
  • 三井住友カード
  • 楽天カード
  • TOKYU CARD
  • オリコカード
  • りそなカード
  • 横浜バンクカード
  • 三重銀カード
  • 青森銀行VISAカード<aomo>
  • いわぎんVISAカード
  • 九州カード
  • 東邦VISAカード
  • OnlyOneVISAカード
  • 〈荘銀〉ブライトワン
  • 北都ブライトワンカード
  • あきぎんVISAカード
  • 東邦Alwaysカード<VISA>

楽天カードの場合は家族カードでの申し込みはできませんが、家族カード利用分を本会員のマイナポイント還元の対象に含めています。

4.マイナポイントは家族まとめて申し込める?

家族全員分のマイナポイント申請をまとめて一度にできる?

マイナポイントは一回の申請につき一人分を申請するしくみです。家族全員分のマイナポイントをまとめて一度の申請で申し込むことはできません。

 家族の全員分のポイントを合算できる?

家計のメインクレカなどの1つのキャッシュレス決済サービスに、家族全員分のポイントを紐づけられたら便利ですよね。ですがマイナポイントは1つのキャッシュレス決済サービスに複数人のマイナポイントを紐づけることはできません。

先ほど未成年の場合は親のキャッシュレス決済サービスで申し込めることをご説明しましたが、その場合でも親子で同一のキャッシュレス決済サービスに申し込むことはできません。

例えば、子供が未成年の母子の例でみると、

  • 母:自分の楽天カードで申し込む
  • 子:母のnanacoで申し込む

という事は可能ですが、

  • 母:自分の楽天カードで申し込む
  • 子:母の楽天カードで申し込む

という事はできません。母がすでに自分の楽天カードでマイナポイントを申し込んでいるならば、子供は別のキャッシュレス決済サービスで申し込む必要があるのです。

5. 家族のマイナポイントの申し込み方法|子供の分・赤ちゃんの分

ここまでのおさらいを含みますが、この項目では「子供のマイナポイント申請」についてまとめます。子供のマイナポイント申請では以下の3つのポイントが大切です

  • マイナポイントの申し込みに年齢制限はない(0歳から申請できる)
  • 15歳未満の子供のマイナポイント申請は法定代理人(親)が行う
  • 未成年の子供のマイナポイントは親の名義のキャッシュレス決済サービスで申し込める

 赤ちゃん・子供のマイナポイントは親が申請する

マイナンバーカードの作成さえ済んでいれば、マイナポイントは0歳の赤ちゃんの分も申請できます。

赤ちゃんを含む15歳未満のお子さんのマイナポイント申請は法定代理人(親)が行いましょう。マイナンバーカードの作成、マイナポイントの申請に関する詳しい手順は以下の記事で説明しています。

  • 赤ちゃん・子供のマイナンバーカード作成についてはこちらの記事をご覧ください
  • 赤ちゃん・子供のマイナポイント申請についてはこちらの記事をご覧ください

 未成年のマイナポイントは親のキャッシュレス決済サービスで申し込める

赤ちゃんや未就学児のお子さんはもちろん、もう少し大きいお子さんの場合でもキャッシュレス決済の手段を持っていないケースは多いでしょう。

未成年の場合は親名義のキャッシュレス決済サービスでマイナポイントに申し込むことが可能です。ただし、親と子供で同じキャッシュレス決済サービスに申し込むことはできません。

6. 家族のマイナポイントの申し込み方法|高齢者・親の分

続いて、ご家族に高齢な方がいる場合のマイナポイント申請についてまとめましょう。ポイントは以下の通りです。

  • 本人名義のキャッシュレス決済サービスが必要
  • 家族のスマホで申請してあげても大丈夫
  • 市役所やコンビニなどでも申請可能

高齢者のマイナポイントを代理で申請することはできる?

ご自分のPC・スマホでマイナポイントに申請するのが難しい場合は下記の方法があります。

ご自分のスマホやパソコンから申請するのが難しい場合は家族のスマホを使わせてもらったり、コンビニのマルチコピー機で申請したり、市区町村の役場で申請をしてもらうことが可能です。

高齢者のマイナポイント申込におすすめのキャッシュレスサービスはどれ?

高齢者の方の中には普段キャッシュレス決済サービスを利用していない方もいるでしょう。ですがここまで述べた通り、未成年以外は本人名義のキャッシュレス決済サービスでマイナポイントに申し込まなくてはいけません。

家族名義のキャッシュレス決済サービスは使えないので、現金以外の決済手段をお持ちでない場合、マイナポイントの申請をする前になんらかの決済サービスの利用を開始する必要があります。

メイン使いできるようなクレジットカードか、近所のスーパー・コンビニで使える電子マネー(プリペイドタイプだとなお安全です)が望ましいでしょう。申し込みが簡単で始めやすく、安心なキャッシュレス決済サービスとして以下をおすすめします。

  • nanaco
    ……シニア特典あり
    ……セブンイレブン、イトーヨーカドーなどで利用可能
  • waon
    ……シニア特典あり
    ……イオン、マックスバリュ、ダイエー、コンビニ各社(セブン以外)などで利用可能
    ……マイナポイント上乗せキャンペーン(最大2000円分)実施中
関連記事
nanaco ナナコ
nanacoでお得にマイナポイントを獲得しよう!
2020年9月1日からスタートした「マイナポイント事業」。 対象のキャッシュレス決済を1つ選んで登録し、利用すれば利…[続きを読む]
関連記事
WAON マイナポイント キャンペーン
WAONでマイナポイントを受け取るには?最大2,000ポイントの特典も!
画像参照元:WAON 2020年7月1日より申し込みが開始した「マイナポイント」。 まだどのキャッシュレスを登録しよ…[続きを読む]

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は家族全員でマイナポイントを申し込むための方法をお伝えしました。最後に今回の記事をおさらいしましょう。

今回の重要ポイント

  • マイナポイントは本人名義のキャッシュレス決済サービスでしか申し込めない
  • ただし未成年は例外で親のキャッシュレス決済サービスでマイナポイントに申し込める
  • 家族カードでマイナポイント申し込めるカード会社はイオンカード・au PAYカード
  • マイナポイントの申し込みは家族のスマホでも可能

マイナポイントについてまだ解決していない疑問がある方には以下の記事もおすすめです。ぜひ併せてご覧くださいね。

マイナポイントについてもっと詳しく!

マイナポイント対応のクレジットカードはどれ?|申し込み方法・注意点も解説
マイナポイントって何?ポイントの使い方や獲得までの流れを解説
マイナポイントの上乗せキャンペーン比較まとめ|何ペイが一番お得?【最新版】
マイナポイントにデメリットはある?
マイナポイントを三井住友カードでもらう方法|メリットと登録方法

\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事