WAONでマイナポイントを受け取るには?

WAON マイナポイント キャンペーン

画像参照元:WAON

2022年に第二弾のキャンペーンが開始した「マイナポイント」。まだどのキャッシュレスを登録しようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて、「WAON」でマイナポイントに申し込むメリットや注意点についてお伝えしたいと思います。

1.マイナポイントの基礎知識

マイナポイントを簡単に説明すると、電子マネーやクレカ、スマホ決済のような「キャッシュレス決済」のうち一つを選んで2万円分チャージまたは支払いをすると1人当たり最大5,000円もらえるキャンペーンのことです。

ちなみに、ここでもらえるポイントは、登録したキャッシュレスサービスのポイントになります。

例えば、WAONを選んで20,000円分チャージをすると、5,000円分のWAON残高が還元されます。

今回のキャンペーンの概要について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事
マイナンバーカード
マイナンバーカードで2万円のポイント、いつからもらえる? デメリットは?【新マイナポイント】
マイナンバーカードで2万円分のポイントが貰える! そんなニュースがよく聞かれるようになりましたね。この記事では、 マ…[続きを読む]

2.WAONでマイナポイントをもらうメリット

以降では、マイナポイントをWAONで受けとるメリットについて解説していきます。

(1)WAON残高として還元されるので有効期限を気にしなくていい

電子マネーWAONでマイナポイントに申し込むと、チャージ額の25%がWAON残高に還元されます。ですからクレジットカードのポイントのように有効期限を気にする必要がないのです。

クレジットカードでマイナポイントに申し込んだ場合、そのクレジットカードのポイントで還元されまが、クレジットカードの場合、通常ポイントの付与から1~2年ほどで有効期限が切れて失効してしまいます。

この点、WAON等、電子マネーでマイナポイントに申し込む利点といえます。

(2)チャージ金額に対するポイント還元だから焦って2万の買い物をしなくていい

マイナポイントに登録できるキャッシュレス決済サービスには、

  • そのキャッシュレス決済サービスで買い物をした金額の25%が還元されるタイプ
  • そのキャッシュレス決済サービスにチャージした金額の25%が還元されるタイプ

があります。クレカなどが前者に、WAONなどの電子マネーと一部のスマホ決済が後者に当てはまります。

前者の場合、マイナポイント事業が終わるまでに合計2万円の買い物をしないと5000円分のポイントをゲットすることはできません。マイナポイント事業の終了日は未定ですが、期限があるという事には注意が必要です。さらに、2万円分の買い物が完了するまで満額のポイントが貰えない事もデメリットといえます。

WAONはチャージ金額にポイントがつくタイプですので、何に使うかは別として2万円分のチャージをしてしまえばそれで5000円分のポイント(WAON残高)を貰うことができます。あとは日々の買い物に少しずつWAONを利用すればいいので焦る必要がありません。また、一括で2万円チャージをしてしまえばすぐに満額のポイントをゲットできるのも魅力です。

ただし、2万円ものお金をチャージしてあるのですから、WAON(カード、モバイル)をなくさないようにすることだけは注意が必要です。

(3)WAONは他にもキャンペーンを多数行っている

WAONでは常時、様々なキャンペーンを行っています。普段からイオン等を利用される方であれば、大変お得に利用できるのでこの機会にWAONを作ってしまうのがおすすめです。

ここではいくつか紹介したいと思います。

会員登録限定!イオングループの対象店舗ではいつでもポイント2倍!

通常、電子マネーWAONのお支払いで200円(税込)ごとに得られるポイントは1ポイントです。

しかし、このキャンペーンを活用することで、あらかじめ会員登録が完了された電子マネーWAONでのお支払いで200円(税込)ごとに2ポイント付与されます。

会員登録が必要となるものの、200円で2ポイント還元されるというの実質1%還元となります。

またイオングループを利用する方であれば、毎日の積み重ねで大きな差が生まれるため、登録は必須でしょう。

さらに、電子マネー「WAON」とクレジットカード「イオンカード」併用が可能です。

さらなるお得を求める方は、「イオンカード」を発行することをおすすめします。

参考:会員登録限定!イオングループの対象店舗ではいつでもポイント2倍!|WAON

お客様感謝デー

こちらのキャンペーンでは、毎月20日・30日に対象店舗にて、電子マネーWAONのお支払いで5%OFFとなります。

さらに、各種イオンマークのついたイオンカードのご利用・ご提示(お預かり)でも5%OFFとなります。

先程のキャンペーンより、還元率が高く、高額なものを購入するのであれば、この「お客様感謝デー」を狙って買い物をするとかなり日々の出費を減らすことができます。

こちらも対象店舗は、イオン、イオンスタイル、ダイエー、マックスバリュ、ザ・ビッグ、イオンスーパーセンターなどです。

詳細はこちらをご確認ください。

参考:お客様感謝デー|WAON

なお、これらのポイント還元はイオンカードを併用することによってさらにお得にポイント還元を受けることができます。

イオンカードはイオングループが提供していることもあり、日々の暮らしを豊かにしてくれるキャンペーンを多数開催しています。

まだ持っていないという方は、日々の買い物をお得にするためにも、イオンカードを発行しましょう!

【イオン系列店舗で2倍お得!】
イオンカード
入会キャンペーンあり ]
イオン系の店舗(イオン、マックスバリュ等)で通常の2倍のポイントを獲得!毎月20日と30日はショッピングの代金が5%オフ!
詳細はこちらから

(4)【終了済み】追加で2,000円分のWAON残高がもらえる

WAONでマイナポイントを申し込むと追加で2000円分のWAON残高がもらえるキャンペーンは終了しました。

マイナポイントのキャッシュレス決済サービスとしてWAONを選択し、期間中にチャージを行うと政府の5,000円分のポイント還元のほかに、さらに最大2,000円分のWAON残高を受け取ることができます。

これにより、通常5,000円分のポイント還元が、WAONなら最大7,000円相当となります。

なお、こちらはWAONにチャージした金額の10%が還元されるキャンペーンとなりますので、必ずしも2,000円分もらえるわけではないという点は注意が必要でしょう。

キャンペーン詳細はこちらをご覧ください。

参考:WAONでマイナポイント 概要|WAON

3.WAONでマイナポイントをもらう方法と手順

次に、WAONでマイナポイントを受け取る方法について解説していきます。
簡単に説明すると以下の通りです。

このような順序でWAONの登録を行っていきます。

マイナンバーカードの申請は、スマホで行うのが一番簡単なので、できるだけ簡単に済ませたいという方はこちらからご確認ください。

関連記事
電話 スマホ 女性
【自撮りでOK】マイナンバーカードをスマホで申請する方法
10万円給付金やマイナポイント還元で話題に上がり始めたマイナンバーカード。この記事ではマイナンバーカードをスマホで申…[続きを読む]

マイナンバーカードが手元に届いたらマイナポイントに申し込みます。この際、WAONを選択することになります。

関連記事
マイナポイント予約方法
意外に簡単!スマホでのマイナポイントの予約・申込方法
2022年1月からマイナポイント第2弾の申請受付が始まりました! これからマイナンバーカードを取得する方、2021年…[続きを読む]

申込が完了したら、WAONにチャージします。チャージの翌月28日以降、前月のチャージ額の25%のWAONを受け取ることができます。

WAONモバイル、または全国のWAONステーション、イオン銀行ATM、WAONチャージャーmini、Famiポートで受け取りが行えます。

参考:WAONでマイナポイント 概要|WAON

4.注意点

以下では、WAONでマイナポイント受け取る際の注意点について紹介していきます。

(1)マイナポイントに登録できるキャッシュレスサービスは一つだけ

マイナポイントに登録することのできるキャッシュレスサービスは一つだけです。

そのため、WAONでマイナポイントを受け取った場合、他のキャッシュレスサービスでポイント還元を受け取ることはできないので、注意が必要でしょう。

また、異なるWAONを持っていたとしても、マイナンバーカードと紐づけられるのは一つです。

(2)イオンカード一体型WAON、イオン銀行キャッシュ+デビットカードはマイナポイント申込時に決済サービスをWAONを設定する必要がある

WAONでマイナポイントを受け取るには、決済サービスをWAONに設定する必要があります。

イオンカード一体型WAON、イオン銀行キャッシュ+デビットカードなどの付帯型のキャッシュレスサービスであっても、WAONをマイナポイントの受取先として設定すれば受け取ることができるので、必ずWAONを設定しましょう。

(3)現金チャージ・クレジットチャージ・口座チャージ・オートチャージが対象(ポイントチャージは対象外)

マイナポイントの還元対象となるチャージ手段は「現金チャージ」「クレジットチャージ」「口座チャージ」「オートチャージ」が対象です。

すでに獲得しているポイントを電子マネーへとチャージしても、ポイント還元の対象とはなりません。

チャージする際は上記で紹介したチャージ方法の中から選択しましょう。

この中でも、追加でポイントを獲得できるのは、クレジットカードチャージもしくはクレジットカードを利用したオートチャージのみです。

マイナポイントのキャンペーンを機会に、「イオンカード」を発行することをおすすめします。

5.まとめ

最後にこの記事のポイントをまとめていきます。

メリット・特徴

  • 【終了済み】追加で2,000円分のポイントがもらえる
  • 常時キャンペーンが開催されている
  • 期限内に買い物をしなくても、チャージするだけでポイントがもらえる

注意点

  • 登録できるキャッシュレスは一つ(他のキャッシュレスも同様)
  • ポイントチャージは対象とならない(現金、クレジットカード、銀行口座などは対象)

この記事を読んでいただけた方におすすめの記事をまとめさせていただきました。

興味がある記事があれば、ぜひご確認ください。

【関連記事】
・マイナンバーカードで25%ポイント還元、2020年9月から
・マイナポイントのキャンペーンまとめ|何ペイが一番お得?【最新版】
・d払い・dカードでマイナポイントをお得に獲得しよう!

監修
ZEIMO編集部(ぜいも へんしゅうぶ)
税金・ライフマネーの総合記事サイト・ZEIMOの編集部。起業経験のあるFP(ファイナンシャル・プランナー)を中心メンバーとして、税金とライフマネーに関する記事を今までに850以上作成(2021年時点)。
プロフィール この監修者の記事一覧
\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事