マイナポイントをイオンカードで申し込むには|7000円還元の申請方法

電子マネー、QRコード、クレジットカードなどの「キャッシュレス決済」を利用することでポイントが還元受けられる「マイナポイント事業」。

マイナンバーカードをお持ちの方なら赤ちゃんからお年寄りまで誰でも申し込むことができますが、キャッシュレス決済の方法を1つ、選択しなくてはいけません。

この記事ではマイナポイントをイオンカードで申し込み、最大7000円分のポイント還元を受ける方法をわかりやすくお伝えします。

この記事はこんな方におすすめです!
  • イオンやマックスバリューを比較的よく使う方
  • 普段QRコード決済や電子マネーをあまり使わない方
  • マイナポイントのことがよくわからない方

1.イオンカードでマイナポイントに申し込むと最大7000円分のWAONがもらえる

イオンカードでマイナポイントを申し込むと、いつ、どんな形でポイント還元を受けられるのか、まずは概要を確認しましょう。

ポイント還元の対象

マイナポイント申し込み完了時(2020年9月1日以降)~2021年3月31日の間のイオンカードの利用金額がポイント還元の対象です。

ポイント還元の方法

上記利用金額の25%がWAON残高(電子マネー)として還元されます。

ポイント還元率

イオンカードの場合、還元率は実質35%です。対象期間中に20,000円分クレジットカードで買い物をすれば7000円分のWAON残高が付与されます。

35%還元の内訳は以下の通りです。

  1. マイナポイント還元……25%(最大5000円還元)
  2. イオンカードの限定特典……10%(最大2000円還元)

上記の1番(25%還元)についてはどのキャッシュレス決済でマイナポイントを申し込んでも変わらず受けられるポイント還元ですが、2番はイオンカードや電子マネーWAONの限定特典です。

イオンカードの場合、上記1、2の特典は通常のポイント還元(クレジットカード利用税込み200円につき1ポイントのときめきポイント)とは別途付与されます。

マイナポイントの付与時期

毎月1日~末日までのクレジットカード利用金額に対し、翌月28日に電子マネーWAONが付与されます。

2.イオンカードでマイナポイントをもらうメリット

マイナポイント事業の申し込みは一人一回しかできません。選べるキャッシュレス決済サービスも一つです。各社が様々なキャンペーンを行っていますが、イオンカードでマイナポイントを申し込むメリットは以下の5つです。

  1. 独自の上乗せキャンペーンがある(2000円上乗せ)
  2. WAONの有効期限は原則無期限
  3. 家族カードでも申し込める
  4. 毎日の買い物で無理なく2万円を消費できる
  5. 入会キャンペーンを実施中

独自の上乗せキャンペーンがある(2000円上乗せ)

先ほどお伝えした通り、マイナポイントをイオンカードで申し込むとポイント還元額が10%上乗せされます。これにより、最大7000円分の還元を受けることができます。

マイナポイントに申し込めるクレジットカードの中では現状最高額の特典です(抽選タイプの特典を除く)。

【イオン系列店舗で2倍お得!】
イオンカード
入会キャンペーンあり ]
イオン系の店舗(イオン、マックスバリュ等)で通常の2倍のポイントを獲得!毎月20日と30日はショッピングの代金が5%オフ!
詳細はこちらから

WAONの有効期限は原則無期限

イオンカードでマイナポイントに申し込んだ場合、WAON残高という形で還元を受けます(通常のときめきポイントも別途付与されます)。

WAONの有効期限は原則無制限なので、使わないうちにポイントが失効してしまうこともありません。無理してすぐに使う必要がなく、必要な時まで取っておくことが可能です。

家族カードでも申し込める

イオンカードは家族カードでもマイナポイントに申し込めます。旦那さんが本会員カードでマイナポイントを申し込み、奥さんが家族カードでマイナポイントを申し込むという事ができますし、2人がそれぞれ20000円の買い物をすれば1人5000円ずつ、2人併せて10000円分の還元を受けることが可能です。

なお、家族カードでマイナポイントに登録できるか否かはクレジットカード会社によって異なりますが「登録できない」ケースの方が多いようです。

例:家族カードをマイナポイントに登録できないクレジットカード
  • 三井住友カード
  • 楽天カード
  • 東急カード

毎日の買い物で無理なく2万円を消費できる

マイナポイント還元で上限の5000ポイントをもらうには、対象期間中に累計2万円の買い物(あるいはチャージ)が必要です。

クレジットカードはQRコード決済や電子マネーと違いほとんどのお店で利用できます。

特に、イオンカードは全国のイオン、ダイエー、マックスバリューなどでお得に使えるカードです。普段食料品、生活用品などの購入に利用されている方なら、生活必需品の購入だけで無理なく満額のポイント還元を受けることができるでしょう。

イオンやマックスバリューでイオンカードを利用する特典
  • ポイント還元率がいつでも2倍(1%)
  • 毎月20日・30日にお買い物代金が5%OFF
  • 5日・15日・25日 毎月5のつく日はWAON POINTが2倍
    など

入会キャンペーンを実施中

マイナポイントに登録できるクレジットカードを新規で作りたいという場合、入会特典の有無も重要でしょう。イオンカードでは現在、Web限定で新規入会キャンペーンを実施しています。

キャンペーン期間

2020年9月1日(火)~10月31日(土)入会分

特典

1,500電子マネーWAON(1,500円相当分)をプレゼント

キャンペーン特設ページ

キャンペーン詳細の確認はこちらのページでご確認ください。

3.マイナポイントをイオンカードで申し込む方法

マイナポイントをもらうまでには以下の5つのステップがあります。必要なところから読み進めてみてください。

  1. 【事前準備】「決済サービスID」「セキュリティコード」の発行
  2. マイナンバーカードの発行
  3. マイキーIDの発行・マイナポイントの予約
  4. マイナポイントの申し込み
  5. クレジットカードでお買い物

【事前準備】「決済サービスID」「セキュリティコード」の発行

イオンカードでマイナポイントをもらうには、事前に「決済サービスID」と「セキュリティコード」発行する必要があります。

こちらのページからイオン銀行マイナポイント管理ページにはいり、必要事項の入力・セキュリティ認証を行うと決済サービスID」、「セキュリティコード」が発行されます。

マイナンバーカードの発行

マイナンバーカードの申請はスマホから行うのが一番簡単で、5分もあれば完了します。ただし、申請から交付までには1か月程度かかるため、お持ちでない方はすぐにでも申請されることをおすすめします。

申請の方法は以下の記事で詳しくお伝えしています。

  • マイナンバーカードをスマホで申請したい方はこちら 
  • マイナンバーカードをPC・郵送で申請したい方はこちら
  • マイナンバーカードを申請したのになかなか届かない方はこちら
  • お子さんのマイナンバーカードを作りたい方はこちら

マイキーIDの発行・マイナポイントの予約(すぐできる)

マイナポイントをもらうにはマイキーIDの発行が必要です。こちらはスマホから簡単に行えます。詳しくは以下の記事でお伝えしています。

  • スマホで予約でしたい方はこちら
  • パソコンで予約 したい方はこちら

マイナポイントの申し込み

マイキーIDの発行ができたらキャッシュレス決済サービスにイオンカードを選んでマイナポイントを申し込みましょう。申し込みの方法には以下の3つがあります。

  1. スマホ(マイナポイントアプリ)で申し込む方法
  2. パソコンで申し込む方法
  3. 市区町村窓口で申し込む方法

マイナポイントアプリに対応したスマホを持っていない方、PC用のカードリーダーを持っていない方は「マイナポイント手続スポット」を利用しましょう。手続スポットにはコンビニのマルチコピー機や携帯ショップ、市区町村の窓口などがあります。

申し込みに必要なID他

暗証番号とはマイナンバーカードの受け取りの際に設定した4桁の数字で、もしも忘れてしまった場合は役所で再設定が必要となります。

クレジットカードでお買い物(2020年9月1日から)

申し込みまで完了したら、対象期間内にクレジットカードで買い物をすると利用額の35%のWAONが還元されます。

4.マイナポイントをイオンカードで申し込む際の注意点

マイナポイントをイオンカードで申し込む際の注意点・チェックポイントをまとめました。

  • 対象カードを確認しましょう
  • ポイント還元の対象外になるケースを確認しましょう
  • ポイントの受け取り方を確認しましょう

対象カードを確認しましょう

WAON機能付カードが対象です。なお、対象カードの中でWAONのついていないカードを登録した場合、後日WAONのついたカードを再発行する形になるようです。

  • イオンカードセレクト
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
  • イオン E-NEXCO passカード(WAON一体型)
  • マルエツカード
    など

参考:【クレジット・デビット】マイナポイント事業登録対象のカード(イオン銀行HPより)

ポイント還元の対象外になるケースを確認しましょう

下記の利用分はマイナポイントのポイント還元対象外となります。

  • QRコード決済、バーコード決済、電子マネーへのチャージ等、マイナポイント事業に参画している他の決済事業者が提供するサービス利用分
  • 各種手数料(ATM利用手数料、カードショッピングの手数料、リボ払い手数料、カード年会費、カードご請求明細発行手数料など)
  • キャッシング利用分
    など

ポイントの受け取り方を確認しましょう

イオンカードの場合、自分で「ポイントの受け取り」をする必要があります。

ポイントが付与されたらイオン銀行ATM、WAONステーション、Famiポートにて受取りを行うとWAON残高に反映されます。

この時、WAONの残高と受け取る金額がチャージ上限額を超えてしまうと超過分を受け取ることはできません。受取期間に有効期限はないので、WAONチャージ上限額に余裕がある時に再度受け取りを行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はイオンカードでマイナポイントをもらう方法をお伝えしました。今回のポイントは以下の3点です。

  • イオンカードでマイナポイントを申し込むと最大7000円分のWAON残高が還元される
  • イオンカードは家族カードでもマイナポイントに申し込める
  • WAONは有効期限が無期限
マイナポイントについてもっと詳しく知りたい方へのおすすめ記事
\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事