ピルは医療費控除の対象になる?

薬

年間の医療費がかさんだ年は「医療費控除」を利用したいところですよね。ですが、医療費控除の対象になるもの・ならないものの判別はなかなか難しいことも多いです。

今回は、ピルの購入費を医療費控除の対象に含めることはできるのか、解説していきます。

1.ピルは医療費控除の対象になる

結論から言うと、生理不順の対策など「治療のため」に購入した場合に限り、ピルは医療費控除の対象になります。控除を利用するために医師の診断書等は必要ありません。

一方、避妊目的でピルを購入した場合は「治療」には該当しないため医療費控除の対象にはなりません。医療費控除の対象となるかどうかの判断はあくまで「治療目的であるかどうか」という点です。医師の処方や保険適用の有無などは関係ありません。

医療費控除を受けるためには領収書もしくはレシートを自宅で5年間保管しておく必要があります。領収書を税務署に提出する必要はありませんが、後日税務署から問い合わせがあった際に領収書が必要となる可能性があります。捨ててしまわないよう注意しましょう。

2.医療費控除の受け方

手書きで確定申告書を作成する場合

確定申告書と医療費の明細書に必要事項を記入して、税務署に提出します。医療費の明細書にピルの購入費用やピルを買った薬局、医院の名前を書くことになります(次章参照)。

関連記事
e-Taxで医療費控除を受けるには?スマホ・パソコンでの入力方法
e-Tax(電子申告)を利用すれば、自宅にいながら確定申告をして、スマホやパソコンで医療費控除を受けることができます…[続きを読む]

オンラインで確定申告する場合

「確定申告書等作成コーナー」にアクセスし、案内に従って必要事項を入力します。

確定申告書と医療費の明細書は入力事項をもとに自動で作成され、申告書類はデータのまま送信が可能です。

医療費控除についての入力の際にピルの購入費用も入力します。

関連記事
医療費控除 確定申告
医療費控除とは?税金が還付される仕組みと申請方法を解説
年間に10万円を超える医療費を支払った場合は、確定申告で「医療費控除」の適用を受けると、所得税・住民税の一部が還付さ…[続きを読む]

3.【記入例付き】医療費の明細書にピル購入費を記入する方法

医療費控除の明細書の記入例(ピル)

医療費控除の明細書にはそれぞれの医療費の金額や支払先などを記載します。ピルの購入費用については下記のように記入しましょう。

(1)医療を受けた方の氏名

ピルを買った人ではなく、ピルを利用する人の名前を記入します。

(2)病院・薬局などの支払先の名称

ピルを買った薬局などの名前を記入します。最近はピルの入手が困難になり、病院の婦人科で処方してもらえる場合が多いようです。その場合は病院名を書くようにしてください。

(3)医療費の区分

①診療・治療、②介護保険サービス、③医薬品購入、④その他の医療費の4つに区分され、あてはまるもの1つにチェックをつけます。

ピルの場合であれば、③の医薬品購入に該当します。

(4)支払った医療費の額

ピルの購入にかかった費用を税込みで記入します。

(5)(4)のうち生命保険や社会保険などで補填される金額

ピルの購入が保険適用される場合はその金額を書き、そうでない場合は空欄で問題ありません。

同様に全ての医療費について記入していき、合計額と控除額を計算して確定申告書に転記します。詳細は下記の記事で図説していますので、併せてご覧ください。

関連記事
医療費控除の明細書
【2023年版】医療費控除の明細書の書き方(記入例つき)
医療費控除を受けるには、領収書を提出する代わりに「医療費控除の明細書」を提出します。書類の書き方について、記入例を利…[続きを読む]

医療費控除の対象になる医療費の範囲

医療費の明細書を記入するうえでピル以外の医療費についても対象になるもの・ならないものに迷った時はぜひ下記の記事もご活用ください。

関連記事
医療 診察 健康診断
医療費控除の対象となるもの/対象外となるものの範囲一覧
医療費控除の対象となる医療費と、対象外となる医療費の違いを、解説するとともに一覧にまとめました。[続きを読む]

控除額と還付金額の確認(自動計算)

医療費の明細書、確定申告書に記載する「控除額」の計算に不安がある方や、医療費控除でいくら節税できるのかを確認したい方は下記のツールもぜひご活用ください。

関連記事
医療費控除 確定申告
医療費控除の計算(簡易シミュレーション)
医療費控除でどのくらいの還付金を受け取れるのか、簡易的に計算するツールです。必要事項を入力すると、医療費控除の対象と…[続きを読む]

4.医療費控除とピルに関するQ&A

ここからは医療費控除とピルに関するQ&Aをまとめましたので参考にしてください。

低用量ピルも医療費控除の対象になる?

月経困難症、子宮内膜症など、治療目的で購入した低用量ピルは医療費控除の対象となります。避妊目的で購入した低用量ピルは治療目的ではないため、医療費控除の対象にはなりません。

アフターピルも医療費控除の対象になる?

治療用で購入したアフターピルは医療費控除の対象となりますが、治療目的ではないアフターピルは医療費控除の対象に含まれません。

ピルを病院ではなくネットで購入した場合でも医療費控除を受けられる?

ピルを医師からの処方ではなくネットで購入した場合でも、それが治療目的である場合には医療費控除の対象となります。避妊目的など、治療を目的としていない場合は医療費控除の対象とはなりません。

ピルをネットで購入してレシートが残っていない場合どうすればいい?

ネット購入で領収書やレシートが手元に残っていない場合、ネットショップ上の注文履歴や注文確定メールなどに日付、金額、購入した商品の内容などが記載されていればそれで代用可能です。

購入明細等が確認できないない場合は「クレジットカード利用明細で代用する」「出金伝票を作成する」などの対処法があります。詳しくは以下の記事で解説していますので、気になる方は参考にしてください。

関連記事
領収書
確定申告に領収書・レシートの提出は必要? 保管期間・保管方法は?
確定申告の準備をしていると、領収書について様々な疑問が出てきますよね。今回の記事では領収書にまつわる疑問を一挙に解説…[続きを読む]

自費でピルを購入して飲んだ場合、医療費控除は受けられる?

保険適用外のピルは自費診療で購入することになります。自費で購入した場合でも通常通り治療目的の場合は医療費控除の対象となりますが、治療目的でない場合は控除の対象とはなりません。

ピル代はセルフメディケーション税制を利用できる?

医療費控除の特例に「セルフメディケーション税制」という制度があります。治療目的で購入したピルはセルフメディケーション税制の対象となります。ただし、避妊目的など治療目的ではないピルの購入についてはセルフメディケーション税制の対象とはなりません。

セルフメディケーション税制について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事
薬
セルフメディケーション税制とは?通常の医療費控除との違い
 所得税の控除の1つに「医療費控除」があります。これは通常、1年間(1月1日~12月31日)に医療費が10…[続きを読む]

5.まとめ

いかがだったでしょうか。今回はピルと医療費控除の関係について解説していきました。生理不順などの治療のためのピル代は医療費控除の対象になりますが、避妊目的の場合のピル代は医療費控除の対象とはならない点に注意が必要です。

生計を一にする家族の年間の医療費総額が10万円を超える場合には医療費控除が受けられるので、検討してみてください。

関連記事
医療費控除 確定申告
医療費控除は家族分を合算して申請しよう!
医療費控除では、自分の分だけでなく、家族の医療費も合算して申請できます。この記事では、医療費控除がどこまで家族に適用…[続きを読む]
監修
ZEIMO編集部(ぜいも へんしゅうぶ)
税金・ライフマネーの総合記事サイト・ZEIMOの編集部。起業経験のあるFP(ファイナンシャル・プランナー)を中心メンバーとして、税金とライフマネーに関する記事を今までに1200以上作成(2022年時点)。
プロフィール この監修者の記事一覧
\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事