[図説]令和元年分、医療費控除の明細書と確定申告書の書き方

医療費控除の明細書

 税制改正により平成29年分の医療費控除から、領収書の添付に代わって「医療費控除の明細書」を提出するようになりました。また、セルフメディケーション税制も導入されました。

ここでは、「医療費控除の明細書」と「確定申告書」の書き方について図を利用しながら解説します。

1.医療費控除について

まずは、「医療費控除」の概要について簡単に解説します。
すでに、医療費控除について、ご存じであり、明細書と確定申告書の書き方をすぐにご覧になりたい方は、「2.医療費控除の確定申告の方法」に進んでください。

(1)概要

医療費控除では、医療費の合計が年間10万円(※)を超える場合に適用を受けることができます。納税者本人の医療費だけでなく、生計を一つにしている配偶者や子供・親族の医療費を支払ったときも対象になります。

※その年の総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5%の金額

医療費控除は年末調整で受けることはできませんので、確定申告をする必要があります。

(2)計算方法

医療費控除額は200万円を限度として、次の算式により計算した金額となります。

医療費控除額=(実際に支払った医療費の合計額-①)-②

①保険金等の補填金額:控除する保険金等の金額は、その給付の目的となった医療費の額を限度とします。よって、保険金などの金額が医療費の額を超える場合においては、その超える部分の金額については切り捨てとなります。他の医療費から控除できません。

②10万円(総所得金額が200万円未満の場合は、総所得金額等の5%の金額)

計算例

肺炎で入院して医療費15万円を支払った場合、10万円を引いて、5万円が医療費控除の対象となります。

医療費控除額=15万円-10万円=5万円

(3)セルフメディケーション税制との選択

平成29年分の確定申告より、上記の従来からある医療費控除の特例という形で、セルフメディケーション税制が導入されました。

この税制は、ドラッグストアなどに売っている風邪薬などの市販薬の年間購入総額が12,000円を超える場合に適用することができます。最大控除額は88,000円です。上記と同じく、適用を受けるためには確定申告が必要になります。

ただし、医療費控除とセルフメディケーション税制は、併用できません。どちらが有利になるのか、計算したうえで選択します。

セルフメディケーション税制と医療費控除との比較については、次の記事をご覧ください。

関連記事
薬
セルフメディケーション税制とは?通常の医療費控除との違い
 所得税の控除の1つに「医療費控除」があります。これは通常、1年間(1月1日~12月31日)に医療費が10…

本記事では、医療費控除の確定申告方法について説明します。セルフメディケーション税制の確定申告方法については、こちらをご覧ください。

関連記事
薬
セルフメディケーション税制の明細書・確定申告書の書き方(記入例つき)
 2017年1月よりスタートした、セルフメディケーション税制の基本から確定申告の方法まで、わかりやすく解説します。 …

2.医療費控除の確定申告の方法

医療費控除を受ける場合には確定申告が必須です。ここでは、給与収入のみの会社員を想定して、「医療費控除の明細書」と「確定申告書」の書き方を解説します。

申告に必要な書類は次の通りです。

  • 確定申告書A
  • 医療費控除の明細書
  • 医療費のお知らせ
  • 源泉徴収票(会社員の場合)

3.「医療費控除の明細書」の書き方

医療費控除の適用を受けるためには、「医療費控除の明細書」を添付する必要がありますので、まずは、こちらの書類の書き方を解説します。

従来の「医療費等の明細書」とは形式が変わっています。記入の際には、「医療費のお知らせ」と「医療費の領収書」を手元に置いてから始めましょう。

医療費控除の明細書

様式はこちらから入手することができます。
【参照】国税庁:医療費控除の明細書

(1)住所・氏名

医療費控除

2019年分(令和元年)分の確定申告では、「令和」に丸をします。住所・氏名を記入します。

「平成」も用意されている理由は、還付申告の期限は5年間ですので、過去の年度の申告も可能だからです。

(2)医療費通知に関する事項(「医療費のお知らせ」を添付する場合)

確定申告書に「医療費のお知らせ」を添付する場合には次の欄を記入します。
「医療費のお知らせ」は原本提出に限ります。コピーでの提出はできませんので注意しましょう。

医療費控除

① 「医療費のお知らせ」に記載されている、自分が負担した医療費の合計額を記入します。お知らせが複数枚ある場合には全て合計しましょう。

② ①に記入した金額のうち、その年に支払った金額の合計額を記入します。「医療費のお知らせ」に記載された金額は、実際に支払った金額とズレている場合がありますので、領収書と照らし合わせて確認しましょう。

③ ②に記入した金額のうち、保険金や給付金が支払われた金額を記入します。その給付の目的となった医療費の額を限度とします。

【記入例】

医療費控除

(3)医療費の明細(上記以外の医療費)

ここでは、上記の「医療費のお知らせ」に記載されていない医療費を記入します。
また、「医療費のお知らせ」を添付しない場合にも、ここに一つずつ記入します。

医療費控除

④ 医療を受けた人の氏名を記入します。
⑤ 受信した医療機関や、医薬品を購入した薬局などの名称を書きます。
⑥ 医療費の内容として該当する項目すべてに✓マークを記入します。
⑦ 医療費控除の対象となる支払金額を記入します。
⑧ 生命保険金や健康保険法などの給付金を受け取った場合には、その金額を記入します。
⑨ ⑦の合計額を記入します。
⑩ ⑧の合計額を記入します。
⑪ ②と⑨の合計額を記入します。
⑫ ③と⑩の合計額を記入します。

【記入例】

医療費控除

(4)控除額の計算

医療費控除の金額を計算していく欄です。

医療費控除

⑬ ⑪の金額を転記します。
⑭ ⑫の金額を転記します。
⑮ ⑬から⑭を差し引いた金額を記入します。
⑯ 源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄の金額を転記します。

医療費控除

⑰ ⑯に0.05を乗じた金額を記入します。
⑱ ⑰と10万円を比べて少ない方の金額を記入します。
⑲ ⑮から⑱を差し引いた金額を記入します。

【記入例】

医療費控除

4.「確定申告書」の書き方

ここでは、医療費控除を適用するための部分に絞って、確定申告書の書き方を解説します。

(1)確定申告書の種類

確定申告書は所得の状況に応じて、確定申告書AまたはBを使います。

確定申告書Aは、給与所得、雑所得、配当所得、一時所得のみの人が使用する申告書で、会社員などが該当します。
確定申告書A

確定申告書Bは、所得の種類にかかわらず全ての人が使用できる申告書で、個人事業主などが該当します。ここでは省略します。

様式はこちらから入手することができます。
【参照】
国税庁:確定申告書A
国税庁:確定申告書B

(2)医療費控除の欄

表面

医療費控除で記入するのは1か所です。

セルフメディケーション税制

①  区分は空欄のままにします。

② 作成済みの「医療費控除の明細書」の一番下のGの金額を転記します。

【記入例】

医療費控除 確定申告書A

裏面

セルフメディケーション税制

③④ 「支払医療費等」「保険金などで補填される金額」について、それぞれ、作成済みの「医療費控除の明細書」の一番下のAとBの金額を転記します。

【記入例】

医療費控除 確定申告書A

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事