マイナンバーカードは作らない方がいいの?危ないって本当?

天秤 メリット デメリット

政府が作ることを推奨している「マイナンバーカード」。そんなマイナンバーカードに対して否定的な考えを持っている人も多いでしょう。

そこで今回は、「マイナンバーカードを作らない方がいい」と考えている方に多い疑問にお答えしながら、マイナンバーカード作成のデメリットとメリットを紹介していきます。

この記事がおすすめの人!

  • マイナンバーカードを作りたくない人
  • マイナンバーカードに不信感を持っている人

1.マイナンバーカードとは?

そもそもマイナンバーカードとは、マイナンバーを証明することのできるプラスチック製のカードです。

もちろんマイナンバーを証明する以外にも利用方法や活用方法は数多く存在します。

例えば、顔写真がついているため公的な身分証明書として利用することが出来たり、ICチップによってオンラインでの身分証明もできます。

そしてマイナンバーカードは、パスポートなどとは異なり、無料で作成できるという違いも挙げられます。

2.「マイナンバーカードを絶対作りたくない」派の意見と真偽

ここからはマイナンバーカードを作りたくない人の意見の中から、比較的多かったものについて紹介するとと共に、本当にそうなのかということも併せて紹介していきます。

  • マイナンバーカードを落として他の人に個人情報を見られるのが嫌だから
  • セキュリティーが気になるから
  • 銀行口座との紐づけで資産を見られるかもしれないから
  • 政府に資産を管理されているように感じるから

マイナンバーカードを落として他の人に個人情報を見られるのが嫌だから

マイナンバーカードには機能停止機能があるため、紛失した時点でICチップに紐づけられた情報にはアクセスできないようにすることができます。

ただし、マイナンバーカードにはマイナンバー、氏名、住所などが記載してあるため、実際にこうした情報は見られてしまいます。

が、マイナンバーは単体で知られても悪用することはできず、必ず「本人確認書類」とセットでなければ何もすることはできません。

万が一紛失した場合、24時間のコールセンターですぐに利用を停止する必要があります。

セキュリティーが気になるから

マイナンバーカードでは、様々なセキュリティー対策が実施されています。

顔写真があることによるなりすましの防止や、各アプリにて暗証番号の入力を求めることによって本人以外からのアクセスをブロックする、などです。

銀行口座との紐づけで資産を見られるかもしれないから

こちらは、現状銀行口座との連携は任意となっています。

そのため、政府に資産を見られるのが嫌だという方は連携をしないようにすることで解決できるかと思います。

関連記事
マイナンバー 銀行口座
マイナンバーと銀行口座を紐付け、メリット&デメリットは?
【11/28更新】 政府では、マイナンバーと銀行口座の紐付けを義務付ける検討がされていましたが、今回は、義務化を見送…[続きを読む]

政府に資産を管理されているように感じるから

こちらも、上記と同様に銀行口座を連携することを見送ることで解決できるかと思います。

ただ、以前からも税務調査などの際には預貯金口座を確認することもあったため、完全に見られないようにするということは難しいと言えます。

3.マイナンバーカードを作るメリット

次にマイナンバーカードを作るメリットを紹介していきます。

具体的なことは他の記事にて解説しておりますので、気になった方はぜひご確認ください。

  • 身分証の代わりになる(免許証やパスポートがない方)
  • 保険証の代わりとして使えるようになる
  • コンビニなどで各種証明書を発行できる
  • 政府が提供するオンライン申請サービスを利用できる
  • 各種民間のオンラインサービスに利用できるようになる

身分証の代わりになる(免許証やパスポートがない方)

マイナンバーカードは公的な身分証明証として利用することが出来ます。

運転免許証やパスポートがない方にとっては、無料で作れる身分証となるため「作ってみたら意外と便利……」と感じる場面も多いのではないかと思います。

関連記事
マイナンバーカード
マイナンバーカードは身分証明書として利用できるの?
マイナンバーカードはマイナンバーを使った手続きのみだけでなく、身分証明書としても利用可能です。 ただし、身分証明書と…[続きを読む]

保険証の代わりとして使えるようになる

まだ一部ではありますが、健康保険証の代わりとして利用することが出来ます。

通常転職などによって、保険証の切り替えなどが必要となった場合、新たな保険証が届くまで待たなければなりません。

そういった変更の手間などが、マイナンバーカードを保険証として利用することによって軽減することが出来ます。

また、保険証をマイナンバーカードで代用することによって、処方箋を受け取る際に、一旦保険証を薬局に預けなければならなかったものが不要となり、こちらも利便性が向上します。

関連記事
マイナンバー 健康保険証
マイナンバーカードが健康保険証として使えるのはいつから?
マイナンバーカードの保険料利用の本格的な運用は10月を予定しています。(9/13更新) 病院にかかるときに必ず持って…[続きを読む]

コンビニなどで各種証明書を発行できる

全ての自治体ではありませんが、マイナンバーカードがあればコンビニなどで各種行政書類を発行することが出来ます。

例えば、確定申告時に必要となる課税証明書や、就職・転職やパスポートの取得の際に必要となる住民票などです。

これらをわざわざ市役所まで取りに行くのって面倒ですよね。

身近なコンビニで発行できるのはありがたいですね。

政府が提供するオンライン申請サービスを利用できる

マイナンバーカードがあれば、確定申告などをオンラインで利用することが出来ます。

関連記事
マイナンバーカード
確定申告のマイナンバーカード方式、やり方とメリットについて解説
個人事業主はもとより、サラリーマンでも確定申告を行う必要のある方も多いと思います。 「サラリーマンで副業の収入があり…[続きを読む]

各種民間のオンラインサービスに利用できるようになる

これから出来るようになるサービスとして、マイナンバーカードの電子証明書機能を利用してオンラインバンキングなどに利用できるようになる見込みです。

電子証明書については以下の記事からご確認ください。

関連記事
電子証明
マイナンバーカードの電子証明書って何?
マイナンバーカードの発行時に「電子証明書」という言葉を耳にしませんでしたか。 同じくカードの発行のときに電子証明書の…[続きを読む]

なお、マイナンバーカードの現状できることと、これから出来るようになる見込みのことについてはこちらの記事で詳細を解説しているため、興味がある方はぜひご確認ください。

関連記事
過去と未来
マイナンバーカードで出来ることって?今後出来るようになることは?
マイナポイントや各種証明書を発行したいという理由から作った方も多いであろう「マイナンバーカード」。 そんなマイナンバ…[続きを読む]

4.まとめ

最後にこの記事を簡単にまとめていきます。

  • マイナンバーカードは運転免許証や健康保険証などをまとめることが出来るようになるカード
  • デメリットもあるがメリットも多いカードである
  • 様々な連携は任意で行うことが出来るため、選択することが可能

最後まで読んでいただいた方におすすめの記事をまとめました。

これらの記事を読んでマイナンバーカードについて正しい知識を身につけましょう。

 

\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事