確定申告のマイナンバーカード方式、やり方とメリットについて解説

マイナンバーカード

個人事業主はもとより、サラリーマンでも確定申告を行う必要のある方も多いと思います。

「サラリーマンで副業の収入があり確定申告が必要だけど、簡単に行う方法はないの?」
「マイナンバーカードがあれば、家からパソコンで電子申告ができるって聞いたけど、どのようにやるの?」
このような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

今回は、マイナンバーカードを使って自宅から電子申告を行うやり方や、そのメリットなどについて解説します。

1.確定申告とマイナンバーカード

確定申告は、次の3つの方法により行うことができます。

  1. 確定申告書を税務署に持参して提出する・時間外収集箱へ投函する
  2. 確定申告書を税務署へ郵送する
  3. 電子申告(以下、「e-Tax」といいます)を利用する

続いて、これらの方法にマイナンバーカードが必要なのか解説していきます。

1-1.確定申告にマイナンバーカードは必要か?

上記の確定申告の3つの方法の中で、

1.確定申告書を税務署に持参して提出する・時間外収集箱へ投函する
2.確定申告書を税務署へ郵送する
以上2つについては、マイナンバーが分かっていれば確定申告することができます。
マイナンバーカードがなくても問題ありません。

マイナンバーは、マイナンバー通知カードや、マイナンバーを記載した住民票から把握できます。

3.e-Taxを利用する

こちらに関しては、マイナンバーカードを使った方法と、マイナンバーカードを使わない方法があります。

この記事では、「e-Taxを利用した確定申告」に焦点を絞って説明します。

1-2.e-Taxを使った確定申告

e-Taxを利用する場合は、「申告しているのが確実に本人かどうか」を確認するために個人認証を行うことが必要です。
個人認証には次の2つの方法のどちらかを使います。

  • マイナンバーカードを使わない「ID・パスワード方式
  • マイナンバーカードを使った「マイナンバーカード方式

マイナンバーカードを使わない「ID・パスワード方式」

ID・パスワード方式の場合は、e-Taxを利用する前に、ID・パスワードを取得する手続きが必要です。

運転免許証などの本人確認書類をもって税務署に出向き、e-Taxの開始届出書を提出すれば、ID・パスワードを発行してもらえます。
このID・パスワードを使用してe-Taxにログインして、確定申告を行います。

この記事では解説しませんので、詳しく知りたい方は以下の関連記事をご覧ください。

関連記事
確定申告 マイナンバー なし
e-Taxでの確定申告、マイナンバーカードとカードリーダーはなくてもOK
確定申告が家にいながら出来る便利な「e-Tax」。しかし、今までマイナンバーカードやカードリーダーが必要であったため…[続きを読む]

【参考】国税庁

マイナンバーカードを使った「マイナンバーカード方式」

マイナンバーカードを使って本人確認を済ませます。
この記事のメインテーマですので、次章より詳しく説明します。

2.確定申告のマイナンバーカード方式のメリット・デメリット

e-Taxを使って確定申告を行う場合、確定申告を行なっているのが本人かどうかを確認するために、「個人認証」を行う必要があります。

この個人認証にマイナンバーカードを使う方法を「マイナンバーカード方式」と言います

ここでは、マイナンバーカード方式の特徴やメリット・デメリットについて見ていきます。

2-1.マイナンバーカード方式のメリット

「ID・パスワード方式」と比較した「マイナンバーカード方式」のメリットを見ていきます。

①ID・パスワードの入手や管理が不要

マイナンバーカードを持っていれば、すぐにe-Taxを始めることができます。

一方、「ID・パスワード方式」では、e-Taxを使い始める前に税務署に出向いて、ID・パスワードを発行してもらう必要があります。
また、次年度以降も同じIDを使いますので、忘れないように厳重に管理しないといけません。

②将来性

国税庁では、「ID・パスワード方式は、マイナンバーカード及びICカードリーダーが普及するまでの暫定的な対応」との扱いです。
将来的には、ID・パスワード方式をなくし、このマイナンバーカード方式に統一していく方針のようです。

将来性を考えると、マイナンバーカード方式のほうが良いと考えられます。

2-2.マイナンバーカード方式のデメリット

①マイナンバーカードが必要

当たり前ではありますが、マイナンバーカードが必要となります。
現在マイナンバーカードがない場合は、役所で発行してもらう必要があり、手間がかかります。

②マイナンバーカードを読み込む機器が必要

マイナンバーカードを読み込む機器として、「ICカードリーダー」や「マイナンバーカード読取り対応スマホ」が必要です。

パソコンで申告する方は「ICカードリーダー」、スマートフォン・タブレットで申告する方は、「マイナンバーカードを読み取れるスマホ」を利用します。
※マイナンバー読み取りに対応したスマートフォンはこちらをご覧ください。

これらの機器を準備する必要があります。

3.マイナンバーカード方式で確定申告する手順

マイナンバーカードを使って確定申告をする方法として、以下の2通りあります。

  • マイナポータルを経由してe-Taxを利用する方法
  • e-Taxホームページなどからe-Taxを直接利用する方法

マイナポータルとは、政府が運営するオンラインサービスで、子育てに関する行政手続がワンストップで利用できたり、行政機関からのお知らせが確認できたりするサービスです。

このマイナポータルには、「もっとつながる」機能というのがあり、この機能を利用してe-Taxと連携させ、確定申告を行うことができます。

ここでは、「マイナポータル経由でe-Taxを利用する方法」を中心に説明します。
なお「e-Taxホームページからe-Taxを直接利用する方法」については、最後に簡単に触れます。

【参考】マイナポータルサイト

事前準備①マイナンバーカードの取得

マイナンバーカードを持っていない方は、まず、マイナンバーカードを入手する必要があります。
マイナンバーカードは、お住まいの市区町村に申請して入手します。
カード発行まで、通常1ヶ月程度、混雑している場合はそれ以上かかりますので、確定申告に間に合うように、余裕を持って申請しましょう。

関連記事
マイナンバーカード
【最短5分でできる】マイナンバーカードの申請方法_詳細図説版
この記事では、マイナンバーカードを最短5分で申請する方法を図解で丁寧にお伝えします。 ☑この記事をおすすめしたい方 …[続きを読む]

事前準備②マイナポータルの利用者登録

マイナポータルを初めて利用する方は、最初に利用者登録する必要があります。
パソコンの場合はマイナポータルサイト中段の「ログイン/利用者登録はこちら」から設定を完了してください。

スマートフォンの場合は、ブラウザ以外にもマイナポータルアプリ(マイナポータルAP)からも利用者登録が可能です。

ログインの手順はマイナポータルサイトで詳しく解説しています。

【参照】マイナポータル

3-1.マイナポータルとe-Taxの紐づけ

マイナポータルとe-Taxを紐づけることにより、マイナポータル経由でe-Taxが使えるようになり、確定申告を行うことができます。

マイナポータルとe-Taxを紐づける方法は、パソコンとスマートフォンを使う場合で異なります

パソコンとスマホそれぞれの設定方法を説明します。

パソコンを利用する場合

①「ICカードリーダー」の準備
  • パソコンを使う場合は、マイナンバーカードを読み込むための「ICカードリーダー」を準備します。
②マイナンバーカードでマイナポータルにログインする
  • パソコンにICカードリーダーを接続し、マイナンバーカードを装着した状態でマイナポータルにログインします。
  • 画面右上の「ICカードリーダーでログイン」をクリックし、マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書パスワード(カード発行時に設定した4桁の数字)を入力します。

③マイナポータルとe-Taxをつなげる
  • ログイン後、マイナポータルトップページ下部の「もっとつながる」を選ぶと連携できるサイトの一覧が出ます。

  • 「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」を選んで「つなぐ」をクリックしましょう。
  • その後、同意確認のページで「同意」をクリックします。

④アカウント登録用情報の送信
  • マイナンバーカードとICカードリーダーを使って、必要事項を読み取ります。
  • 読み取り内容を確認し、送信します。

⑤e-Taxの設定を行い、利用を開始する

e-Taxに移動し初期設定(事前準備セットアップ)を行います。
これで、マイナポータル経由でe-Taxを利用することができるようになります。

下記の記事で、実際に初期設定を行った画面を利用し説明しています。併せてご覧ください。

関連記事
e-tax 確定申告
e-Taxを利用して確定申告をしよう!
慣れない確定申告は大変ですよね。そんな確定申告が家でもできるって知っていましたか?今回は家でも確定申告ができる「e-…[続きを読む]

【参考】国税庁

スマートフォンを利用する場合

①「マイナンバーカード読取り対応スマホ」を準備
  • スマホを使う場合は、マイナンバーカードが読み込める「マイナンバーカード読取り対応スマホ」を準備します。
    ※下記の手順は「iPhone」を例に説明しますが、「Android端末」でも基本的に同じです。
②マイナポータルAPでマイナポータルにログインする
  • App Store から「マイナポータル AP」をインストールした後、マイナンバーカードをスマホで読み取ってログインします。
    ※この時マイナンバーカードの「利用者証明用電子証明書パスワード(カード発行時に設定した4桁の数字)」が必要になります。

初めてログインする場合は、マイナンバーカードを使用した利用者登録が必要になります
なお、android端末の場合はGoogle Playからダウンロードします。

③マイナポータルとe-Taxをつなげる
  • ログイン後、マイナポータルトップページ下部の「もっとつながる」を選ぶと連携できるサイトの一覧が出ます。

  • 「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」を選んで「つなぐ」をクリックします。
  • その後、同意確認のページで「同意」をクリックします。

④アカウント登録用情報の送信
  • マイナンバーカードとスマホを使って、必要事項を読み取ります。
  • 読み取り内容を確認し送信します。

⑤e-Taxの設定を行い、利用を開始する(サービスメニューからe-Taxソフト(SP版)を利用)

e-Taxに移動し、パソコンの場合と同様に初期設定を行います。
これで、マイナポータル経由でe-Taxを利用することができるようになります。

3-2.確定申告書の入力と提出

紐づけが完了するとパソコンあるいはスマホを使い、e-Taxで確定申告を行うことができるようになります。

確定申告書の入力は、e-Taxの中のメニュー「確定申告書等作成コーナー」を選択して申請書を作成します。
作成が終わったら、e-Taxの機能を使い、確定申請書を提出します。

確定申告書作成コーナーについては関連記事も併せてご覧ください。

関連記事
確定申告書等作成コーナー
確定申告書等作成コーナーとは?概要と使い方を解説
何かと面倒なのが確定申告ですよね。しかし、確定申告書等作成コーナーを利用すれば確定申告書等をPCやスマホで作成するこ…[続きを読む]

※マイナポータルを経由せずに、直接e-Taxを利用する方法

上記では、マイナポータル経由で e-Taxを利用する方法を説明しました。

この方法とは別に、「マイナポータルを経由せずに、e-Taxを直接利用する」こともできます。

下記記事でe-Taxの実際の画面を利用して解説しています。併せてご覧ください。

関連記事
e-tax 確定申告
e-Taxを利用して確定申告をしよう!
慣れない確定申告は大変ですよね。そんな確定申告が家でもできるって知っていましたか?今回は家でも確定申告ができる「e-…[続きを読む]

【参考】国税庁

4.よくある質問

ここでは、マイナンバーカードを使ってe-Taxを利用する上で、疑問に思っている点、よくある質問について見ていきます。

通知カードならあるんだけど、代用できる?

パソコンやスマホでマイナンバーカードを読み込む必要がありますので、通知カードでは代用できません
マイナンバーカードを入手しましょう。

そもそも、電子申告(e-Tax)の何がいいの?

e-Taxを利用した時のメリットには、次のようなものがあります。

  1. 24時間いつでも、どこからでも、パソコンやスマホから、自分の都合に合わせて確定申告ができる。
  2. 一般的な確定申告の期間(原則2月16日から3月15日まで)より早く、1月初旬から確定申告ができる。
  3. 還付申告の場合は、確定申告の手続き後、確定申告期間の前であっても、順次処理されて早く還付される。還付申告でない場合は、2月16日までの受付分は2月16日の受付として処理される。
  4. 提出書類を省略できる場合がある。(医療費の領収書、生命保険料控除の証明書など)
  5. 条件を満たした青色申告の特別控除が65万円となる。e-Taxを使わない場合は55万円に減額される。
  6. 確定申告ソフトと連携して使うことにより、より簡単に申告でき、より省力化できる。

特に、青色申告の個人事業主にとっては、「5.条件を満たした青色申告の特別控除が65万円」が大きなメリットです。
令和2年分の確定申告からは、基礎控除額が38万円から48万円に上がる分、原則、青色申告特別控除額が最大65万円から最大55万円に減額されます。
しかし、e-Taxの利用して青色申告を行うことにより、引き続き最大65万円の青色申告特別控除が受けられます。

マイナンバーカードを読み取れるスマホの機種は?

スマホを使う場合は、マイナンバーカードが読み取れるスマホを準備する必要があります。

該当のスマホ機種については、こちらをご覧ください。

【参考】マイナポータル:よくあるご質問

電子証明書って何?

電子証明書とは、信頼できる第三者(認証局)が間違いなく本人であることを電子的に証明するもので、書面取引における印鑑証明書に代わるものです。
悪者による「なりすまし」を防止して、間違いなく自分本人であることを証明する事ができます。

マイナンバーカードにはICチップが組み込まれており、このICチップに「電子証明書」が記録されています。
ただし、マイナンバーカードが悪者に渡ってしまうと悪用されてしまいますので、使用においては、パスワードを入力する必要があります。

マイナンバー電子証明書の詳細については、下記記事をご覧ください。

関連記事
電子証明
マイナンバーカードの電子証明書って何?
マイナンバーカードの発行時に「電子証明書」という言葉を耳にしませんでしたか。 同じくカードの発行のときに電子証明書の…[続きを読む]

まとめ

ここまで、マイナンバーカードを利用してe-Taxを利用する方法を解説してきました。
スマートフォンでマイナンバーカードが読み取れるようになったため、手順通り行えばそれほど難しくないと思います。

今回紹介したのは、マイナポータルとの連携という作業が必要になりますが、マイナポータルからe-Taxを含めた様々な機能を利用できるのは便利です。

\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事