マイナンバーを運転免許証代わりに!スマホ連携も

運転 車

2020年6月23日、マイナンバー制度の普及促進を検討する政府の作業チームの初会合が開かれ、マイナンバーカードを、運転免許証や各種国家資格証、在留カードなどとしても使えるようにするための改正案作成の検討をすると発表しました。

そして、菅義偉政権では、行政のデジタル化を目指しており、検討が加速しています。

1.マイナンバーカードが運転免許証代わりに

マイナンバー制度の普及を促進するための方法のひとつとして、マイナンバーカードを運転免許証としても使えるようにします。

運転免許証に限らず、各種国家資格証や、中長期間在留する外国人に発行される在留カードなどもマイナンバーカードとの一体化が検討されています。

さらにマイナンバーカードのデジタル化ということで、普及率が高くなっているスマホと一体化することの検討も行われています。マイナンバーのデジタル化を推進することで、運転免許証や国家資格証もデジタル化することを検討しています。

すでに2021年3月から、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようになることは決定しています

さらに運転免許証としても利用できるようにすることによって、マイナンバーカードの利便性を高める狙いがあります。

政府は2022年度末(2023年3月末)には、ほとんどの国民がマイナンバーカードを持つことを目指すとしています。

2.運転免許証とマイナンバーカードの統合のメリット

運転免許証とマイナンバーカードが一体になることで、利用者にも警察署にもいくつかのメリットが考えられます。

利用者のメリット

住所変更はオンラインで可能

住所が変わったとき、現在は、警察署に出向いて住所変更を行う必要がありますが、これがオンラインで可能になります。

免許更新の講習もオンラインで可能

定期的な免許更新の際に、現在は、最寄りの免許更新センターに行って講習を受けていますが、これが、オンラインで受けられるようになります。

警察署のメリット

交通違反者の免許の確認は、マイナンバーカードのICチップに読み取り端末をかざして行います。免許の種類や番号、有効期限などの情報が表示されます。違反者の管理もやりやすくなるでしょう。

3.統合までのスケジュール

政府によると、まず、各都道府県でバラバラな警察のITシステムを統一する必要があり、2022年から2025年にかけて共通のクラスドシステムに移行するようです。

その後、共通システムとマイナンバーカードのシステムを連携しますので、2026年くらいになると見られています。

4.デメリット・リスクは?

マイナンバーカードと運転免許証を統合、そして、マイナンバーカードのデジタル化に伴い、スマホとの一体化が検討されていますが、どのようなデメリットやリスクが考えられるでしょうか。

(1)個人情報が見られてしまうのでは?

マイナンバーカードが、運転免許証にも健康保険証にも、いろいろな用途で利用できるようになると、ICチップに保存される個人情報も増えていきます。

これらの情報が第三者に見られてしまうのではという不安があるかもしれませんが、それぞれの機関で必要な情報のみ読み取り、それ以外の情報にはアクセスできないようにするとしています。

たとえば、警察では免許証の情報のみ読み取り可能にし、病院では、加入している健康保険の情報のみ読み取り可能にします。

(2)マイナンバーカードやスマホを紛失すると運転できなくなる?

マイナンバーカードが運転免許証代わりとなるということは、マイナンバーカードを紛失した場合は、運転免許証不携帯となり、自動車の運転ができなくなってしまうのでしょうか?

もし、マイナンバーカードしか所持していなければ、免許証不携帯となりそうですが、運転免許証自体がなくなるわけではありませんので、運転免許証を別の財布に入れるなどして所持していれば、大丈夫かもしれません。

また、マイナンバーカードがスマホと一体化した際に、スマホを紛失した場合も同様です。こちらも、運転免許証を携帯していれば問題ないでしょう。

マイナンバーカード、あるいは、スマホに機能が集約すればするほど、紛失・盗難時のリスクが大きくなりますので、利用者自身がリスク分散を考える必要があるでしょう。

(3)顔写真に関しては?

現在、運転免許証の写真は、免許更新センターで撮影して、そこでカードに貼り付けますので、本人であることは間違いありません。

一方、マイナンバーカードでは、あらかじめ用意した写真を郵送またはオンラインアップロードの形式で申請します。
受け取り時には、原則として本人が市区町村の窓口に行く必要がありますが、特別な事情がある場合には、代理人が代わりに行くことも可能です。

特別な事情には「本人が新型コロナウイルスに感染するなどして外出を自粛している場合」も含まれますので、その時々に応じて適切な理由をつければ、本人でない顔写真で作成できてしまう可能性もあります。

このように、マイナンバーカードと従来の運転免許証では、同じ公的証明書といえども、作成方法がまったく異なりますので、どのように運用していくのかがポイントとなりそうです。

\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事