マイナポイント申込み、楽天カード、楽天Pay、楽天Edyを比較!

 
【9/4 追記】
2020年9月4日~2020年12月31日までの期間の「楽天ポイントカードを提示した買い物」について、抽選で100名に50%の還元(最大10,000ポイント)キャンペーンが発表されました。
 
さらに「楽天カード、楽天ペイ、楽天Edy」でマイナポイントに申し込んだ方は当選確率が50倍になります。
 
別途エントリーが必要な点に注意が必要です。詳細は楽天ポイントカードHPをご覧ください。

【参考】楽天ポイントカード

1.マイナポイントの基礎知識

マイナポイントとは、マイナンバーカードを持っている人がキャッシュレスで決済・チャージしたときにポイントが還元される政府の事業です。

ポイント還元率は25%一人当たり最大5,000円還元されます。

還元を受けるためにはキャッシュレスサービスを1つ選択する必要があります。

また、マイナポイントというポイントがあるわけではなく、選択したサービスのポイントが還元されることに注意が必要です。

楽天カード、楽天ペイで申し込んだ場合は「楽天ポイント」が還元されます。楽天Edyの場合は「還元額分のEdy」が付与されます。

マイナポイント事業について、詳しくは以下の記事で解説してますのでご覧ください。

関連記事
マイナポイント
マイナポイントはいつから?マイナンバーカードで25%ポイント還元
【9/1更新】 本日から、マイナポイント還元が始まりました! 【8/12更新情報】 ・25%還元以外に、追加でポイン…[続きを読む]

2.楽天カードでマイナポイントを申し込む

(1)基本情報

対象

2020年9月1日から、2021年3月31日までの楽天カード利用金額に対し25%の還元です。

還元は最大5,000ポイントです。つまり20,000円の利用で5,000ポイントが返ってくることになります。

付与ポイント

楽天の共通ポイントである楽天ポイント(通常ポイント)が付与されます。

有効期限は最後にポイントを獲得した月を含めて1年間です。
期間限定ポイントの獲得、ポイントの利用では有効期限は延長されません。

楽天ポイント期間
画像引用元:楽天

還元時期

2021年3月31日までのカード利用金額が2万円に達するかどうかでポイントの還元時期が変わります。

2万円に達したときは、2万円に達した月の翌々月25日(予定)です。

9月の利用金額が10,000円、10月の利用金額が15,000円の場合
➡この場合10月に2万円に達したため、翌々月の12月25日(予定)に5,000ポイント還元されます。

2万円に達しなかった場合は、2021年5月25日ごろに利用金額の25%分のポイントが還元されます。

2021年3月31日までの利用金額が1万円の場合
➡2021年5月25日ごろに2,500ポイントが還元されます。

(2)メリット

マイナポイントの申し込みを楽天カードで行うメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 楽天カードは使える場面が多い
  • QRコード決済や電子マネーに慣れていない人は、カード払いのほうが楽
  • 楽天ポイントは貯まりやすく使いやすい
  • カード利用ポイントの1%と合わせて、最大26%の還元

楽天カードは使える場面が多い

楽天のサービスは様々で使い勝手のいいカードだといえます。加えてクレジットカードでは税金の支払いなどもできるため、日常的に楽天カードを利用する人におすすめです。

楽天ペイや楽天Edyはちょっと使い方がわからないという方でも、クレジットカードであれば簡単に利用できるのではないでしょうか。

楽天ポイントは貯まりやすく使いやすい

上記の通り楽天の様々なサービスがあるので、還元されたポイントも無理なく使うことができます。

また25%の還元に加えて、通常のカード利用ポイント1%もしっかりと付与されます。

まだカードを持ってない方はこの機会に、お得な楽天カードを活用してみましょう。

【新規入会&利用でもれなくもらえる5000ポイント!】
楽天ポイントがどんどん貯まる! 楽天カード
10分で申し込み完了 ]

年会費は永年無料

年会費は永年無料

様々な場所で使える楽天ポイントがどんどん貯まる。 ポイントの使いやすさは抜群!10年連続顧客満足度ナンバーワン! もちろん10月にスタートしたポイント還元制度の対象です。
入会はこちらから

ポイントキャンペーン

現在「マイナポイント×楽天カード丸わかりクイズ」というキャンペーンを行っており、楽天会員の方が簡単なクイズに答えるだけで、毎月100,000人に抽選で最大10,000ポイントが当たります

キャンペーン期間は2020年7月29日(水)から2021年3月31日(水)です。

【外部サイト】楽天カード

(3)注意点

マイナポイントの申し込みを楽天カードで行う場合の注意点を挙げます。

  • マイナポイントに申し込んだ日以降のカード利用に対して還元される
  • 利用金額が2万円に達した場合と達していない場合で還元時期が異なる
  • 家族カード会員は申し込みできない(家族カード利用分は本会員の還元対象)
  • 独自の還元キャンペーンはやっていない

他のサービスでも同様ですが、マイナポイントに申し込んだ日以降のカード利用に対して還元されます。

また、WAONやSuicaのようにポイント上乗せキャンペーンを行っていない点には注意が必要です。

関連記事
mynumber_suica
Suicaでマイナポイントをお得に獲得しよう!
画像引用元:JRE POINT 1.マイナポイントの基礎知識 マイナポイントとは、マイナンバーカードを持っている人が…[続きを読む]

(4)申し込み手順

マイナポイントを楽天カードで申し込む手順をお伝えします。

  1. マイナンバーカードの発行
  2. マイキーIDの発行・マイナポイントの予約
  3. カードの利用とポイント受け取り

マイナンバーカードの発行

マイナンバーカードの発行はスマホから申請するのが簡単です。

以下の記事の手順に沿って発行しましょう。

関連記事
電話 スマホ 女性
【自撮りでOK】マイナンバーカードをスマホで申請する方法
10万円給付金やマイナポイント還元で話題に上がり始めたマイナンバーカード。この記事ではマイナンバーカードをスマホで申…[続きを読む]

マイキーIDの発行・マイナポイントの予約

こちらもスマホを使って簡単に行うことができます。

関連記事
マイナポイント予約方法
意外に簡単!スマホでのマイナポイントの予約・申込方法
2020年9月からのマイナポイントでポイント還元を受けるためには、事前にマイナポイントの予約が必要です。 マイナンバ…[続きを読む]

注意点として、マイナポイントの予約は楽天カードアプリから行います。各自アプリのインストールが必要となります。

カードの利用とポイント受け取り

2020年9月1日以降(マイナポイント申込日以降)のカード利用に対して還元されます。

3.楽天ペイでマイナポイントを申し込む

(1)基本情報

楽天ペイについて基本的なことから知りたい人は、先にこちらの記事を読むことをおススメします。

関連記事
楽天ペイ
楽天ペイの特徴と使い方、チャージ・支払い方法
楽天市場をよく利用する人や、楽天カードを持っている人に絶対オススメなのが「楽天ペイ」です。 お買いものでためた楽天ス…[続きを読む]

対象

2020年9月1日から、2021年3月31日までの店舗での楽天ペイ利用金額に対し25%の還元です。

利用金額の上限は20,000円で、還元は最大5,000円です。

付与ポイント

楽天の共通ポイントである楽天ポイント(通常ポイント)が付与されます。

有効期限は最後にポイントを獲得した月を含めて1年間です。

還元時期

楽天ペイを利用した月の翌々月末日頃に、1か月の合計金額に対して還元されます。

9月の利用金額が10,000円の場合は、11月末ごろに2,500ポイントが還元されます。

(2)メリット

マイナポイントの申し込みを楽天ペイで行うメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 最大26.5%還元(楽天カード利用分0.5%、楽天ペイ利用分1%、マイナポイント25%)
  • 街で使える店が多い
  • ポイント払いもポイント還元の対象

最大26.5%還元される

楽天カードを利用している人は、「楽天キャッシュ」にチャージしてから「楽天ペイ」で支払いすることで、1.5%還元されます。

クレジットカードでチャージするという手間がかかりますが、一番お得に利用できる方法です。

マイナポイントによる還元の25%と合わせると、最大26.5%の還元となり、楽天カードと楽天Edyよりも高い還元率となります。

街で使える店が多い

楽天ペイはコンビニ、ドラッグストア、飲食店、家電量販店など様々な店舗で利用できます。

楽天ペイに対応している店舗は順次拡大予定ですし、普段の買い物で無理なくポイントを貰えるのが魅力です。

ポイント払いも対象

楽天ペイでは、獲得済みの楽天ポイントを使って支払いができます。

楽天ポイントで支払った分についてもマイナポイント事業による25%の還元を受けることができます。
ポイントを消費しながら還元も受けることができる一石二鳥な使い方です。

なお通常ポイントだけでなく、期間限定ポイントを利用した場合でも還元されます。

(3)【8/19追記】楽天ペイでマイナポイント予約で、最大5,800ポイント付与!

楽天ペイでマイナポイントを申し込み、20,000円利用すると500ポイント上乗せされるキャンペーンが実施されます。もともとの26.5%の還元と合わせて5,800ポイントとなります。

楽天ペイで最大のポイントを獲得する方法をまとめます。

  1. 楽天カードで楽天キャッシュに2万円チャージ
  2. 楽天キャッシュを使って2万円買い物する

まず楽天キャッシュにチャージしたことで、カード利用ポイントとして100ポイント(0.5%)が付与されます。

その後2万円の利用に対して、楽天ペイから200ポイント(1%)とキャンペーンの500ポイントが付与されます。

マイナポイント事業の5,000ポイントと合わせると、最大5,800ポイントの獲得となります。

※9/30までのマイナポイントの申し込みが必要です。キャンペーン発表前に申し込んだ人も対象です。

(4)注意点

楽天ペイでマイナポイントを申し込む時の注意点は2点あります。

1つ目は、楽天ペイで決済したときの1%還元キャンペーンですが予告なしに終了する可能性があるということです。
楽天ペイで申し込む大きなメリットの1つなので、キャンペーンの終了は考えにくいですが念のため注意が必要です。

2つ目は、マイナポイント還元の対象外となる支払い等があることです。
例えば、楽天ペイのうち「オンライン決済」や、「楽天キャッシュへのチャージ」、「楽天ポイントカードでのポイント払い」は対象外となります。

(5)申し込み手順

マイナポイントを楽天ペイで申し込む手順をお伝えします。

  1. マイナンバーカードの発行
  2. マイキーIDの発行・マイナポイントの予約
  3. 楽天ペイの利用とポイント受け取り

楽天カードの時と同様に、マイナンバーカードを手にしたあと楽天ペイアプリから申し込みを行います。

4.楽天Edyでマイナポイントを申し込む

(1)基本情報

対象

2020年9月1日から2021年3月31日までの、楽天Edyへのチャージ金額に対して25%の還元です。

楽天Edyを利用した買い物金額ではないことに注意が必要です。

  • 楽天Edyに5,000円チャージした ➡ 1,250円分のEdyが還元
  • 5,000円の買い物を楽天Edyで支払った ➡ 還元無し

付与ポイント

楽天Edyにチャージした金額の25%分のEdyが付与されます。

受取期限があるため注意が必要です。詳しくは後程説明します。

還元時期

楽天Edyにチャージした翌月10日に、1か月のチャージ金額合計の25%の楽天Edyがまとめて付与されます。

例えば9月のチャージ金額が10,000円だった場合は、10月10日にが2,500円分のEdyが付与されます。

(2)メリット

楽天Edyで申し込むメリットを挙げます。

  • チャージ金額に対する還元のため、無理に買い物する必要がない
  • 楽天Edyで支払える店が多い(全国77万店舗)
  • 楽天カード、楽天ペイと比べて還元時期が早い

最大5,000円分の還元を受けるためには、20,000円以上の利用が必要となります。

楽天Edyならチャージ金額に対する還元なので、還元を受けるために無理に買い物をする必要がありません。(クレジットカードだと利用金額に対する還元になってしまう)

還元までも1か月と時間がかからない点も大きなメリットです。

(3)【8/19追記】楽天Edyでマイナポイント予約で、毎月最大20,000円分のEdyが当たる

楽天Edyでマイナポイント予約し、毎月1,000円以上をチャージすると毎月最大20,000円分のEdyが当たるキャンペーンが発表されました。

このキャンペーンで当たるポイントは以下の通りです。

  特典のEdy 当選者の数
1等 20,000円分 100名
2等 10,000円分 150名
3等 5,000円分 250名
4等 1,000円分 500名
はずれた場合 500万円分を山分け
(上限500円)
外れた方

第一弾のキャンペーン期間が、9月1日~9月30日となります。

応募条件は楽天Edyのマイナポイントの登録と、1,000円以上のチャージです。
特典付与日は、キャンペーン翌月末頃です。また、付与後90日以内に特典を受け取る必要があります。

このキャンペーンは5か月連続で行われます。
重複して応募することもできますが、その場合も毎月1,000円以上のチャージが必要となることには注意が必要です。

【参考】楽天Edy

(4)注意点

注意点は、還元されたEdyを受け取る作業が必要になることです。

還元されたEdyはファミリーマートの「Famiポート」やスーパー等に置いてある赤いチャージ機、スマートフォンで受け取ることができます。

この手間が少し面倒に感じる方もいるかもしれません。

【外部リンク】楽天Edy

(5)申し込み手順

マイナポイントを楽天Edyで申し込む手順をお伝えします。

  1. マイナンバーカードの発行
  2. マイキーIDの発行・マイナポイントの予約
  3. 楽天Edyへのチャージとポイント受け取り

基本的には楽天カード、楽天Edyの場合と同じ手順です。

楽天Edyの場合は、還元されたEdyを受け取るための作業が必要になることに注意が必要です。

5.まとめ

ここまで、楽天カード、楽天ペイ、楽天Edyでマイナポイントを申し込む場合を説明してきました。

最後にケース別におすすめの申し込み方法を考えてみたいと思います。

  • 様々な楽天のサービスを利用している、QRコードや電子マネーは使い慣れていない
    ➡ 「楽天カード
  • 還元率の高さを重視している、楽天ポイントが貯まっていて使いたい
    ➡ 「楽天ペイ
  • 電子マネー(チャージするタイプ)を使いたい、早く還元を受けたい
    ➡ 「楽天Edy

自分の生活スタイルやお金の使い方に合わせて、申込方法を選びましょう。

各社のキャンペーンを比較してから決めたい!という方は、「マイナポイントのキャンペーンまとめ|何ペイが一番お得?【最新版】」をご覧ください。

【新規入会&利用でもれなくもらえる5000ポイント!】
楽天ポイントがどんどん貯まる! 楽天カード
10分で申し込み完了 ]

年会費は永年無料

年会費は永年無料

様々な場所で使える楽天ポイントがどんどん貯まる。 ポイントの使いやすさは抜群!10年連続顧客満足度ナンバーワン! もちろん10月にスタートしたポイント還元制度の対象です。
入会はこちらから

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事