自動車税をクレジットカードで支払うとポイントが貯まってお得!

自動車税納税通知書

税金をクレジットカードを支払うというイメージはあまりないですが、実は2017年1月4日から国税をクレジットカードで支払うことができるようになりました。それ以前にも、一部の自治体では地方税のクレジットカード払いに対応していましたが、より広く適用される流れになっています。

ただ、国税とはいっても全ての税金がクレジットカードで納付できるわけではありません。支払う税金の種類に応じて対応している支払い方法を利用してみましょう。

今回は「自動車税」のクレジットカード払いについて解説していきます。

1.自動車税はクレジットカードで払える?

結論から言えば、自動車税をクレジットカードで納付することはできます。

年間数万円の支払いをクレジットカードで支払えればポイントが貯まってお得ですし、その他の支払いとまとめることができれば請求時期を揃えることができます。

では、自動車税のクレジットカード払いについて詳しい内容を見ていきましょう。

(1)クレジットカードで支払える税金

クレジットカードで支払いができる税金は自動車税だけではありません。

まずはクレジットカード払いに対応している税金の種類を紹介していきます。

税金区分 国税 地方税(※)

所得課税

・申告所得税
・源泉所得税(告知分)
・法人税
・地方法人税
・地方法人特別税
・個人事業税
・法人事業税
・法人住民税

資産課税

・相続税
・贈与税
・登録免許税(告知分)
・印紙税
・固定資産税、都市計画税
・不動産取得税

消費課税

・消費税
・酒税
・たばこ税、たばこ特別税
・石油税
・石油石炭税
・石油ガス税
・航空機燃料税
・電源開発促進税
・揮発油税
・地方揮発油税
・自動車重量税(告知分)
・国際観光旅客税
・地方消費税
・地方たばこ税
・自動車税

※クレジットカード払いに対応している地方税は、自治体によって異なります。こちらは東京都の一例です。

関連記事
税金 クレジットカード
税金をクレジットカードで払うとポイントがたまります!
2017年1月4日より国税をクレジットカードで支払うことができるようになりました。 また、一部の自治体では以前から、…

上記のように一部の国税と地方税がクレジットカード払いの対象となっています。消費課税の項目の「自動車重量税」は車の重さに対して課される税金であり、車を所有することに対して課される「自動車税」とは異なります。

ちなみに自動車重量税は「国税」ですが、自動車税は「地方税」です。

(2)自動車税の支払い時期は?

自動車税の支払いは毎年5月に送付される納付書に基づいて行われます。従来であれば、納付書に対応した金融機関の窓口やコンビニに行って税金を支払うのが一般的でしたが、クレジットカード払いを利用すれば簡単な手続きでスムーズな支払いが可能となります。

2.自動車税のクレジットカード払いに対応している自治体は?

自動車税は「地方税」であるため、クレジットカード払いに対応しているかどうかは自治体によって異なります。自分が住んでいる都道府県が自動車税のクレジットカード払いに対応しているかを必ず確認しておきましょう。

(1)自動車税のクレジットカード払いができる都道府県

自動車税のクレジットカード払いに対応しているかどうかはお住いの自治体の公式サイトなどから確認できます。
現時点で確認できる都道府県は以下のようになっています。

北海道・東北 北海道、青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、秋田県
関東 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県
北陸 新潟県、富山県、福井県
中部 長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
近畿 三重県、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、滋賀県、京都府
中国・四国 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県
九州・沖縄 福岡県、佐賀県、大分県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

全国各地ほとんどの自治体で自動車税のクレジットカード払いに対応しています。対応していないのは「徳島県」と「高知県」の2県のみです。

京都府や滋賀県は2018年までクレジット払いには未対応でしたが、令和元年度からクレジットカードによる納付に対応するようになりました。残りの2県に関しても対応するのは時間の問題かといえます。

(2)クレジットカードで支払う方法は?

自動車税のクレジットカード払いに対応している自治体では、自動車税を納付するための専用WEBサイトを用意しています。こちらにアクセスして、手続きを経ることでクレジットカードによる支払いができます。

また、自治体で用意されたWEBサイト以外でも「Yahoo!公金支払い」を利用できます。
「Yahoo!公金支払い」による自動税のクレジット払いに関しては一部自治体が対応しています。

詳しくは「Yahoo!公金支払い-自動車税-」をご覧ください。

(3)東京都の場合

一例として東京都が用意している都税のクレジットカード払い専用サイトを見ていきましょう。

まずは「都税クレジットカードお支払サイト」にアクセスしてみてください。

WEBサイトから都税のクレジットカードによる支払い手続きが行えます。
支払いができる税金は以下のようになっています。

  • 自動車税種別割、自動車税
  • 固定資産税、都市計画税(23区のみ)
  • 固定資産税(償却資産)(23区のみ)
  • 個人事業税
  • 不動産取得税
  • その他(法人都民税・法人事業税等)

利用できる国際ブランドはこちらです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners Club
  • TS CUBIC CARD

手続き前に「納税通知書」と「納付書」を用意し、書類に記載された番号などを入力、支払い情報の入力などの手続きを行えば支払いが完了します。

3.自動車税をクレジットカードで支払うメリットは?

自動車税をクレジットカードで納付するメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
従来の納付方法と比較しながら紹介していきます。

(1)家でパパッと納付手続きができる

家の中で納付手続きが完結するというのは大きなメリットです。金融機関の窓口やコンビニなどに行く必要がなく、WEBサイトから納付番号や支払い情報を入力するだけで簡単に納付手続きができるので時間がかかりません。

忙しくて自動車税の支払いに時間が割けない人でも、家にいながら数分で手続きが完了するのは大きなメリットですね。

(2)ポイントが貯まる

クレジットカードで支払うわけですから当然クレジット利用によるポイントが貯まります。年間数万円かかる自動車税をクレジット払いするわけですから、還元されるポイントも見逃せません。

(3)リボ払いを使えば分割での支払いも可能

自動車税自体を分割で支払うことはできませんが、クレジットカードからの請求に対してリボ払いを設定しておけば、実質的な分割払いも可能です。
自動車税は一括納付が基本ですが、クレジットカードの特性を利用することで分割納付ができるようになります。

(4)支払い時期を一定にできる

税金の支払いだけではなく、生活費や通信費の支払いなど現金で行っていると納付時期や支払日がバラバラで管理が大変になります。
クレジットカード払いなら請求日が毎月一定で、請求金額を一括で支払えばいいので支出の管理も楽になるでしょう。

関連記事
自動車 税金
d払いで自動車税の支払いはできるの?
自動車には逃れることのできない「自動車税」があり、少しでも安く抑えたいと思いますよね。 そこで気になるのが、QR/バ…

4.注意点

自動車税をクレジットカード払いで納付する際の注意点をまとめていきます。メリットばかりではないので必ず目を通しておくようにしましょう。

(1)決済手数料がかかる

自動車税のクレジットカード払いには「決済手数料」が発生します。決済手数料の金額は自治体によって異なりますが、例えば東京都では以下のようになっています。

税額 決済手数料(税抜)
1円〜10,000円 73円
10,001円〜20,000円 146円
20,001円〜30,000円 219円
30,001円〜40,000円 292円
40,001円〜50,000円 365円
以降、税額が10,000円増えるごとに決済手数料73円(税抜)が加算される

(2)納付証明書の発行に時間がかかる

自動車税を納付したことを証明する「納付証明書」。
自動車税をクレジットカード払いで納付するとこの「納付証明書」の発行に時間がかかってしまいます。
自治体によっても発行時間が異なりますが、平均的に2〜3週間かかります

東京都でも「都税事務所等での納税証明書(車検用含む)の発行及び運輸支局での納税確認ができるようになるまでに、お支払手続き完了日から最大10日程度かかります。」(https://zei.metro.tokyo.lg.jp)と記載しています。

自動車税の納付証明書は車検を受ける際に必須となるため、車検の期限が迫っている場合などにはコンビニや金融機関の窓口から納付手続きを行った方がいいでしょう。

(3)納付期限に注意

自動車税の納付に定められた期限を過ぎると延滞金などが発生します。また、納付期限を過ぎてしまうとクレジットカード払いができなくなるので注意してください。

まとめ

自動車税をクレジットカード払いで納付すれば、家にいながら短時間で手続きができ、ポイントも貯まってお得です。

注意点などをしっかり把握し、自分が住んでいる自治体の納付サイトを確認してみてください。

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事