自動車税はいつ・どうやって払うの?

自動車税

「自動車税」は自動車を所有している人にかかる税金です。

「自動車税っていつ払えばいいの?」「どうやって払うの?」「払わないとどうなるの?」などの疑問をお持ちの方のためにこの記事では自動車税の基本的な知識について解説します。

1.自動車税とは?

「自動車税」は自動車を所有する人に対して毎年課される税金を指します。

2019年10月1日からは、所有する車種に応じて課される「自動車税種別割」「軽自動車税種別割」に名称が変更されており、税率の引き下げが行われています。

自動車税の基本的な内容や変更内容について詳しく見ていきましょう。

(1)自動車税は車種・総排気量で税額が決まる

自動車税は「車種」と「総排気量」の2つの要素で税額が決められます。

「車種」には「乗用車」「軽自動車」の2つがあり、乗用車に対して「自動車税種別割」、軽自動車に対して「軽自動車税種別割」が課されます。

「総排気量」は「1000cc以下」から「6000cc超」まで10段階に区分けされており、軽自動車に関しては総排気量に関わらず一律となっています。

また、2019年10月1日から自動車税の引き下げが行われ、2019年10月1日以降に登録された自動車(軽自動車は除く)の税金が減額されています。

なお、軽自動車にかかる税額は変わりません。

これらの内容を踏まえて自動車税の税額を以下の表でまとめていきます。

車種総排気量税額
2019年9月30日
までに登録
2019年10月1日
以降に登録
乗用車1,000cc以下29,500円25,000円
1,000cc超1,500cc以下34,500円30,500円
1,500cc超2,000cc以下39,500円36,000円
2,000cc超2,500cc以下45,000円43,500円
2,500cc超3,000cc以下51,000円50,000円
3,000cc超3,500cc以下58,000円57,000円
3,500cc超4,000cc以下66,500円65,500円
4,000cc超4,500cc以下76,500円75,500円
4,500cc超6,000cc以下88,000円87,000円
6,000cc超111,000円110,000円
軽自動車一律10,800円10,800円

基本の税額はこのようになります。

これに加えて環境性能に優れた自動車「エコカー」に乗ることによる減税措置や長く乗っている自動車に対して税金が重課される制度があるので併せて確認していきましょう。

(2)エコカーに乗ると自動車税が減税される

環境性能に優れたエコカーに乗ることで自動車税を25%~70%減らせる「グリーン化特例」という制度があります。

2021年3月31日までに登録された自動車の燃費基準の達成度合いに応じて減税額が決定され、翌年度分の自動車税に対して優遇措置が適用されます。

グリーン化特例 自動車税種別割
2020年度基準+10%達成概ね50%減税
2020年度基準+30%達成概ね75%減税
次世代自動車概ね75%減税
グリーン化特例 軽自動車税種別割
2020年度基準+10%達成概ね25%減税
2020年度基準+30%達成概ね50%減税
次世代自動車概ね75%減税

環境性能に優れた自動車に乗ると税額を大幅に減らせるのでお得です。

(3)長く乗ると自動車税の負担が大きくなる

環境に優しい自動車に対する減税措置を行うと同時に、環境負荷の大きい年数が経過した自動車に対しては税負担が大きくなる仕組みとなっています。

車種や経過年数に応じた増税分は以下の表を確認してください。

自動車税種別割ガソリン車、LPG車 : 13年超
ディーゼル車 : 11年超
概ね15%増
軽自動車税種別割13年超概ね20%増

ただし、電気自動車や天然ガス自動車といった環境に優しいエコカーについては税負担増加の対象外となっています。

2.自動車税はいつ・どうやって支払う?

自動車税を納税する際の知識について解説していきます。

「いつ納付書が届いて、いつまでに支払えばいいのか」「どんな支払い方法があるのか」を確認していきましょう。

また、納税にまつわる疑問点などにも答えていきます。

(1)自動車税の納付時期は?

自動車税は毎年4月1日時点で自動車を所有している人が納税対象となります。

毎年5月ごろに納付書が送付され、原則として5月末までに支払わなければなりません。

納付時期が1ヶ月と短いため支払い忘れに注意しなければなりません。

※2020年は、5月31日が日曜日ですので、6月1日(月曜日)が納付期限となります。

自動車税を滞納してしまうと「延滞金が発生する」「車検に通せなくなる」「給料や車が差し押さえられる」といったリスクが発生するので必ず支払いましょう。

また、新型コロナウイルスの影響による収入減などで納税が困難な場合には、自治体によって1年間の徴収猶予などの対応を受けられます
詳しくは、「新型コロナウイルスで支払い困難!税金や社会保険料は免除されるの?」の記事をご覧ください。

(2)自動車税の支払い方法は?

自動車税の支払い方法には以下のものが挙げられます。

  • 納付書払い
  • 口座振替
  • クレジットカード
  • Pay-easy(ペイジー)
  • 電子マネー
  • QR決済

コンビニや金融機関の窓口で納付を行うものもあれば、スマホやネット上から納税できる仕組みも用意されています。

支払い方法によってはポイントも貯められるのでお得です。

(3)支払い方法は自治体によって異なる

自動車税の支払い方法は各自治体によって異なります。

基本的に「納付書払い」「口座振替」についてはどの自治体ても対応していますが、それ以外に関しては自治体によって使えないケースもあります。

お住いの自治体がどの支払い方法に対応しているかをチェックして利用してみてください。

(4)納税証明書を紛失してしまったら

自動車税を納税すると「納税証明書」が発行されます。納税証明書は車検を受ける際に提示する必要があるためきちんと保管しなければなりません。

もし納税証明書を紛失してしまった場合は、各自治体の「自動車税事務所」で再発行手続きを行ってください。

手続きには「車検証」「納税を行った領収書」「身分証明書」といった必要書類を用意しなければなりません。(※自治体によって必要書類が異なるので要確認)

3.自動車税の支払いにおすすめなキャッシュレス決済は?

自動車税の支払いには「クレジットカード」や「電子マネー」「QR決済」といったキャッシュレス決済が利用可能です。

自治体によって対応しているかどうかは異なりますが、これらの決済方法を使えば便利な上にポイントも貯められてお得です。

ここでは、自動車税の納税におすすめなキャッシュレス決済を紹介していきます。

(1)クレジットカード

「自治体の納税サイト」や「Yahoo!公金払い」といったサービスを介してクレジットカードによる納付が可能です。

決済手数料などがかかってしまいますが、ネット上で納付が行えクレジット分のポイントが貯まります。

(2)WAON

電子マネーWAONは2020年5月4日から全国のミニストップで自動車税の支払いに対応しています。

WAONでの支払い自体にポイントは付きませんが、WAONへのチャージをクレジットカード(イオンカード)で行うことでチャージ分の0.5%がポイント還元されます。

(3)nanaco

セブンイレブンでは電子マネーnanacoを使った自動車税の納付が可能です。

こちらも納付自体でのポイントは貯まりませんが、nanacoへのチャージをクレジットカードで行うことでポイント還元が受けられます。

ポイント還元率はご利用のクレジットカードによって異なります。

参考:自動車税はnanacoでお得に納税を!

(4)PayPay

QR決済のPayPayでは、自動車税の納付が可能な「請求書払い」という機能が備わっています。

納付書のバーコードをPayPayで読み取るだけで支払いができ、納付額の0.5~1.5%のPayPayボーナスが還元されます。

自動車税の請求書払いに対応した自治体については以下から確認してください。

【参照】PayPayが使えるお店/サービス

(5)LINE Pay

LINE PayでもPayPayと同様に請求書払いに対応しています。

しかし、PayPayのようなポイント還元は用意されていないので注意してください。

対応している自治体は以下から確認できます。

【参照】「LINE Pay請求書支払い」を活用する

(6)FamiPay

ファミリーマートでFamiPayを使って自動車税を納付できます。

納付自体にポイント還元はありませんが、ファミマTカードを使ってチャージした分の金額に対して0.5%のTポイントが貯まります。

納付可能な自治体についてはアプリ上から確認できます。

まとめ

自動車税について、まとめます。

対象者4月1日時点で自動車を所有している人
期限5月末
金額車種と総排気量によって異なる
納税方法・納付書払い
・口座振替
クレジットカード
・Pay-easy(ペイジー)
・電子マネー(WAON、nanaco)
・QR決済(PayPayLINE Pay、FamiPay)

キャッシュレスで支払うと、ポイント還元を受けられるものもあります。

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!