年末調整

会社員・公務員などのサラリーマンや、パート・アルバイトの人は、毎回支払われる給与から税金を差し引かれています。
ただ、この差し引く税金は、あくまでも仮の金額ですので、最終的な税金の金額は、その年のすべての給与を支払い終わった年末に決まります。

そこで、「年末調整」といって、会社側で調整をします。税金が不足していれば追加で差し引かれますし、税金を払いすぎていれば戻ってきます。

年末調整をするためには、本人の家族の状況や、その年に支払った保険料などの情報が必要になりますので、会社にそれらの情報を提出します。それが「〇〇申告書」と呼ばれるいくつかの書類です。

年末調整の基礎知識【従業員向け】

第1回

サラリーマンなら知っておきたい所得税と年末調整の仕組み

会社員・公務員の方向けに、所得税と年末調整のしくみをわかりやすく解説します。
第2回

年末調整とは?必要書類と書き方一覧

年末調整での必要書類や書き方について解説します。
第3回

年末調整の期限はいつまで?間に合わないとどうなる?

年末調整には期限がありますので、必要書類は早めに会社に提出しましょう。
第4回

アルバイト・パートの年末調整

アルバイト・パートタイマーも条件に当てはまる場合は年末調整を行います。

年末調整で会社に提出する書類

年末調整では、通常、次の3つの書類を会社に提出します。

  1. 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
  2. 給与所得者の配偶者控除等申告書
  3. 給与所得者の保険料控除申告書

それぞれの書き方については、下記のリンクからご覧ください。

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)を受ける方は、「住宅借入金等特別控除申告書」も提出します。

年末調整で控除できないもの

次の3つは、年末調整では控除できませんので、ご自分で確定申告が必要です。

  • 医療費控除
  • 雑損控除
  • 寄付金控除

詳細は下記の記事をご覧ください。

 

「年末調整」の記事一覧

全20件中 1-10件