コンビニのポイント還元とおすすめキャッシュレス比較一覧

コンビニは利用可能なキャッシュレスサービス・ポイント還元サービスが多く、またキャッシュレス決済を利用したお得なキャンペーンも非常に多いです。

しかし一方で、多くのキャッシュレスサービスが使えるからこそ、「たくさんある決済方法から何をどう選んでいいか分からない」という声も多いのが現状です。

今回は2019年10月から開始した消費税増税・キャッシュレス消費者還元事業の影響なども併せて、コンビニのキャッシュレスでの支払い方法やポイント還元について、どの決済方法がお得か等を比較しながらご紹介していきます。

1.4大コンビニのキャッシュレス決済対応状況

ひとえにコンビニと言っても様々な事業者がサービス提供を行っています。

今回は、下記4つの大手コンビニチェーンに絞って解説して参ります。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ

(1)コンビニで使えるクレジットカード/デビットカードの種類

4大コンビニチェーンでは、下表のとおりほとんどのクレジットカード・デビットカード利用できます。

クレジットカード/デビットカード
VISA
MasterCard
JCB
AMERICAN EXPRESS
Diners Club

また、上記国際ブランド付きの主要なプリペイドカード(auWALLETプリペイドカード、LINE Payカード、ソフトバンクカード、dカードプリペイド、Kyash Card)なども利用可能です。

*具体的なおすすめクレジットカードの詳細は「3.コンビニでおすすめの3大隠れ高還元クレジットカードとは?」にて後述します。

(2)コンビニで使える電子マネーの種類

4大コンビニで利用できる主な電子マネーは下表のとおりです。

電子マネー
Suica Kitaca
PASMO はやかけん
ICOCA 楽天 Edy
manaca nanaco
nimoca iD
PiTaPa QUICPay
TOICA WAON
SUGOCA    

上表のとおり、SUICA・PASMOをはじめ交通系電子マネーはほとんど利用可能ですが、PiTaPaのみローソン・ファミリーマートの一部店舗以外は利用不可です。

また、特筆すべきは「nanaco」「WAON」が利用できる店が限定されている点です。下表をご確認ください。

nanacoに対応しているコンビニ セブンイレブン
WAONに対応しているコンビニ ローソン、ミニストップ、ファミリーマート

以上のように、コンビニに限っては、nanacoやWAONよりも交通系電子マネーの「Suica」やポストペイ型の電子マネー「iD」「Quicpay」の方が使い勝手が良いと言えるでしょう。

(3)PayPay・楽天ペイ・d払いに対応!キャンペーン満載のQRコードアプリ決済

次にQRコード決済の種類についてです。また主な通常還元率についても記載しました。

QRコード決済
PayPay(ペイペイ) *通常還元率0.5%に改悪
楽天ペイ *通常還元率0%
LINE Pay(ラインペイ) *通常還元率0.5~2.0%。なおクーポンを発行している場合あり
d払い *通常還元率0.5%
Origami Pay *サービス終了
メルペイ *通常還元率0%
au PAY *通常還元率0.5%
Alipay /
WeChatPay /
QUOカードPay /
ゆうちょPay /
ファミペイ *通常還元率0.5%

上表のとおり、主要なQRコード決済はほとんど利用可能ですが、下記4つのコード決済は未対応のコンビニチェーンがあります。

QUOカードPay ローソンのみ
Origami Pay ローソン、ミニストップのみ
ゆうちょPay セブンイレブン、ミニストップ、ファミリーマートのみ
ファミペイ ファミリーマートのみ

また現在行われている主要なキャンペーンについては下記記事が詳しいので併せてご参照ください。

関連記事
スマホQRコード決済キャンペーンまとめ
スマホQRコード決済キャンペーンまとめ【2020年9月】
「PayPay」「LINEPay」「au Pay」「d払い」などで現在行われている、還元率の高いキャンペーンをまとめ…[続きを読む]

(4)dポイント・Tポイント・楽天スーパーポイント・Pontaの還元率

共通ポイントの対応状況と還元率は下記の通りとなります。

共通ポイント
Tポイント ファミリーマート 200円(税込)につき1ポイント
楽天スーパーポイント ファミリーマート 200円(税込)につき1ポイント
dポイント ローソン、ファミリーマート ローソン:100円(税抜)で1ポイント
ファミリーマート:200円(税込)で1ポイント
Ponta[ポンタ]ポイント ローソン 100円(税抜)で1ポイント

特に「楽天スーパーポイント」「dポイント」は、2019年から2020年にかけて順調に躍進を続けており、使える店舗が増えています。

また、楽天スーパーポイントの場合、「デイリーヤマザキ」「ポプラ」「くらしハウス」「スリーエイト」「生活彩家」など、4大コンビニ以外でも利用でき、共通ポイントの中ではコンビニで利用するには便利なポイントと言えるでしょう。

2.キャッシュレス消費者還元事業・軽減税率の対応状況

(1)【終了】2%値引きあり!4大コンビニは対象

4大コンビニチェーンでは、消費税引き上げとともに2019年10月から始まった「キャッシュレス消費者還元事業」の加盟店であり、ポイント還元の対象でした。

ただし他の業種と異なり、数か月後にポイント還元されずに、レジで決済した際にレシートに「キャッシュレス還元額」と記載され、合計金額からその場で2%値引きされる仕組みを独自で導入しています。

2020年6月をもって、キャッシュレス消費者還元事業は終了しました。

*なお、キャッシュレス還元は高額であればあるほどお得になります。特にユーザーの関心が強いのが「タバコ」や「納税」です。タバコについてはd払いの記事が参考になるでしょう。

関連記事
d払い たばこ
d払いでタバコをお得に購入しよう!
なかなか安く買うことができない「たばこ」。税金は年々増加するものの、値下げは行われないため、喫煙者の方は悩まれている…[続きを読む]

(2)消費税の軽減税率商品の販売・イートインについて

2019年10月の増税とともに、導入された軽減税率制度が全国で実施されています。

コンビニでは軽減税率対象である食料品が売っており、消費税8%の商品があります。

4大コンビニチェーンすべてでテイクアウト時は8%、イートイン・店内での食事は消費税が10%となります。

3.コンビニでおすすめの3大隠れ高還元クレジットカードとは?

(1)コンビニ名がついているカードはお得ではない?

コンビニでお得なクレジットカードといえば、多くの人はクレジットカード名に「コンビニ名がついているカード」が思い浮かぶかもしれません。

しかし実際には「特約店」や「常時キャンペーン」と称し、お得なサービスを提供しているカードが他にも存在します。下表でご確認ください。

なお、タバコの購入については、後述する「dカード」とともに「d払い」のキャンペーンなどを利用して大量購入するのがお得でしょう。

関連記事
d払い たばこ
d払いでタバコをお得に購入しよう!
なかなか安く買うことができない「たばこ」。税金は年々増加するものの、値下げは行われないため、喫煙者の方は悩まれている…[続きを読む]
カード名 キャンペーン名 対象店舗 最大還元率
JCB CARD W[link] JCB original seriesパートナー セブンイレブン 実質1.5%還元
dカード[link]
dカード GOLD[link]
dカード特約店 ローソン・マツモトキヨシ等 ローソン:「3%割引」+「1%ポイント還元(クレカ決済分)」+「0.5~1%還元(カード提示分)」

マツモトキヨシ:3.0%還元(*dポイントカード提示で最大4.0%還元)/

三井住友カード[link] いつもの利用でポイント5倍! セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルド 実質2.5%還元
ローソンPontaプラス[link] *常時 ローソン 実質4.0%還元(*pontaポイントカードとの二重取りは不可)
ファミマTカード[link] *ブロンズランク時 ファミリーマート 実質2.0%還元
セブンカード・プラス[link] いつでもポイント2倍のお店 セブンイレブン・イトーヨーカドー 実質1.0%還元(*8の日にイトーヨーカドーで5%オフあり)

上表のとおり、コンビニチェーン店名がついたカードよりも「dカード」「dカード GOLD」「三井住友カード」の方がお得なケースが多いです。

例えば、ローソンPontaプラスの場合、ローソンでは4%と高還元ですが、それを含めても「dカード・dカード GOLD」の最大還元率5%に負けてしまっているのが実情です。

(2)通常還元率を重視したい場合は「dカード・dカード GOLD」

上表で紹介したのは、コンビニでの還元率でした。しかし実際生活の中で利用する際には、コンビニ以外で利用した場合の還元率も重要です。

「dカード・dカード GOLD」「三井住友カード デビュープラス(*25才まで)」「JCB CARD W」なら、実店舗で利用してもネット通販で利用しても、「通常の最大還元率が1%」です。

一方、ローソンPontaプラス、セブンカード・プラス、ファミマTカードなどの「通常の還元率は0.5%」になってしまいます。

そのため、通常還元率を重視する場合は「JCB CARD W」「dカード」「三井住友カード デビュープラス」がおすすめです。

なお、ドコモ会員の方は「dカード GOLD」が一番お得になる可能性があるので下記記事を併せてご参照ください。

関連記事
dカード・dカードGOLD
dカード GOLDの特典・メリットとデメリット【2020年最新】
dカード GOLDの還元率・特典って本当にお得なの? dカード GOLDのお得な使い方・貯め方ってあるの? 「dカー…[続きを読む]

【入会&エントリー&ご利用で最大8000ポイント相当プレゼント!】
dカード
10分で登録完了! ]

年会費は永年無料

年会費は永年無料

dカードはポイント還元率が1%と高いお得なクレジットカードです。dカード特約店やdカードポイントアップモールでさらにポイントアップ! また、dカードには「お買い物あんしん保険」など、万が一の際に役立つ保険も付帯しています。 「dカード」はドコモユーザーはもちろん、そうでない方にとってもおすすめの一枚です!
詳細はこちらから

JCBに入ってお得なキャッシュバックキャンペーン好評実施中! キャンペーン期間中に本キャンペーンより指定条件を満たされた方へキャッシュバックを実施しております。
詳細はこちらから

(3)幅広いコンビニ利用・20%還元キャンペーンを利用したい場合は「三井住友カード」

三井住友カードは「デビュープラス」カードを除いて、通常還元率という視点では「JCB CARD W」「dカード・dカード GOLD」に負けてしまいます。

しかし「JCB CARD W」「dカード・dカード GOLD」はコンビニ利用という観点では各1店舗(セブンとローソン)でしかお得にはなりません。

三井住友カードの場合は、「4大コンビニのうち3社」で還元率が2.5%まで上昇し、なおかつマクドナルドでも2.5%還元が実現します。

さらに特筆すべきが現在、三井住友カードは大型キャンペーンを行っています。

  • 30年ぶりのデザイン一新
  • 20%還元キャンペーン

詳しくは、下記のページも併せてご参照ください。

関連記事
三井住友カード 今だけ最大12,000円還元キャンペーン
三井住友カード20%還元キャンペーンの注意点【2020年9月】
三井住友カードのキャンペーンの目玉は、全新規ユーザー向け・カード利用の20%還元(上限12,000円:ポイントではな…[続きを読む]

【20%還元キャンペーン!】
三井住友VISAカード
10分で申し込み完了 ]

初めてのクレジットカードに最適の一枚

初めてのクレジットカードに最適の一枚

三井住友カードを新規入会して対応店舗で利用すると20%のキャッシュバックを受けられます。コンビニやスーパー、ショッピングモールでガンガン購入できます。キャンペーン中の「三井住友カード(旧:三井住友VISAクラシックカード)」がおすすめ!
入会はこちらから

4.まとめ

今話題のキャッシュレスについて、コンビニエンスストアで利用できるかどうかご紹介しました。

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップでは様々なキャッシュレス決済が利用可能で主要なQRコードもほぼ利用可能という点が大きな特徴です。

コンビニでお得になるクレジットカードが存在するので、QRコード決済のキャンペーンの情報と併せて、賢く利用しましょう。

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事