dカード GOLDの特典・メリットとデメリット【2020年最新】

dカード・dカードGOLD
  • dカード GOLDの還元率・特典って本当にお得なの?
  • dカード GOLDのお得な使い方・貯め方ってあるの?

dカード GOLD」はステータスカードの代表格とも言えるゴールドカードの中でも最も所持しやすいカードの1つと言えます。

特にドコモの携帯電話やドコモ光を契約している人は、負担が少なく気軽に申し込めるのでおすすめです。

ただdカード GOLDは年会費が発生するため、上記のような不安や悩みを抱えている人が多いのも実情です。

そこで今回は事前に把握しておくべきdカード GOLDの特典やメリット、デメリットを詳しく紹介していきます。

1.申し込む前に知っておくべきdカード GOLDの特典10個

dカード GOLDはゴールドカードとしてのステータス性だけではなく、スペックや特典などさまざまなメリットが用意されていますが、具体的にはどのようなメリットや特典があるのでしょう。

一つずつ順番に解説して参ります。

(1)3つの機能が集約|dポイント・iD・クレジットカード

dカード GOLDの大きな特徴の1つが「クレジットカード」「電子マネーiD」「dポイントカード」が1枚のカードに集約されていることです。

クレジット機能はもちろん、レジを利用する時に「iDでお願い致します」と頼めば、店頭の端末にスマホをタッチさせるだけでiD払いも可能です。

また、わざわざdポイントカードを別途提示しなくてもdポイントを貯めることができます。

財布の中にさまざまなカードが入っていると整理が面倒でぐちゃぐちゃになってしまう人には特におすすめです。

さらに、dカード GOLDを持つことでdポイントやiD独自のキャンペーンにも参加できる可能性が増えます。

普通のクレジットカードしか今まで利用してこなかった人は、dカード GOLDを持つことでお得にポイントが還元される環境が自動的に揃えられるという訳です。

(2)dカードの入会特典・iDキャンペーンのキャッシュバックは終了。現在はdポイント還元が高額|2020年現在

dカード GOLDは新規入会特典が非常に豪華です。入会+利用+支払い登録などの手続きを行うだけで最大13,000円相当が還元されます。

詳しい還元内容は下記の通りです。もらえるポイントは以前はidキャッシュバックでしたが、現在はdポイントの用途・期間限定ポイントです。

  • 特典1:毎月のドコモの利用料金をdカード払いにするとdポイント1000ポイント進呈
  • 特典2:入会の翌月末までに利用・エントリーで最大10000ポイントのdポイント還元(ご入会からご入会翌月末まで+25%ポイント還元、ご入会翌々月中は+25%還元、それぞれ上限5000ポイント)
  • 特典3:「こえたらリボ」の設定でdポイント1000ポイント、「キャッシングリボ」の設定でdポイント1000ポイント

合計最大13000円のdポイント還元となります

一部はドコモユーザーでなくても還元が受けられる特典となっているので非常にお得です。

また、以前のキャンペーンでは「iDキャッシュバック」というもので、dカードの電子マネー「iD」によるショッピング利用代金から、「iDキャッシュバック」分を請求時に減額するサービスで還元されていました。

2020年3月31日まではプラス2000円相当のiDキャッシュバックが付いてきて、iD利用代金が無料にできるという内容がありましたが、こちらは終了し現在はdポイント期間用途限定なのでご注意下さい。

詳しい内容については、下記の入会キャンペーンページを併せてご覧下さい。

■入会のご案内
dカード GOLD新規入会キャンペーンページ※2020年4月現在 最大13,000円還元

(3)空港ラウンジ無料

ゴールドカードではお馴染みでもある「空港ラウンジ」も無料で利用可能です。

dカード GOLDでは、国内・ハワイの主要空港にあるラウンジに対応しており、フライトまでの待ち時間にリラックスしたり、ドリンクサービスが受けられます。

仕事中の待ち時間に利用するのにもおすすめですし、飛行機に遅延トラブルなどが発生した際も快適な場所で待機することができます。

dカード GOLDで無料利用可能な空港ラウンジの具体的なメリットや注意点は、下記の記事が詳しいので併せてご覧下さい。

関連記事
dカード GOLDの空港ラウンジ特典のメリットと注意点
dカード GOLDの特典「空港ラウンジ無料利用」って本当にお得なの? 具体的にどの空港のどのラウンジが無料利用できる…

(4)携帯料金支払い・ドコモ光の料金から10%還元

dカード GOLDでは、ドコモの携帯料金支払い、ドコモ光の支払いを「dカード GOLD」に設定すると利用料金の10%分(※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント)のdポイントが還元されます(※機種の分割代金は除くのでその点は注意してください)

例えば、ドコモのスマホとドコモ光を利用していた場合、dカード GOLDで還元されるdポイントは以下のようになります。

  • ドコモ光:月額5,200円(戸建てタイプA)
  • ドコモのスマホ:月額2,980円(ギガライト)
  • 合計:月額8,180円
  • →月800ポイント還元
  • →800ポイント×12ヶ月=9,600ポイント

dカード GOLDの年会費は10,000円(税抜)なので、10%還元分だけだけでも年会費を相殺するぐらいのポイントが得られます。

さらに、家族カード(年会費無料)を発行して、家族会員もドコモのスマホを利用していれば、そこからも10%分のdポイントが還元されます。

この場合、年会費を容易に相殺するどころか、通常還元率がクレジットカードの中で最高水準に高くなるケースが発生します。

家族・親族でグループを組んでドコモを契約している人はもちろん、携帯は契約していないけど家のネット回線をドコモ光に変えようと考えている人にもおすすめのカードです。

 

(5)国内・海外保険自動付帯(医療保険等)

国内外に旅行する機会が多い人にとってクレジットカードに付帯している「旅行保険」は非常に重要です。

海外で怪我や病気などになって治療を受けた場合、国によっては高額な医療費を請求されるケースも考えられます。

こういった事態に対応するためにも旅行保険が充実したクレジットカードを1枚でも持っておくと安心です。

dカード GOLDでは「海外旅行保険:最大1億円」「国内旅行保険:最大5,000万円」という保険が付帯しています。

家族会員にも保険が適用されますし、海外旅行保険なら本人会員と「生計を一にする配偶者」「19歳未満で同居の親族」「19歳未満で別居の未婚の子供」も対象になります。

また、旅行保険で確認しておくべき事項の1つの「付帯条件」については、「海外旅行保険:自動付帯」「国内旅行保険:利用付帯」となっています。

「利用付帯」の場合、あらかじめ宿泊代や航空機・船舶などの搭乗費用を、dカード GOLDで支払っていなければ、保険は適用されないことに注意が必要です。

*「dカード-海外旅行保険-
*「dカード-国内旅行保険-

(6)ケータイ補償|iPhoneやAndroidユーザー向け

ドコモの携帯電話を利用している人への補償もあります。

補償期間は「端末購入から3年間」、補償額は「最大10万円」が受けられます。

ただし全損をしている携帯や紛失/盗難してしまったスマホ等が補償対象であり、修理可能な端末は補償されません

実際は、スマホを購入後「紛失してしまった!」という、再度購入しなければならない状況の場合に利用するケースが多いです。

同一機種・同一カラーを「dカード GOLD」で購入さえすれば、購入代金分(上限10万円)がキャッシュバックされます。

ちなみに、これはドコモ携帯の契約時のみに入会可能な「ケータイ補償サービス」とは別です。

ケータイ補償サービスの場合は全損でなくてもディスプレイ割れなどにも利用できるためメリットも大きいですが、月額料金330円~1000円(税抜)程かかり、年間にするとかなりの額になってしまいます。

一方、dカード GOLDの場合は年会費はかかりますが、補償は無料で付帯されてお得と言えます。

*「dカード-ケータイ補償-

(7)dカード年間ご利用額特典で10,800円・21,600円のクーポン還元

dカード GOLDは年会費10,000円(税込)で、この部分がネックになっている人も多いでしょう。

dカード GOLDでは年間の利用金額(ドコモの携帯料金だけではなくスーパーやネット通販で利用した総額)に応じて特典が付与されます。

これは、クレジットカードで年間総額100万円以上利用できる方におすすめの特典です。

100万円(税込)以上の利用で10,800円相当、200万円(税込)以上の利用で21,600円相当のクーポンが進呈されます。

これだけでもdカード GOLDの年会費分の元がとれてしまいます。

クーポンの種類は現在は下記の通りです。

  • ケータイ購入割引クーポン
  • dfashionクーポン
  • dトラべルクーポン
  • dショッピングクーポン
  • dデリバリークーポン

クレジットカードの利用額が多い人や、電気代やガス代、通信費などの支払いをdカード GOLDに完全集中できる人におすすめです。

(8)ローソンで最大5%還元!|dポイント特約店ならポイントアップ

「dカード GOLD」の場合、通常還元率が1.0%で元々相場より高めですが、dポイント特約店で利用すると、還元率が大幅に上昇します。

例えば、ローソンでdカード GOLDを使うとショッピングポイント1.0%分+dポイントカード分1.0%+特約店割引3.0%の合計5.0%還元となります。

その他にもマツモトキヨシでは4.0%還元など、dカード GOLDを使ったお買い物やサービス利用でポイントアップが狙えます。

ポイントアップ店は40店舗以上ありますが、特に還元率が3%を超える特約店を下記に紹介致します。

  • ローソン
  • マツモトキヨシ
  • スターバックスカード(チャージ)
  • ドトールバリューカード(チャージ)
  • サカイ引越センター
  • 日経ビジネス(定期購読料金)
  • ビッグエコー
  • オリックスレンタカー(*iDの利用が必須)
  • 高島屋免税店SHILLA&ANA(空港型市中免税店)
  • リンベルオンラインショップ(ギフト系)
  • ClubMed(バカンス会社)

上記の中でも、特に馴染み深いのが、ローソン、マツモトキヨシ、スターバックス、ドトールでしょう。これらの店舗をよく利用する方は、dカード GOLDでのポイント提示・支払いをおすすめします。

スターバックスについては、下記記事も併せてご参照ください。

関連記事
スタバカードのポイント還元|dカード・dポイントで還元率アップ!
「スタバカード」は、スタバ全店で使える便利なプリペイドカードですが、単純にプリペイドカードとして使っているだけでは損…

(9)Amazon・楽天などネットでの利用はポイントアップモールがお得

ネット通販を頻繁に利用される方は「dカードポイントアップモール」を使えばさらにお得になります。

こちらはサイトを経由してネットショップにアクセスし、dカードを使ってお買い物をするだけでdポイントが通常よりも多くもらえるというポイント優待サービスです。

最大でポイント還元率が10.5倍にまでアップすることもありますし、人気の高い「Amazon」や「楽天市場」「ヤフーショッピング」なども常時1.5%還元にアップします。

特に高額の商品を購入する際には、ポイントアップモールを経由して支払いを行いましょう。

(10)キャッシュレス消費者還元事業に対応

dカード GOLDは2019年10月から政府が開始した「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象決済方法に登録されています。対象店舗での支払いに利用するだけで5.0%もしくは2.0%の還元が受けられます。

例えば上記で解説したローソンの場合、特約店の特典で5%+即時還元2%が受けられ、合計還元率が7%となります。

2020年6月末日までの期間限定の予定ですが、上記のポイント還元などと組み合わせて、さらにお得に使うことができます。

【dカード GOLD 公式ページ 】
dカード GOLD入会で、dポイントプレゼント!
10分で登録完了! ]
毎月の「ドコモのケータイ料金」および「ドコモ光」のご利用料金1000円(税抜き)につき、最大10%還元!。さらに、前年の年間ご利用額累計が、100万円(税込)以上、200万円(税込)以上のお客様にそれぞれ10800円相当、21600円相当の選べる特典があります
詳細はこちらから

2.dカード GOLDに関する4つのデメリット・注意点

dカード GOLDのメリットは上記のようにたくさんありますが、だからといってデメリットがないわけではありません。

利用する上での注意点もいくつかあるので、最大限得をするためにもデメリットを把握しておきましょう。

dカード GOLDのデメリット・注意点・補足事項はこちらの4つです。

(1) dカードはドコモユーザー以外でも持つことができる

dカードはNTTドコモが発行するクレジットカードのため、「ドコモ会員以外は持てないのでは?」と思いがちです。

しかし結論を言うと、dカード/dカード GOLDは、ドコモ会員以外でも発行可能です。

特に2019年はPayPayなどのQRコード決済・スマホ決済が躍進した年でもありました。

ドコモのスマホ決済サービス「d払い」アプリを利用している方も多いと思います。

ただ、d払いのキャンペーンの利用時に、「dカード以外のクレジットカードが対象外」となるキャンペーンが増え始めた結果、逆にdカードの利用価値が一気に高まっています。

ドコモ会員以外であってもdカードを発行して、d払い等のキャンペーンに参加してお得にお買い物するのもおすすめです。

関連記事
d払い ポイント
d払いのキャンペーンの特徴・注意点・一覧|2020年6月
QR/バーコード決済の中でも手堅く人気を高めている「d払い」。リリース当初は地味な存在ではありましたが、その後積極的…

(2)リボ払いにすると手数料とられるので控える

dカード GOLDの新規入会特典を利用する際の注意です。

以前、入会の際に「こえたらリボ(リボ払い)」に設定すると2,000円分のiDキャッシュバックがもらえていまいたが、現在はdポイント(期間・用途限定)がもらえます。

しかしそもそも、リボ払いは月々の支払い金額を一定にし、毎月の負担を安定させる効果はありますが、未払い分の残高に手数料が発生するため、総支払額は多くなってしまいます

以前のキャンペーンでは、リボ払いの設定が特典進呈月まで継続されていた場合、iDキャッシュバックは進呈、現在はdポイントが進呈されるので、進呈された後にリボ払いの設定を変更するのが賢い使い方と言えるでしょう。

変更しなかった場合は、余計な手数料や利息がどんどん取られてしまいます。新規入会特典は魅力的ですが、総合的な判断で利用を考える必要があります。

(3)ショッピング枠の限度額が10万の場合は「年間利用額特典 」がもらえない?

普通、ゴールドカードのようなステータスカードの場合、ショッピング利用枠は100万や200万など、ある程度多めに設定されます。

しかし、まれにカード発行時に利用限度額が10万円程になるケースがあります。

その際に「10万円×12ヶ月=年間120万まで使える!」と考えがちですが、『ショッピング枠の限度額=毎月使える限度額』ではありません(クレジットカードは利用月に請求されるのではなく、利用した翌月や翌々月に請求されるため)。

そのため上記で解説した「年間の利用額特典がもらえる100万円」に届かない可能性もあるのです。

もしカード発行時の利用限度額が低いようであれば、クレジットヒストリー(クレジットカードの利用歴)を磨きながら利用枠の引き上げをドコモ側に申し込む必要があります。

クレジットカードを今まで利用したことがない人や、以前カードの支払いを滞納していた人などは、低額のショッピング枠が割り当てられるケースが多いのでカードが届いた時に必ずショッピング枠がいくらか確認をしてください。

(4)学生・20歳未満は持てない

dカード GOLDの入会条件には「満20歳以上で、安定した継続収入があること」、しかも「学生は除く」という内容が設定されているため、未成年や大学生は持てません

ただ、学生であっても両親の「家族カード」なら発行可能です。

なお、両親がドコモを利用していない場合は、普通の「dカード」を利用するという手もあります。

「dカード」であれば入会条件は「満18歳以上であること(高校生を除く)」と緩和されるため、大学生なら所持することは可能です。

まとめると下記のようになります。

  • 両親がドコモ会員である大学生/未成年は両親の家族カードでdカード GOLDをゲットする
  • 両親がドコモ会員ではない大学生は、dカードをゲットする
【dカード GOLD 公式ページ 】
dカード GOLD入会で、dポイントプレゼント!
10分で登録完了! ]
毎月の「ドコモのケータイ料金」および「ドコモ光」のご利用料金1000円(税抜き)につき、最大10%還元!。さらに、前年の年間ご利用額累計が、100万円(税込)以上、200万円(税込)以上のお客様にそれぞれ10800円相当、21600円相当の選べる特典があります
詳細はこちらから

3.まとめ

dカード GOLDのメリットとデメリットを徹底的に紹介していきました。

ステータス性だけではなく、実利も狙えるゴールドカードとしておすすめです。

特典内容やメリットをもれなくゲットして、お得なキャッシュレス生活をスタートさせてみてください。

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事