d払いとiDの違いとは?どちらもdカードとの紐づけがおすすめ!

キャッシュレス決済ブームでさまざまなサービスが登場する中、「どれがどれだか分からない!」と混乱している人も多いでしょう。

似たような名前のサービスも多いですし、同じ会社が複数のキャッシュレス決済をリリースしていることもあるため余計にややこしいですね。

ここでは「d払い」と「iD」の違いについて詳しく解説していきます。

両者の使い方、使えるお店、ポイント還元率など違いを明らかにしていきましょう。

この記事は以下のような方におすすめの記事です。

  • d払い、iDの違いを知りたい人
  • d払いとそれに関連する支払い手段が混ざってしまった人
  • どちらの方がお得なのかを知りたい方

1.d払いとは

「d払い」は、NTTドコモが運営するQR/バーコード決済アプリです。

スマホアプリ上で利用できるサービスでドコモスマホを使っていない方も使えます。

支払い方法はクレジットカードの登録による決済と銀行口座やコンビニ店頭、セブン銀行ATMでのチャージによる支払いが可能です。

d払いを利用する際は、レジで店員にバーコードまたはQRコードを読み取らせて支払いを行う形と、レジに掲示してあるQRコードを読み取って支払う形の2つがあります。

街のお店だけでなくネットショッピングでも利用できるのが特徴でポイント還元率は下記のようになっています。

  • 街のお店:0.5%
  • ネットのお店:1.0%

還元キャンペーンも豊富でポイントの二重取りも可能な決済アプリで、貯まったdポイントをd払いの支払いで使うこともできるのでおすすめです。

インストールがまだの方は、こちらからインストールしてください。
d払いにについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事
d払いマーク
d払いはドコモユーザー以外でもお得|始め方とポイント還元率
CMや広告でたびたびキャンペーンのお知らせをしている「d払い」。「お得らしいのはなんとなくわかるけれど詳しいことは分…[続きを読む]

2.iDとは

iDは三井住友カードとNTTドコモが提携して運営している電子マネーです。

「プリペイド(チャージ)型」「ポストペイ(後払い)型」「デビット(即時引落し)型」の3種類があります。

クレジットカードと一体型になっているタイプやApple Pay、Google Payなどスマホでも使うことができます。

基本的な利用方法は店頭で読み取り端末にカードやスマホをタッチするだけで支払いが完了します。

ポイント還元率については、iDが搭載されているサービスによって異なります。

iD独自のポイントプログラムはなく、クレジットカードに付帯するiDであれば、カード会社のポイント還元率が反映されます。

iDについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事
iDの使い方とポイントの貯め方|dカード・d払いがおススメ!
画像引用元| かざしてお支払い iD 電子マネー「iD」は加盟店数も非常に多く、広く使われている電子マネーの一つです…[続きを読む]

3.d払いとiDの違いとは

QR/バーコード決済の「d払い」と電子マネー「iD」の違いを「チャージ方法」「利用店舗数」「ポイント還元方法・還元率」「対応端末」の5つの項目で比較していきます。

2つの決済方法の違いを明らかにしていきましょう。

(1)チャージ方法

「d払い」と「iD」で対応しているチャージ方法は下記のようになっています。

【d払い】

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ
  • オートチャージ

【iD】

  • チャージ元のサービスによって異なる(例:dカードなら直接紐づけることによって利用可能)

(2)利用店舗数

「d払い」と「iD」の利用店舗数は下記の通りです。

  • d払い:約6,000店舗
  • iD:80万店以上

利用店舗数に関してはiDが圧倒的ですが、d払いもコンビニ、スーパー、ドラッグストア、家電量販店など幅広いお店で利用できます。

(3)ポイント還元方法・還元率

「d払い」と「iD」ポイント還元方法と還元率は下記のようになっています。

【d払い】

  • ポイント還元方法:dポイント
  • ポイント還元率:街のお店0.5%、ネットのお店1.0%

【iD】

  • ポイントの還元方法:提携サービスの還元方法に準じる(dカードならdポイント)
  • ポイント還元率:提携サービスの還元率が準じる(dカードなら1.0%)

iDに関しては、提携しているクレジットカードなどのサービスの還元方法や還元率が適用されます。

例えば、dカードに付帯しているiDを利用すると、還元方法はdカードの利用でもらえる「dポイント」になりますし、還元率もdカードの1.0%が適用されます。

(4)対応端末

「d払い」と「iD」で対応する端末を比較していきます。

【d払い】

  • Android(5.0以上搭載のスマホ)
  • iOS(10.1以上搭載のスマホ)

【iD】

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • Android(Google Pay)
  • iOS(Apple Pay)

d払いは基本的にスマホ端末でのみにしか対応していません。

iDは対応サービスや端末が多様でクレジットカードやデビットカードに付帯していたり、Apple PayやGoogle Payを通じてスマホから利用したりできます。

(5)上記をまとめた表

ここまでの比較内容を表にまとめてみました。

d払い 比較項目 iD
銀行口座
セブン銀行ATM
コンビニ
オートチャージ
チャージ方法 チャージ元のサービスによって異なる
約6,000店舗 利用店舗数 80万店以上
dポイント ポイント還元方法 提携サービスの還元方法に準じる
街のお店0.5%
ネットのお店1.0%
ポイント還元率 提携サービスの還元率が準じる
Android(5.0以上搭載のスマホ)
iOS(10.1以上搭載のスマホ)
対応端末 クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
Android(Google Pay)
iOS(Apple Pay)

比較結果から、ポイント還元を優先する人は「d払い」、キャッシュレス決済としての利便性を重視する方は「iD」がおすすめです。

4.d払いとドコモ払いの違いとは

「d払い」と「ドコモ払い」の違いを解説します。

似たような名前で非常にややこしいのですが、2つのサービスを簡単に説明すると以下のようになります。

  • d払い:街のお店やネットのお店で利用できるQR/バーコード決済
  • ドコモ払い:ネットのお店で利用できる決済手段で、ドコモ会員の中での条件を満たした人が利用できる

「ドコモ払い」はドコモ回線を持っている人で、さらに、spモードまたはiモード契約のある人のみが利用できるサービスです。

支払い方法も「電話料金に合算して支払う」または「d払い残高からの支払い」の2つとなっており、クレジットカードによる決済には対応していません。

「d払い」はドコモスマホを持っていない人でも使える決済サービスですが、ドコモ払いはドコモユーザー以外は使えません。

ポイント還元に関しても「d払い」は利用金額に応じてdポイントが還元され、貯まったdポイントをお買い物に使うことができますが、ドコモ払いにはポイント還元はありません。

5.d払いとdカードの違いとは

「d払い」と「dカード」の違いを解説します。

d払い 比較項目 dカード
クレジットカード
チャージ
決済方法 クレジットカード
街のお店0.5%
ネットのお店1.0%
ポイント還元率 1.0%
QRコードを読み取る
バーコードを読み取らせる
利用方法 カードを提示する
読み取り端末にタッチする
約6000店舗 利用できる店舗 VisaもしくはiDの加盟店舗

「dカード」は、NTTドコモが発行するクレジットカードです。

ポイント還元率は常時1.0%となっており、電子マネーのiDも付帯しているので「VISA」もしくは「iD」の加盟店舗で利用できます。

なお、d払いを利用する場合は支払い方法をdカードに設定することで、d払いの還元分(0.5%)とdカードの決済分(1.0%)の両方(1.5%)が還元されます。

「d払い」と「iD」のどちらを使うか迷っている方は、どちらにせよdカードを発行しておくとお得になるので併用することも視野に入れて検討してみてください。

【入会&エントリー&ご利用で最大8000ポイント相当プレゼント!】
dカード
10分で登録完了! ]

年会費は永年無料

年会費は永年無料

dカードはポイント還元率が1%と高いお得なクレジットカードです。dカード特約店やdカードポイントアップモールでさらにポイントアップ! また、dカードには「お買い物あんしん保険」など、万が一の際に役立つ保険も付帯しています。 「dカード」はドコモユーザーはもちろん、そうでない方にとってもおすすめの一枚です!
詳細はこちらから

なお、ドコモスマホをご利用の方は、「dカード GOLD」の方がお得です!ぜひこちらをご検討ください。

関連記事
dカード・dカードGOLD
dカード GOLDの特典・メリットとデメリット【2020年最新】
dカード GOLDの還元率・特典って本当にお得なの? dカード GOLDのお得な使い方・貯め方ってあるの? 「dカー…[続きを読む]

6.まとめ

最後にこの記事をまとめていきます。

この記事の重要なポイントをまとめていきます。

【d払い】

  • dポイントが貯まるQRコード・バーコード決済手段
  • ドコモスマホを利用していなくても、お得に利用することができる
  • dカードを紐づければ、dポイントの二重取りが可能

【iD】

  • 様々な機器、カードに付帯している決済手段
  • 利用できる店舗数はd払いより断然多い
  • ポイント還元は、紐づけた決済手段による

【ドコモ払い】

  • ネットショップで利用できる決済手段
  • ドコモスマホの利用が必須
  • ポイント還元はない

【dカード】

  • dポイントが貯まるクレジットカード
  • 還元率は1%
  • そのままでも利用できるが、d払いやiDと紐づけることでより、お得・便利になる

最後に次に読んでいただきたい記事をまとめましたので、ぜひご覧ください。

【関連記事】
・dカードはドコモユーザー以外でもお得│メリットまとめ
・dポイントとは|貯め方・使い方・使い道などを一挙に解説!
・d払いのキャンペーンの特徴・注意点・一覧|2020年8月

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事