住民税をコンビニで支払う方法&ポイント還元率まとめ

コンビニ レジ

1.住民税をコンビニで支払う方法

住民税をコンビニで支払う方法はシンプルで、普段通りにコンビニで買い物するのとあまり変わりありません。

毎年6月頃に郵送されてくる住民税の納付書をコンビニのレジに持っていき、基本的には現金で支払い、納税証明書とレシートを受け取って支払い完了です。

「基本的には現金で」とお伝えしましたが、店によっては特定の電子マネー、スマホ決済を利用できます。詳しくは次の章でお伝えします。

住民税の支払いができるコンビニはどこ?

大手コンビニでは基本的に支払いが可能ですが、地方のコンビニについては自治体のHPや店舗のHPをチェックしてみる必要があります。それぞれ「XX(自治体名) 税金 支払い方法」、「YY(店名) 収納代行」で検索してみると調べることができます。

住民税の支払いに利用できる主なコンビニと利用可能な支払い方法をいくつかご紹介します。

  • セブンイレブン……現金、nanaco
  • ファミリーマート……現金、ファミペイ
  • ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア(ローソングループ)……現金
  • ミニストップ……現金、電子マネーWAON
  • デイリーヤマザキ……現金
  • ニューデイズ……現金
  • ポプラ・生活彩家(ポプラグループ)……現金
    など

住民税をコンビニで支払うのにクレジットカードは使える?

先ほどお伝えした通り、住民税をコンビニの店頭で支払う場合、基本的には現金で支払います。

例外としてセブンイレブンではnanacoを、ミニストップではWAONを、ファミリーマートではファミペイを利用することができますが、クレジットカードで税金を支払えるコンビニはありません。

以前はファミリーマートでファミマTカードを利用できましたが現在は店頭での納税には対応していません。

住民税をコンビニで支払う時にポイントカードは使える?

コンビニの中には楽天ポイントカード、dポイントカード、Tポイントカードなどのポイントカードが利用できるお店も多いですよね。

住民税を支払う時もポイントカードを提示したらポイントが貯まるのでは……? と思ってしまいがちですが、税金を支払う際にポイントカードでポイントを貯めることはできません。

住民税の納付書はいつ届く?

コンビニでの納付に限らず、住民税の支払いには納付書が必要になります。住民税の納付書は6月ごろに4期分がまとめて郵送されてくるため、お手元に届いたらなくさないように保管しましょう。

また、6月中旬を過ぎてもお手元に届かない場合、手違いで届いていない可能性もあります。気づかないうちに納期限を過ぎて延滞金が発生……! なんてことにならないよう、念のため自治体に確認することをおすすめします。

2.住民税をコンビニで支払ってポイント還元を受ける方法は?

住民税をコンビニで払う場合、ポイント還元を受けられる方法は以下の3つしかありません。それぞれ、「店」と「セットで使うカード」に縛りがあるのでご自身に一番都合のいい方法を選びましょう。

  1. セブンイレブンでnanacoを利用する(セブンカード・プラスでチャージ)
  2. ミニストップでWAONを利用する(イオンカードセレクトでチャージ)
  3. ファミリーマートでファミペイを利用する(ファミマTカードでチャージ)

セブンイレブンでnanacoで支払う

通常、nanacoで買い物をすると①チャージのタイミングで0.5%、②支払いのタイミングで0.5%のnanacoポイントが貯まるので還元率は1%になります。

なお、nanacoへのチャージでポイントがたまるのはクレジットカードの「セブンカード・プラス」でチャージした場合のみなので気を付けましょう(現金でチャージしてもポイントはつきません)

そして、nanacoで税金を支払う場合、チャージによるポイントのみが貯まります(支払いによるポイントは貯まりません)。

このため住民税をnanacoで支払って貯まるポイントは以下の通りです。

  • セブンカード・プラスでチャージした場合
    →チャージ額200円につき1ポイントのnanacoポイント
  • 現金でチャージした場合
    →ポイント還元なし

nanacoでポイント還元を受けるための準備

ここまでお伝えしたように、nanacoでポイントを貯めるにはクレジットカードの「セブンカード・プラス」が必須です。支払い納期に間に合うように、以下の準備を済ませておく必要があります。

  • セブンカード・プラスを発行する(持っていない場合)
  • セブンカード・プラスから電子マネーnanacoに住民税の支払いに必要な金額を「チャージ」or「オートチャージ」する
関連記事
コンビニ 支払
住民税をnanacoで支払うメリットとポイントをもらう条件
6月は住民税の支払い時期で税額の通知書とともに振り込み用紙が送られてきます。 支払い方法は金融機関からの振り込みやネ…[続きを読む]

セブンカード・プラスってどんなカード?

セブンカード・プラスは年会費無料のクレジットカードです。セブンイレブンなどセブン系列のお店でお得に利用することができ、入会キャンペーンの特典も充実しています。

【nanacoとの利用でさらにお得!】
セブンカード・プラス

年会費無料

年会費無料

セブン&アイグループ各社のみならず、JCB、VISA加盟店でもお得にnanacoポイントが貯まり&nanacoチャージでもポイントが貯まる!。 8のつく日(毎月8日、18日、28日)は全国のイトーヨーカドーおよびネットスーパーでのカード払いで5%割引! nanacoと一緒に使うなら「セブンカード・プラス」!
詳細はこちらから

nanacoで支払いができる上限は?

nanacoの支払い上限は5万円です。

お店によっては一度の支払いで2枚以上のnanacoを利用することもできますが、1枚のセブンカード・プラスでチャージできるnanacoは1枚のみなので、2枚のnanacoを使って10万円分のポイント還元を受けるにはセブンカード・プラスを2枚持ちするしかありません。

住民税は4期に分割して支払うことができるので、nanacoで支払う際は一括ではなく4期に分割して支払うことをおすすめします。

ミニストップでWAONで支払う

住民税をWAONで支払う時のポイント還元の仕組みはnanacoと一緒です。クレジットカードの「イオンカードセレクト」でオートチャージをすることで0.5%のWAONポイントが貯まります。

WAONでポイント還元を受けるための準備

支払い納期に間に合うように、以下の準備を事前にすませておきましょう。

  • イオンカードセレクトを発行する(持っていない場合)
  • イオンカードセレクトから電子マネーWAONに住民税の支払いに必要な金額を「オートチャージ」する
関連記事
電卓 家
固定資産税をWAONで払うとポイントorマイルが貯まります|2021年最新
固定資産税は毎年大きな負担になります。ですが支払いの金額が大きいということは、ポイント還元の効果も大きいということ!…[続きを読む]

イオンカードセレクトってどんなカード?

イオンカードセレクトは年会費無料のクレジットカードで、イオン・ミニストップ・マックスバリュなどイオン系列のお店でお得に利用できます。何より、1年で100万利用することで年会費無料のままゴールドカードを持てるところが魅力です。

【イオン系列店舗で2倍お得!】
イオンカード
入会キャンペーンあり ]
イオン系の店舗(イオン、マックスバリュ等)で通常の2倍のポイントを獲得!毎月20日と30日はショッピングの代金が5%オフ!
詳細はこちらから

WAONで支払いができる上限は?

WAONの支払い上限はnanaco同様5万円で、一度に利用できるWAONカードは1枚のみです。住民税の金額が5万をこえてしまう場合はnanaco同様4期に分割して支払うことをおすすめします。

ファミリーマートでファミペイで支払う

ファミペイはここまでご紹介した電子マネーではなくスマホ決済アプリですが、ポイント還元のルールは前述のnanacoやWAONと変わりません。

ファミペイでポイント還元を受けるための準備

  • ファミマTカードを発行する(持っていない場合)
  • ファミマTカードでファミペイの残高にチャージする
関連記事
ファミペイ
ファミペイで税金を払ってポイント還元を受ける方法
画像引用|ファミペイ公式HP 割引クーポンや無料クーポンがGETできるお得なアプリ、ファミペイ。ファミマユーザーの方…[続きを読む]

ファミマTカードってどんなカード?

ファミマTカードは名前の通りファミマでお得なクレジットカードです。ファミマなら常時ポイント還元率1.5%になり、入会キャンペーンによって入会後5か月はさらにボーナスポイントがつきます。ここまで紹介したカード同様年会費無料です。

【ファミペイを使うならファミマTカード!】
ファミマTカード
ファミリーマートでよく買い物をするならファミマTカードがおすすめ! ファミペイのクレジットカードチャージができるのはファミマTカードだけ!入会金、年会費はもちろん無料。しかもファミマTカードならファミリーマートで200円購入するごとに最大4ポイント貯まるから普通に買い物をするよりもお得! Tカードを持っている/使っているという方にはおすすめの一枚です!
詳細はこちらから

ファミペイで支払いができる上限は?

ファミペイの支払い上限金額は10万円までとなっています。住民税の金額が10万をこえる場合は一括ではなく4期分割で支払いましょう。

ちなみにファミペイには請求書払いの機能が付いているので、自治体がファミペイの請求書払いに対応していればコンビニに行くまでもなく自宅で支払いを完結することも可能です。

ただし請求書払いの限度額は一回につき5万になる点は注意が必要です。

ポイント還元のシミュレーション

コンビニで住民税を支払う場合、nanaco・WAON・ファミペイのいずれを利用してもポイント還元率は0.5%です。

それでは、実際に住民税を支払った場合にどのくらいポイントが貯まるのかチェックしてみましょう。

シミュレーション①

前年の400万円を売り上げた個人事業主Aさん(経費50万円)の住民税額は約247,000円です。

ファミペイで支払った場合247,000円×0.5%で1235円相当のファミペイボーナスを獲得できます。

nanaco、WAONの一回の支払い上限は5万なので、4期に分けても20万までしか支払えません。ですのでこの場合200,000円×0.5%で1000ポイントを獲得できます。

シミュレーション②

副業収入で200万を稼いでいる会社員Bさんは副業分として住民税約97,000円を支払います。

ファミペイ、nanaco、WAONで支払った場合97,000円×0.5%で485円相当のポイントを獲得できます。

3.住民税をコンビニで払う時手数料はかかる?

住民税をコンビニで支払う場合、手数料はかかりません。不安な方は自治体HPをチェックすれば手数料について確認が可能です。

4.住民税をコンビニで払えないケースとは?

住民税をコンビニで支払えないケースはどんなものがあるでしょうか。規定は自治体によって異なりますが、ある程度共通しているルールについてお伝えします。

  • 30万円以上の納付書(大半の自治体が該当)
  • 期限が切れた納付書(大半の自治体が該当)
  • バーコードがない(すべての自治体が該当)
  • 金額を書き換えた納付書(自治体による)

また、コンビニで住民税を支払うには納付書のバーコードをレジで読み取ってもらう必要があるので、納付書の破損などがあると支払いができないことがあります。

  • バーコードが汚れていたり破れている納付書

5.住民税の課税証明書をコンビニで入手するには?

課税証明をコンビニで入手するには、マルチコピー機などで発行できます。ただし、入手できるかどうかについては、市町村によりけりなようです。例えば以下の自治体では課税・非課税証明を発行できます。

課税・非課税証明書の発行方法についてはお住まいの自治体のHPを確認してみることをおすすめします。

\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事