固定資産税を払うならLINE Payで!

不動産を取得していると毎年課せられる「固定資産税・都市計画税」。

少しでもお得に、より便利に支払いを行いたいという方も多いでしょう。

そんな方に向けて、LINE Payの「請求書払い」を利用して固定資産税・都市計画税を支払うことをおすすめします。

LINE payなら家にいながらでもスマホ1つで固定資産税・都市計画税が支払えますし、手数料が不要となります。

ここではLINE payで固定資産税・都市計画税を支払う方法や、LINE Payで固定資産税・都市計画税を支払うメリットについて解説します。

1.LINE Payとは

LINE Payは、メッセージアプリ大手のLINEで誕生したキャッシュレス決済サービスです。

決済アプリが単体でリリースされたのではなく、LINEアプリ内の1つの機能として決済サービスが追加される形となっています。

QR/バーコード決済を採用しており、LINEのサービスと連携したコミュニケーション機能などが特徴的です。

LINEを通じた個人間送金にも対応しており、総合的な利便性とサービスの幅広さがあります。

LINE Payのチャージ手段や利用限度額、使えるお店などは下記を確認してください。

  チャージ上限/回利用上限/回
チャージ銀行口座100万円100万円
セブン銀行ATM50万円50万円
QR/バーコード49,000円49,000円
LINE Payカード49,000円49,000円
Famiポート10万円10万円
使えるお店LINE Pay|LINE Payが使えるお店(請求書払い)

なお、LINE Payに関してもっと詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事
LinePay
LINE Pay(ラインペイ)の特徴と使い方、チャージ・支払い方法
友達と連絡をするのに大変便利なLINEですが、同じアプリ内で、決済機能もあるのをご存知でしょうか? LINEアプリを…

2.LINE Payで固定資産税を支払うメリットと利用手順

LINE Payで固定資産税・都市計画税を支払うにはアプリ内の「請求書支払い」という機能を利用します。

「請求書支払い」では電気料金といった公共料金の支払いや自治体の各種税金の支払いがアプリ上で簡単に行えます。

コンビニや金融機関の窓口に行く時間のない方など、スマホ1つですぐにできるのでおすすめです。

ここでは、LINE Payで固定資産税・都市計画税を支払う手順とメリットを紹介します。

※以降では「固定資産税・都市計画税」を省略し、「固定資産税」として表記いたします。

2-1.LINE Payで固定資産税を支払うメリット

LINE Payで固定資産税を支払うメリットには以下の2点が挙げられます。

コンビニ行く必要がない

通常であれば、固定資産税の支払いはコンビニ店頭や金融機関の窓口などで行うのが一般的でした。

しかし、忙しくてコンビニなどに行く余裕がないという人も多いでしょう。

LINE Payなら外に出る必要もなく、スマホからでも固定資産税の支払いが短時間で行えます。

手数料がかからない

LINE Payの請求書支払いのサービスは、原則手数料無料で利用可能です。

支払いの際に10円〜100円といった手数料が取られるのは、何かと鬱陶しいですよね。

LINE Payなら、面倒な手数料も発生せず固定資産税が支払えます。

ただし、手数料が利用者負担になっている自治体の場合、以下のような手数料が加算されるケースもあるので注意してください。

  • お支払金額が10,000円未満:66円(税込)
  • お支払金額が10,000円以上:110円(税込)

2-2.LINE Payの利用手順

LINE Payの「請求書支払い」で固定資産税を支払う際には、手元に「固定資産税の納付書」を用意してください。

その上でLINE Payアプリを起動し、下記の手順で手続きを行います。

  1. 「ウォレット」内の残高をタップする
  2. 「請求書支払い」をタップする
  3. 内容を確認して「次へ」をタップする
  4. スマホカメラで納付書のバーコードを読み取る
  5. 請求書の内容を確認し「お支払い」をタップする
  6. 金額や支払い方法、残高などを確認して「◯円を支払う」をタップ
  7. 6桁のパスワードを入力する
  8. 支払い完了

以上となります。

LINEウォレットの位置と、請求書支払いの位置は以下の通りです。
LINEPay 請求書
その後は納付書に記載されてあるバーコードをスマホで読み取るだけで済むので簡単です。

これなら窓口や店頭まで行く必要もありませんし、スムーズに行けば1〜2分で支払いを完了できるでしょう。

3.LINE Payで固定資産税を支払う際の注意点

LINE Payで固定資産税を支払う際の注意点についてみていきます。

3-1.利用できる地域が少ない

LINE Payの請求書支払いを使った固定資産税の納付は全ての自治体に対応しているわけではありません。

全国で253の自治体(2020年5月21日時点)が固定資産税の支払いに対応していますが、この数字はPayPayの「367」よりも少ないです。

自分の所属している自治体が固定資産税の支払いに対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

参考:LINE Pay|LINE Payが使えるお店(請求書払い)

3-2.ポイント還元等がない

LINE Payの請求書支払いではポイント還元等、利用によるメリットが用意されていません。

PayPayであれば最低でも0.5%の還元が用意されており、現金で支払うよりもお得になっているのですが、LINE Payには利便性によるメリットしか得られないので注意してください。

その為、少しでもポイント還元によるメリットを得たい場合は、PayPayで固定資産税を支払うのがおすすめです。

関連記事
PsyPay 固定資産税
PayPayなら固定資産税・都市計画税がこんなにお得に支払えます!
不動産を取得していると毎年課せられる「固定資産税・都市計画税」。 少しでもお得に、より便利に支払いを行いたいという方…

3-3.納税証明書が発行されない

LINE Payで固定資産税を支払った場合、「納税証明書」が発行されないので注意してください。

何らかの理由で必要な方は、発行される方法を利用し、納税するとよいでしょう。

4.まとめ

この記事の要点を簡単にまとめますと以下の通りです。

LINE Payで固定資産税を支払うメリット

  • コンビニに行く必要がなく、スマホでどこでも固定資産税の支払いができる
  • 支払いにかかる手数料がLINE Payならかからない

LINE Payを利用する注意点

  • 利用できる地域がまだ限定的
  • ポイント還元によるメリットがない

以上を踏まえたうえで、利用するかどうかを検討してみてはいかかでしょうか。
最後に、この記事を読んだ方にお勧めの記事をピックアップいたしましたので、よろしければご覧ください。

【関連記事】
固定資産税をクレジットカードで支払うとポイントが貯まってお得!
Line Payの請求書支払い|税金や公共料金の支払いが可能
PayPayなら固定資産税・都市計画税がこんなにお得に支払えます!

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事