固定資産税を払うならLINE Payで!

PR
LINEPay 固定資産税

毎年支払う「固定資産税・都市計画税」。少しでもお得に支払いたいですよね。

この記事では、LINE Payの「請求書支払い」で固定資産税を支払う方法やメリット、ポイント還元ルールなどについて解説していきます。

1.LINE Payを使ったことがない人向け簡単説明

LINE Payは、メッセージアプリのLINEで誕生したキャッシュレス決済サービスです。

決済アプリが単体でリリースされたのではなく、LINEアプリ内の1つの機能として決済サービスが追加される形となっています。

つまり、LINEがスマホに入っているなら新しくアプリをインストールする必要はありません。今すぐにでもLINE Payを始めることができます。

LINEを通じた個人間送金にも対応しており、総合的な利便性とサービスの幅広さがあります。

LINE Payに関してもっと詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事
LinePay
LINE Pay(ラインペイ)の特徴と使い方、チャージ・支払い方法
LINE Payを使えば、現金を持たずにお店で支払いが簡単にできます。友達同士で割り勘をするときも現金をやりとりする…[続きを読む]

2.LINE Payで固定資産税を支払うメリット

LINE Payで固定資産税・都市計画税を支払うにはアプリ内の「請求書支払い」という機能を利用します。

「請求書支払い」では電気料金といった公共料金の支払いや自治体の各種税金の支払いがアプリ上で簡単に行えます。

コンビニや金融機関の窓口に行く時間のない方など、スマホ1つですぐにできるのでおすすめです。

ここでは、LINE Payで固定資産税・都市計画税を支払う手順とメリットを紹介します。

※以降では「固定資産税・都市計画税」を省略し、「固定資産税」として表記いたします。

2-1.0.5%のポイント還元を受けられる

LINE Payの場合、固定資産税の支払いによるポイント還元率は0%または0.5%です。

0.5%のポイント還元を受ける方法は次の通りです。

  • Visaブランド三井住友カードでチャージ&ペイ

LINE Payで固定資産税を支払い、ポイント還元を受けるにはクレジットカードをアプリに登録して「チャージ&ペイ」という支払い方法を利用する必要があるという事です。

その他の支払い方法、つまり事前にチャージした残高から支払う場合などはポイント還元の対象外となります。

また、チャージ&ペイで利用するクレジットカードにも制限があります。

2023年5月以降、請求書払いのチャージ&ペイでポイントが貯まるのは三井住友カードのみになりました。

Visa LINE Payクレジットカード、Visa LINE Payクレジットカード(P+)のチャージ&ペイでは請求書払いをしてもポイントがつきませんので気を付けましょう。

三井住友カードを利用したチャージ&ペイではLINEポイントではなくVポイントが貯まります。還元率は以下をご覧ください。

  • 200円につき1ポイント(還元率0.5%)

三井住友カードは入会キャンペーンや不正時の補償、Vポイントの使いやすさが魅力のカードです。2021年2月には年会費永年無料のカード(NLタイプ)もリリースされているので、LINE Payに興味がある方はセット利用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事
クレジットカード
三井住友カード10%還元キャンペーンの注意点【2024年2月】
三井住友カード入会キャンペーンの目玉は、全新規ユーザー向け・カード利用の15%還元です。複雑な条件がないので特典の上…[続きを読む]
三井住友カードに安心安全のナンバーレスカードが誕生。年会費ずーっと無料で毎日お得!
詳細はこちら!

請求書払いではポイントが貯まらないけど、LINE PayユーザーならVisa LINE Payクレジットカード(P+)は必携!

Visa LINE Payクレジットカード(P+)にはチャージ&ペイでの還元率が5%になる(月500Pまで)というメリットがあります。

ただし、Visa LINE Payクレジットカード(P+)の場合、チャージ&ペイでポイント還元対象を受けられるのはコード支払いのみ(お店での支払いのみ)になっていて、請求書支払いやオンライン支払いはポイント還元の対象外です。

LINE Payにクレジットカードを登録してお支払いに利用するチャージ&ペイでポイント5%還元! お店での支払いがもっともっとお得になるVisa LINE Payクレジットカード(P+)。年会費は永年無料です!(オンライン支払い、請求書支払いはポイント還元の対象となりません。また、5%還元の上限は月500ポイントです)
詳細をチェック

コンビニ行く必要がない

通常であれば、固定資産税の支払いはコンビニ店頭や金融機関の窓口などで行うのが一般的でした。

しかし、忙しくてコンビニなどに行く余裕がないという人も多いでしょう。

LINE Payなら外に出る必要もなく、スマホからでも固定資産税の支払いが短時間で行えます。

手数料がかからない

LINE Payの請求書支払いのサービスは、原則手数料無料で利用可能です。

支払いの際に10円〜100円といった手数料が取られるのは、何かと鬱陶しいですよね。

LINE Payなら、面倒な手数料も発生せず固定資産税が支払えます。

ただし、手数料が利用者負担になっている自治体の場合、以下のような手数料が加算されるケースもあるので注意してください。

  • お支払金額が10,000円未満:66円(税込)
  • お支払金額が10,000円以上:110円(税込)

3.LINE Payで固定資産税を支払う方法・手順

LINE Payの「請求書支払い」で固定資産税を支払う際には、手元に「固定資産税の納付書」を用意してください。

その上でLINE Payアプリを起動し、下記の手順で手続きを行います。

  1. 「ウォレット」内の残高をタップする
  2. 「請求書支払い」をタップする
  3. 「コードリーダー」をタップ
    ※初回は「コードリーダー」と「オンライン」の選択画面が表示されますので、「コードリーダー」タブを選択し、「スキャンして支払う」」をタップしてください
  4. 内容を確認して「次へ」をタップする
  5. スマホカメラで納付書のバーコードを読み取る
  6. 請求書の内容を確認し「お支払い」をタップする
  7. 金額や支払い方法、残高などを確認して「◯円を支払う」をタップ
  8. 6桁のパスワードを入力する
  9. 支払い完了

以上となります。

LINEウォレットの位置と、請求書支払いの位置は以下の通りです。
linepay請求書払い
その後は納付書に記載されてあるバーコードをスマホで読み取るだけで済むので簡単です。

これなら窓口や店頭まで行く必要もありませんし、スムーズに行けば1〜2分で支払いを完了できるでしょう。

4.LINE Payで固定資産税を支払う際の注意点

LINE Payで固定資産税を支払う際の注意点についてみていきます。

4-1.すべての自治体で利用できるわけではない

LINE Payの請求書支払いを使った固定資産税の納付は全ての自治体に対応しているわけではありません。

しかし、現在利用できる自治体は次々と拡大中です。

自分の所属している自治体が固定資産税の支払いに対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

参考:LINE Pay|LINE Payが使えるお店(請求書支払い)

4-2.三井住友カード以外だとポイント還元を受けられない

先ほどもご紹介しましたが、LINE Payでは三井住友カードのクレジットカードを登録し、チャージ&ペイで請求書支払いすると0.5%のポイント還元を受けることができます。

それ以外のチャージ方法の場合は請求書支払いでポイント還元を受けることができない点は注意しましょう。

また、三井住友カードでチャージ&ペイを行った場合、貯まるポイントはLINEポイントではなく、Vポイントとなります。

関連記事
LINEクレカ
LINE Payと使ってお得! Visa LINE Payクレジットカードの魅力
画像引用元|LINE Pay公式ブログ:Visa LINE Payクレジットカードについて スマホ決済サービスの「L…[続きを読む]

4-3.納税証明書が発行されない

LINE Payで固定資産税を支払った場合、「納税証明書」が発行されないので注意してください。

何らかの理由で必要な方は、発行される方法を利用し、納税するとよいでしょう。

5.まとめ

この記事の要点を簡単にまとめますと以下の通りです。

LINE Payで固定資産税を支払うメリットは?

主なメリットは次の通りです。

  • コンビニに行く必要がない
  • スマホでどこでも固定資産税の支払いができる
  • 手数料がかからない
  • ポイント還元を受けられる(最大0,5%)

LINE Payで固定資産税を支払う場合のポイント還元率は?

LINE Payで固定資産税を支払う場合、0~0.5%のポイント還元を受けられます。

2023年4月末までは、Visa LINE PayクレジットカードかVisaブランドの三井住友カード(ANAカードを除く)を登録して支払う(チャージ&ペイ)ことで0.5%のポイント還元(三井住友カードで貯まるポイントはVポイントです)を受けられます。

2023年5月以降はVisa LINE Payクレジットカードを利用したチャージ&ペイにポイントがつかなくなるため、三井住友カードを利用する場合のみポイント還元を受けられます。

上を踏まえたうえで、利用するかどうかを検討してみてはいかかでしょうか。
最後に、この記事を読んだ方にお勧めの記事をピックアップいたしましたので、よろしければご覧ください。

【関連記事】
固定資産税をクレジットカードで支払うとポイントが貯まってお得!
LINE Payの請求書支払い|税金や公共料金の支払いが可能
PayPayなら固定資産税・都市計画税がこんなにお得に支払えます!

※当ページからのお申し込みはLINE Pay株式会社および三井住友カード株式会社が主催する各種キャンペーンの条件に該当しない場合がございます。

監修
ZEIMO編集部(ぜいも へんしゅうぶ)
税金・ライフマネーの総合記事サイト・ZEIMOの編集部。起業経験のあるFP(ファイナンシャル・プランナー)を中心メンバーとして、税金とライフマネーに関する記事を今までに1300以上作成(2023年時点)。
プロフィール この監修者の記事一覧
\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket