ボーナス・賞与300万円の手取りはいくら? ボーナス300万はどのくらいすごい?

現金 お金

ボーナスの支給額が300万円になるのは世間的に見ても一握りの会社です。さて、ボーナス300万円では実際の手取り額はどのくらいになるのでしょうか。税金・社会保険料の計算方法(手取りの計算)を、具体例で解説します。

1.ボーナス300万円の手取り額一覧表

ボーナス300万円の手取り額は、前月の給与と扶養親族の人数によって変わります。

以下の一覧表をご覧ください。

※2023年12月時点の最新の税率・保険料率で計算しています。

(1)39歳以下の場合

39歳以下の場合、ボーナス300万円の手取り額は次のようになります。

  扶養親族0人 扶養親族1人 扶養親族2人 扶養親族3人
前月給与50万 2,254,536円 2,309,563円 2,364,590円 2,419,617円
前月給与70万 2,199,509円 2,199,509円 2,199,509円 2,199,509円
前月給与100万 1,869,349円 1,869,349円 1,924,375円 1,924,375円

(2)40歳以上の場合

40歳からは「介護保険料」の支払いが始まるため、39歳までの人より手取り額が少し減ります(一部のケースで増えることもあります)。

  扶養親族0人 扶養親族1人 扶養親族2人 扶養親族3人
前月給与50万 2,286,165円 2,340,635円 2,340,635円 2,395,104円
前月給与70万 2,177,227円 2,177,227円 2,177,227円 2,177,227円
前月給与100万 1,850,411円 1,850,411円 1,904,880円 1,904,880円

ボーナスの手取りは額面の6~8割くらい

一覧表を見るとわかるように、ボーナスの額面が300万の場合、手取りは額面のおおよそ6~8割くらいになります。

最大で額面の4割ほども天引きされてしまうわけですが、その内訳はどのようになるのか、次章で解説します。

2.ボーナス300万円の手取り額の計算方法

ボーナス・賞与の手取り額は、税金と社会保険料を引くと計算できます。

[ボーナスの手取り額] = [額面の金額] – [税金の金額 + 社会保険料]
今回は、40歳以上で独身(扶養家族がいない)、前月給与100万円のケースで解説します。

(1)社会保険料の計算

最初に社会保険料から計算します。社会保険料は次の4つあり、次のような計算式です。

  • 健康保険料: [ボーナスの金額] × [健康保険料率] ÷ 2
  • 介護保険料:  [ボーナスの金額] × [介護保険料率] ÷ 2
  • 厚生年金保険料: [ボーナスの金額] × [厚生年金保険料率] ÷2
  • 雇用保険料: [ボーナスの金額] × [雇用保険料率]

このうち、上の3つは、会社が半分してくれますので、引かれるのは半額です。

健康保険料

協会けんぽ・東京のケースでは、2023年12月時点で、健康保険料率は10.00%です。(加入している健康保険組合によって保険料率が違います。)

[ボーナス金額300万円] × [健康保険料率10.00%] × [1/2] =150,000円

介護保険料

介護保険料の支払いは40歳から始まります。

協会けんぽでは、2023年12月時点で、健康保険料率は1.82%(全国一律)です。(加入している健康保険組合によって保険料率が違います。)

[ボーナス金額300万円] × [健康保険料率1.82%] × [1/2] =27,300円

厚生年金保険料

ボーナス金額が150万円を超えるときは、150万円として計算します

※正確には、4月1日から3月31日までの1年間のボーナス合計額が150万円を超えると、それ以上は厚生年金保険料は発生しません。

2023年12月時点で、健康保険料率は18.3%です。(加入している健康保険組合にかかわらず、保険料率は同じです。)

[上限金額150万円] × [健康保険料率18.3%] × [1/2] =137,250円

雇用保険料

ほとんどの人が該当する「一般の事業」では、2023年12月時点で、雇用保険料率は0.6%です。

[ボーナス金額300万円] × [雇用保険料率0.6%] =18,000円

社会保険料の合計

ここまでの社会保険料をすべて合計します。

150,000円 + 27,300円 + 137,250円 + 18,000円 = 332,550円

(2)税金(所得税)の計算

続いて、ボーナスから天引きされる税金の金額を計算します。ボーナスにかかる税金は所得税のみで、住民税は引かれません。

[所得税] = [ボーナスの金額 - 社会保険料の合計額] × [源泉徴収税率]

計算式にある「源泉徴収税率」は、「賞与に関する源泉徴収税額の算出率の表」を見るとわかります。

毎月の給与が100万円の人の場合、前月の給与100万円から社会保険料を控除すると約88万円(計算省略)です。扶養家族は0人ですので、この表を見て、税率は30.63%となります。

[所得税] = [ボーナス金額300万円 - 332,550円] × [30.63%] = 817,039円

あとは、税金と社会保険料を引けば、手取り金額が出ます。

[ボーナスの手取り額] = [ボーナス金額300万円] – [817,039円 + 332,550円] = 1,850,411円

(3)ボーナス300万円では、所得税が圧倒的に高い

ボーナス300万円から引かれる税金と社会保険料を一覧にしました。

この表を見ると、所得税の源泉徴収額が圧倒的に高いことがわかります。

項目名 金額
健康保険料 150,000円
介護保険料 27,300円
厚生年金保険料 137,250円
雇用保険料 18,000円
源泉徴収額 817,039円
手取り額 1,850,411円

所得税は「累進課税」といって、所得(収入)が多いほど、税率が高くなります(詳細は「所得税の税率と速算表・早見表」をご覧ください)。

なお、こちらの動画でも、ボーナスの手取り額の計算方法もお話ししています。

3.ボーナス300万円はどのぐらいすごい?

300万円のボーナスをもらえる会社は世間にどのくらいあるのでしょうか。

日本経済新聞社が、2023年夏のボーナスのランキングを発表しています。

順位 会社名 2023夏季ボーナスの金額
1 ディスコ 3,773,654円
2 スター精密 2,115,161 円
3 東京エレクトロンデバイス 2,089,069円
4 積水ハウス 1,782,000円
5 MARUWA 1,620,000円

【引用】日本経済新聞:夏のボーナス調査

こちらの調査結果によると、ボーナス平均支給額が300万円を超えているのは、ディスコのみ。相当にレアなケースであることがわかります。

監修
ZEIMO編集部(ぜいも へんしゅうぶ)
税金・ライフマネーの総合記事サイト・ZEIMOの編集部。起業経験のあるFP(ファイナンシャル・プランナー)を中心メンバーとして、税金とライフマネーに関する記事を今までに1300以上作成(2023年時点)。
プロフィール この監修者の記事一覧
\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket