特定扶養親族とは?控除額、年末調整の方法

大学生

年末調整の書類を書いていると、「特定扶養親族」という用語が出てきて、何のことか疑問に思うかもしれません。

簡単にいうと、19歳から22歳までの、扶養している子供のことです。この年齢の子供は、控除額が高くなります。

特定扶養親族がいるといくら節税できるのか、控除額や年末調整の方法などを、わかりやすく解説します。

1.特定扶養親族とは?

「扶養親族」とは、その名のとおり、扶養している親族のことです。扶養親族がいると、年末調整や確定申告で扶養控除を受けられます。

そのうち、12月31日時点での年齢が19歳から22歳までの親族を、「特定扶養親族」といいます。特定扶養親族がいると、控除額が高くなり節税になります。

扶養親族の細かい条件については、別の記事「扶養控除の対象となる扶養家族とは?」をご覧ください。

年齢は12月31日時点、1月1日生まれは少し特殊

年齢は、12月31日時点で判断します。年末調整の書類を記入する日付ではありませんので、ご注意ください。

また、1月1日生まれの人は少し特殊です。民法143条では、誕生日の前日の午後12時に1歳年齢が加算されることになっています。つまり、2004年(平成16年)1月1日生まれの人は、年齢を判定する2022年(令和4年)12月31日時点において満19歳となります。

2.特定扶養親族の控除額

扶養控除の控除額は、扶養親族の年齢によって異なります。また、所得税と住民税でも扶養控除額が異なります。一覧にまとめました。

扶養親族の年齢扶養親族の区分所得税の控除額住民税の控除額
0歳~15歳以下年少扶養親族0円0円
16歳以上~18歳以下一般扶養親族38万円33万円
19歳以上~22歳以下特定扶養親族63万円45万円
23歳以上~69歳以下一般扶養親族38万円33万円
70歳以上(同居)老人扶養親族
(同居老親等)
58万円45万円
70歳以上(その他)老人扶養親族
(その他)
48万円38万円

所得税では、一般的な扶養親族の控除額は38万円ですが、特定扶養親族の場合、63万円です。なんと、25万円も多く控除できるのです。

その理由ですが、19歳から22歳までの年齢は、ちょうど大学生となる年齢で、学費や一人暮らしの生活費などで、たくさんのお金がかかることから、控除額が多めに設定されています。

大学生でなくても特定扶養親族になる

特定扶養親族は年齢で決まりますので、大学生でなくても、特定扶養親族になります

逆に、大学生であっても、18歳以下、または、23歳以上であれば、特定扶養親族から外れてしまいます。

3.特定扶養親族は、いくら節税になる?

(1)特例扶養親族の節税額

具体例

例えば、年収600万円で、特定扶養親族がいる場合といない場合を比べてみましょう(配偶者控除など他の控除は考慮しません)。

例:給与収入600万円の人の場合

・扶養控除なし
所得税203,500円+住民税304,300円=合計507,800円

・扶養控除あり(特例扶養親族の対象になる子1人)
所得税139,200円+住民税259,300円=合計398,500円

※社会保険料控除は15.175%(令和4年時点、協会けんぽ東京、介護保険あり)で計算

扶養控除ありの場合は、なしの場合に比べて、所得税が64,300円、住民税が45,000円、合計で109,300円、安くなっています
かなりの違いがありますね。

年収ごとの節税額一覧

年収ごとに節税額を一覧にしてみました(他の控除は考慮していませんので、実際には少し違いますが、参考としてください)。

給与年収所得税の節税額住民税の節税額節税額合計
300万円32,200円54,000円86,200円
400万円32,100円54,000円86,100円
500万円51,700円54,000円105,700円
600万円64,300円45,000円109,300円
700万円99,600円45,000円144,600円
800万円128,700円45,000円173,700円
900万円128,600円45,000円173,600円
1000万円128,700円45,000円173,700円

※住民税は10%ですが、年収が低いときは、調整控除の結果、節税額が少し多くなります。

(2)特定扶養親族と一般扶養親族の節税額の比較

こんどは、特定扶養親族(19歳~22歳)と一般扶養親族(16歳~18歳、23歳~69歳)で、節税額がどれだけ違うか比較してみました(他の控除は考慮していません)。

給与年収特定扶養親族
の節税額
一般扶養親族
の節税額
節税額の差
300万円86,200円54,900円31,300円
400万円86,100円54,900円31,200円
500万円105,700円71,800円33,900円
600万円109,300円71,800円37,500円
700万円144,600円107,000円37,600円
800万円173,700円110,600円63,100円
900万円173,600円110,600円63,000円
1000万円173,700円110,600円63,100円

年収700万円までの人なら約3万円、年収800万円以上の人なら約6万円、差額があることがわかります。

4.特定扶養親族の年末調整での申請方法

年末調整での扶養控除の申請をするには、勤め先から配布される「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に特定扶養親族の氏名・住所・マイナンバーを記入し、勤め先に提出します。

下記は記入例(申告書の一部抜粋)です(「税金一郎」が海外に留学中の特定扶養親族という設定です)。

扶養控除等申告書 令和4年分

住所は、引っ越し予定があれば、今の住所ではなく、令和5年1月1日時点の住所を記入します。

マイナンバーは基本的には記入しますが、以前にマイナンバーを提出している場合は記入不要なこともありますので、勤務先にお問い合わせください。

書き方の詳細は、「【令和4年分】給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の書き方(記入例つき)」をご覧ください。

子供のアルバイト収入の書き方

扶養にしている子供や親がアルバイト・パートをしている場合は、その所得の見込み金額を記入します。

収入金額では所得金額を記入します。所得は次のように計算します(ただし、給与収入162.5万円以下の場合)。

所得 = 収入 - 給与所得控除(55万円)
たとえば、収入が100万円なら、所得は、100-55=45万円です。

扶養控除等申告書を記入するときは、まだ、その年が終わっていないはずですので、だいたいの見込み金額を記入すればOKです。

ただし、見込みよりもオーバーして、所得が48万円を超えてしまうと、扶養控除の対象になりません。翌年になってしまうと、会社も締め切ってしまっていることが多いですので、その場合は自分で確定申告をして修正が必要です。

5.よくある質問

Q.大学生の子供は特定扶養親族ですか?

A.特定扶養親族とは、12月31日時点の年齢が19歳以上22歳以下の扶養親族のことです。大学生かどうかは関係ありません。

大学生であっても、12月31日時点で18歳未満(飛び入学したケース)、または23歳以上の人(浪人・留年したケース)は、特定扶養親族ではありません。

Q.大学生には勤労学生控除があるので、年収130万円以下なら扶養に入れますか?

A.勤労学生控除とは、本人の所得税に関する控除です。年収130万円未満であれば、学生本人には所得税はかかりません。

しかし、扶養控除の基準は、勤労学生控除は関係なく、年収103万円以下ですので、年収103万円を超えてしまうと、扶養に入ることはできません。

Q.海外に留学中の子供も扶養控除の対象になりますか?

A.留学中であっても、生活費を仕送りしているなど、生計を共にしていれば、扶養控除の対象となります。ただし、親族関係書類(親族であることを証明するもの)と送金関係書類(生活費を送金していることを証明するもの)が必要です。

海外でアルバイトをしていて収入がある場合でも、国外源泉所得となりますので、扶養控除を判定するうえでの収入には含まれません。国内での収入が103万円以下であれば、扶養控除の対象になります。

服部
監修
服部 貞昭
東京大学大学院電子工学専攻(修士課程)修了。
CFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)。
ベンチャーIT企業のCTOおよび会計・経理を担当。
税金やお金に関することが大好きで、それらの記事を1000本以上、執筆・監修。
賞与計算ツールなど各種ツールを20個以上開発。
服部 貞昭 プロフィール この監修者の記事一覧
\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket