マイナンバーカードの健康保険証利用の申込み方法 PC版

マイナポータル マイナンバーカード 健康保険証

2021年3月から、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようになります。
そのためには、事前に、マイナポータルで健康保険証としての利用申込みが必要です。

PC、スマホどちらでも可能ですが、ここでは、PC(Windows10, Chrome)を利用して、マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込み方法を詳細に解説します。

実際に申込みを行いましたので、そのときの画面を利用しながら解説していきます。

マイナンバーカードの健康保険証としての利用については、内閣府のサイトを参照ください。
【参照】マイナンバーカードの健康保険証利用|マイナポータル

1.マイナンバーカードの健康保険証としての利用に必要なもの

まず、下記のものが揃っているかをご確認ください。

(1)マイナンバーカード

このうち、最も重要なものは、「マイナンバーカード」です。
マイナンバーカードを持っていない場合には、マイナポータル連携ができません。

マイナンバーカードを作成すれば良いのですが、申請から受け取りまでに約1ヶ月程度かかります。

マイナンバーカードの作成方法は下記をご覧ください。

関連記事
マイナンバーカード
【最短5分でできる】マイナンバーカードの申請方法_詳細図説版
この記事では、マイナンバーカードを最短5分で申請する方法を図解で丁寧にお伝えします。 ☑この記事をおすすめしたい方 …[続きを読む]

(2)暗証番号(数字4桁)

次に問題となりそうなのが、「暗証番号(数字4桁)」です。

マイナンバーカード受け取り時に、いくつか暗証番号を設定したはずですが、そのうち、数字4桁で設定した暗証番号があります。

正確には、今回利用するのは「利用者証明用電子証明書暗証番号」と呼ばれるものであり、この他にも4桁の暗証番号は2つあります。通常は、3つとも、同じ番号にする人が多いはずですので、その場合は大丈夫ですが、それぞれ別の番号にしている場合は注意が必要です。

覚えていれば良いのですが、まったく思い出せないという場合には、一度、市区町村役場に行って、暗証番号を再設定したほうが良いでしょう。こちらは、役場に行けば、その場ですぐに行うことができます。

※暗証番号を連続して3回間違えて入力するとロックされてしまいます。その場合、市区町村の窓口に行かないとロック解除できませんので、ご注意ください。

※暗証番号については、「マイナンバーカードの作成方法 暗証番号の設定」をご確認ください。

(3)カードリーダ

マイナンバーカード読み取りに対応したカードリーダは、家電量販店やインターネットで数千円で販売されていますので、対応しているものを確認のうえ購入ください。

公的個人認証サービスのサイトに、マイナンバーカードに対応しているICカードリーダーの情報が掲載されています。

【参照】公的個人認証サービス:マイナンバーカードに対応したICカードリーダライタ一覧

人気どころは、次のあたりでしょうか。
※当社では接続を確認していませんので、必ず、メーカーに確認のうえご購入ください。

SONY製のPaSoRiが、価格的にも安く、筐体も薄くて小さいので、オススメです。

【Amazonで見る】ソニー 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380
【楽天市場で見る】ソニー 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

(4)対応のパソコン

パソコンは何でもよいわけではなく、比較的、最新のパソコンが必要です。下記のOS、ブラウザの条件があります(2020年11月時点)。

マイナンバーカードを利用するために、「マイナポータルAP」のインストールが必要です。
下記の条件に当てはまらくても、マイナポータルAPのインストールができるパソコンであれば、利用できる可能性がありますが、検証はしておりませんので、ご自分でご確認ください。

Windowsをご利用の方

OS・Microsoft Windows 8.1
・Microsoft Windows 10(CreatorsUpdate以降のバージョンが必要)
ブラウザ・Microsoft Internet Explorer(バージョン11)
・Microsoft Edge(バージョン40以降)
・Microsoft Chromium版Edge(バージョン79.0.309.65以降)
・Google Chrome(バージョン69以降)
・Firefox(バージョン68以降)

Macintoshをご利用の方

OS・macOS 10.13 High Sierra(バージョン10.13.1以降)
・macOS 10.14 Mojave
・macOS 10.15 Catalina
ブラウザ・Safari(バージョン12以降)
・Google Chrome(バージョン69以降)
・Firefox(バージョン68以降)

【参照】マイナポータル:動作環境について

2.マイナポータルAPのインストール

マイナポータルを利用する前に、まず、マイナポータルAPをインストールします。

※ここでは、ここでは、OS:Windows10、ブラウザ:Chromeの場合のインストール手順を説明します。他のブラウザでは、やや手順が異なりますが、大まかなところは同じです。

マイナポータル」(https://myna.go.jp/)にアクセスします。

「利用を申し込む」ボタンを押します。
「マイナポータルAPがインストールされている必要があります」という警告が表示されます。

※この画面が表示されず、「ステップ1.登録の内容について確認ください」という画面が表示された場合には、マイナポータルAPがすでにインストールされています。次の「健康保険証の利用申込み」にお進みください。

※2020年5月~8月に行われた特別定額給付金のオンライン申請を行っている方は、すでにマイナポータルAPがインストールされているはずですが、アップデートが必要な場合には、アップデートを行うよう促されますので、指示に従ってアップデートします。

「インストール」ボタンを押します。ポップアップ画面が表示されます。

「インストール」ボタンを押すと、「MPASetup_Chrome.exe」ファイルがダウンロードされます。このファイルを実行します。

インストーラが起動します。「インストール」を押します。

インストールはすぐに終了します。「完了」を押します。

Chromeでストアページが表示されますので、「Chromeに追加」ボタンを押します。

「拡張機能を追加」ボタンを押します。「マイナポータルAPがChromeに追加されました。」と表示されます。

これで準備作業は完了です。

3.健康保険証の利用申し込み

(1)利用を申し込む

マイナポータル」(https://myna.go.jp/)にアクセスします。

「利用を申し込む」ボタンを押します。

「同意して次へ進む」ボタンを押します。

「申し込む」ボタンを押します。ポップアップ画面が表示されます。

ICカードリーダをPCに接続し、マイナンバーカードをカードリーダにセットして、「OK」ボタンをクリックします。

利用者証明用電子証明書パスワード(4桁の数字)を入力して、「OK」ボタンをクリックします。

パスワードを3回間違えるとロックされ、市区町村の窓口でしかロック解除できませんので、ご注意ください。

申し込み完了画面が表示されます。これで申込み完了です。

(2)申し込み状況を確認

実際に利用する前に、申込状況を確認します。

マイナポータル」(https://myna.go.jp/)にアクセスします。

「申込状況を確認」ボタンを押します。

「認証する」ボタンを押します。ポップアップ画面が表示されます。

ICカードリーダをPCに接続し、マイナンバーカードをカードリーダにセットして、「OK」ボタンをクリックします。

利用者証明用電子証明書パスワード(4桁の数字)を入力して、「OK」ボタンをクリックします。

申込状況画面が表示されます。
「申込状況」欄に「正常に受け付けました」と表示されていればOKです。

執筆
エファタ㈱ 服部 貞昭
CFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
ベンチャーIT企業のCTOおよび会計・経理を担当。
自ら経理処理を行う中で疑問に思ったこと・気づいたことを記事にして発信中。
税金やお金に関することが大好きで、それらの記事を1000本以上、執筆・監修。
IT技術を駆使して、役立つ便利なツールも開発中。
この執筆者の記事一覧
96記事あります
\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事