特別定額給付金のオンライン申請を停止している市区町村

10万円の特別定額給付金の申請方法には、「郵送申請」と「オンライン申請(インターネット申請)」の2つの方法があります。

ところが、オンライン申請には様々な問題があり、オンライン申請を停止する市区町村がいくつかありますので、リストにしました。

また、オンライン申請の課題点についても言及します。

1.オンライン申請を停止している市区町村

各県ごとに、オンライン申請を停止中の市区町村をまとめました。
6月1日時点の情報です。

()の中は、その期間だけ停止していることを表しています。

市区町村
北海道北見市
恵庭市
青森県青森市
秋田県秋田市
福島県郡山市
茨城県桜川市
栃木県宇都宮市
埼玉県志木市
新座市
三郷市(5月30日~7月31日)
千葉県旭市
市原市
東京都荒川区
足立区
八王子市
武蔵野市
府中市
調布市(5月20日~6月30日)
町田市(5月29日~7月31日)
国分寺市
東久留米市
神奈川県厚木市
福井県勝山市
山梨県笛吹市
静岡県袋井市(5月25日~6月30日)
湖西市
三重県いなべ市
滋賀県湖南市
京都府宇治市
亀岡市
大阪府八尾市
東大阪市
奈良県橿原市
河合町
島根県出雲市
岡山県岡山市
笠岡市
広島県福山市
香川県高松市
高知県高知市
福岡県大野城市
長崎県大村市
沖縄県名護市

2.オンライン申請に対応していない市区町村

参考までに、そもそも、オンライン申請に対応していない、または、まだ準備中の市区町村をまとめました。

市区町村
北海道島牧村
泊村
初山別村
青森県新郷村
岩手県野田村
福島県檜枝岐村
泉崎村
塙町
富岡町
飯舘村
群馬県上野村
片品村
東京都奥多摩町
利島村
御蔵島村
新潟県粟島浦村
奈良県天川村
岡山県新庄村
高知県本山町
福岡県東峰村
熊本県産山村
五木村
宮崎県諸塚村
椎葉村
鹿児島県三島村
十島村
大和村
沖縄県渡嘉敷村
渡名喜村
南大東村
北大東村
多良間村

3.オンライン申請の課題点

(1)市区町村では目視で確認!

郵送とオンライン(WEB)を比べたら、オンライン(WEB)のほうがスムーズに処理ができるイメージがあるでしょう。

ところが、今回の給付金申請に関しては、逆の状態となっています。

国民がオンライン申請に利用するのは、「マイナポータル」というシステムです。
一方、市区町村が住民の情報を管理しているのは、「住民基本台帳ネットワークシステム」(通称、「住基ネット」)というシステムです。

実は、この2つのシステムは連携していません。

市区町村の担当者は、マイナポータルで申請された情報を印刷して、住基ネットの情報と、目視で比較して確認しています。
氏名や住所など、入力内容に誤りがあれば、確認にはさらに時間がかかります。

一方、郵送申請では、氏名・住所等があらかじめ印刷されていますので、間違いもなく、確認がスムーズです。

品川区の例では、1日に処理できる件数は、オンライン申請が約350件、郵送申請が約3000件とのことです。処理スピードに、約10倍近くも差があるようです。

(2)マイナンバーカードのパスワードロック解除が超面倒!

マイナンバーカードには、いくつかのパスワード(暗証番号)が設定されていますが、何回か間違えるとロックされてしまい、利用できなくなります。

このパスワードロックを解除するには、市区町村の窓口に行く必要があります。これが大きな問題点です。

市区町村の窓口に行くだけでも時間と交通費がかかりますし、パスワードを忘れたりロックされた人で窓口は大変混雑していて、数時間待たされることも珍しくないようです。

ところで、近年の、ID・パスワード認証がある、ほとんどの商用サービスでは、ユーザーがID・パスワードを忘れたときに備えて、登録されたメールアドレスや携帯電話宛に認証コード等を送り、ユーザー自身で即時に解除できることが一般的です。

セキュリティ的に不安があるのであれば、2段階認証あるいは複数デバイス認証を利用することで、ある程度、強固なセキュリティを実現できるはずです。マイナンバーカードのそのような仕組みが望まれるところです。

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事