QUICPay(クイックペイ)の使い方とポイントの貯め方

QUICPay

「QUICPay(クイックペイ)」は全国121万ヵ所で利用できる※電子マネーです。お店のレジでもQUICPayのマークをよく見かけますよね。

けれど一方で、Suica・PASMOなど他の電子マネーと違って使い方や仕組みがよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事ではこんな疑問にお答えします!

  • QUICPayってどんなもの? どうやって使うの?
  • QUICPayってお得なの? ポイントはたまるの?
  • QUICPayはどんな人におすすめなの?

※2020年6月時点

1.QUICPayとは?

QUICPayとは、JCBがサービスを提供している電子マネーです。
主な特徴は以下の5点です。

  • レジの端末にスマホかカードをかざして支払う
  • QUICPayでお買い物した代金は後日、登録したクレジットカードから引き落とされるのでチャージ不要
  • ほとんどのコンビニと主要なチェーン店、空港施設などでも使える!
  • 盗難や紛失時の保証がある
  • QUICPayの利用でたまるのは登録したクレジットカードのポイント

一度カードを登録すればスマホをレジにかざすだけでスピーディーに会計ができ、いちいちチャージをする必要もないので、事前チャージが煩わしく感じる方には使いやすい電子マネーです。

2.QUICPay使用でたまるポイントとポイント還元率

QUICPayを使うとどんなポイントがどのくらい貯まるのでしょうか? QUICPayのポイント還元の要点は下記のとおりです

  • QUICPay独自のポイントはない
  • QUICPayと紐付けてあるクレジットカードのポイントが貯まる

QUICPayでお買い物をすると、その代金は登録したクレジットカードから引き落とされます。この時、通常のカード利用と同様にクレジットカードの利用ポイントがつきます。

たとえばオリコカードを登録すれば「オリコポイント」が、イオンカードを登録すれば、イオンの「ときめきポイント」が貯まります。

QUICPayの利用によって還元率がアップするクレジットカードもあるのですが、QUICPay独自のポイント加算システムなどはありませんので、基本的には普通にクレジットカードを使うのと同じだけのポイントが貯まるという事です。

つまり、QUICPayをお得に使うには「還元率の高いクレジットカード」か「QUICPayとの利用で還元率がアップするクレジットカード」のどちらかを選んで登録すべしという事です!

この章のまとめ

  • QUICPayの還元率=登録したクレジットカードの還元率(QUICPayの利用で還元率が上乗せになることは基本的にない)
  • QUICPayをお得に使うには「還元率の高いクレジットカード」か「QUICPayとの利用で還元率がアップするクレジットカード」を選ぶべし!

3.QUICPayの利用でお得なクレジットカード|セゾンパールは還元率3%

では実際、どのクレジットカードをQUICPayに登録するのがお得なのでしょうか? この章では、QUICPayに登録できるカードの中から、特にお得なカードを↓の2つに分けて紹介します!

  • QUICPayに登録できて還元率の高いクレジットカード
  • QUICPayとの利用で還元率がアップするクレジットカード

(1)QUICPayに登録できて還元率の高いクレジットカード

QUICPayで貯まるポイントは登録したクレジットカードによりますから、できるだけ還元率の高いクレカを選びたいですよね。

  • Orico Card THE POINT(入会後半年は還元率2%)
  • JCB CARD W/JCB CARD W plus L
  • 楽天カード
  • ヤフーカード

上記はいずれも「年会費無料かつ還元率1%」のコスパ優秀なカードですが、一番のおすすめを挙げるなら入会後半年間還元率が2倍になるOrico Card THE POINTです。

入会後6ヶ月間はポイント還元率が2倍!

入会後6ヶ月間はポイント還元率が2倍!

年会費永年無料で還元率は常に1.0%以上。入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップ! ポイントがざくざくたまるオリコカードは現在、お得な入会キャンペーンを実施中!
キャンペーン詳細はこちらから

(2)QUICPayとの利用で還元率がアップするクレジットカード

QUICPayに独自のポイント加算はありません。QUICPayでお買い物をしても、普通にクレジットカードを使ってお買い物をしても、たまるポイントの数は変わらないということです。

ですが、QUICPayを使うことで還元率がアップするクレジットカードもあります!

  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパールアメックスはQUICPayに対応しているクレカの中で2021年1月現在一番高還元率&一番おすすめなクレカです。

  • QUICPayでのお買い物で決済金額の3%ポイント還元
  • 初年度年会費無料で、年間に1度でもクレカを使えば翌年も年会費無料!(利用がない場合年会費税込1100円)

1年に最低一回利用する限り年会費無料なうえ、QUICPayでのお買い物でポイント還元率3%の高還元率はかなり強いです。QUICPayは利用できるお店も多く、「セゾンパール+QUICPay」をメイン使いにするのもおすすめです。

セゾンパールは通常のプラスチックのカードで発行するほか、デジタルカードを発行することも可能で、こちらは最短5分で発行できます。

QUICPayの利用で還元率常時3%・ポイントの有効期限なし! 毎日のお買い物はQUICPay+セゾンパールでお得にポイントを貯めましょう。入会キャンペーン実施中!
公式情報はこちら

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、(1)の高還元率クレカ紹介で出てきた「Orico Card THE POINT」の上位カードで、QUICPay利用時の還元率がアップします。

  • QUICPayの利用でポイント還元率1.5%(入会から半年は2.5%)
  • 年会費は税込1,986円

QUICPay利用時の還元率は先ほどのセゾンパールの方が条件が上ですが、QUICPayを利用しないシーンでの還元率は、セゾンパールが0.5%であることふまえるとオリコカードの方が優秀です。

  • 通常時……還元率1%(入会半年は2%)
  • Amazon、楽天市場、ヤフーショッピング利用時……還元率2.5%(入会半年は3.5%)
関連記事
ネットショッピング
ネットショッピングで得するクレジットカード|一番おすすめを厳選!
少し前まではネットショッピングでクレジットカードを使うのは不安……という風潮もありましたが、コロナ禍でアマゾンや楽天…[続きを読む]

さらに、ゴールドカードということで優待が付き、提携店舗で商品やサービスを特別価格で利用できることも魅力といえます。

Amazonでも楽天でも、オリコモールを使えば還元率常時2.5%! 入会から半年は3.5%の高還元率ゴールドカード。実用性&お得度にこだわるならOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD に決まり!
公式情報はこちら

4.QUICPayのキャンペーンを実施しているクレジットカード

現在QUICPayのキャンペーンを行っているクレジットカードは下記のとおりです。

  • アメックスカード……1000円キャッシュバックキャンペーン(Apple Pay限定・抽選)
  • セゾン・UCカード……10%キャッシュバック(上限500円)

アメックスカードのキャンペーン

下記の条件を満たすと抽選で10000人に1000円のキャッシュバックがあたります。

  • 期間中にQUICPayで税込1000円以上の買い物を3回以上する
  • QUICPayをApple Payで利用している

こちらのキャンペーンは2021年1月18日~2月15日決済分まで対象です。

セゾン・UCカードのキャンペーン(GooglePay)

セゾン・UCカードをQUICPayに登録して期間中に利用すると決済金額の10%のキャッシュバックを受けられます。

  • キャッシュバックの上限は500円
  • 複数のカードを登録して切り替えれば、カードごとに最大500円分キャッシュバック
  • GooglePay限定
  • キャンペーン期間は2021年1月12日~2021年2月28日

セゾン・UCカードのキャンペーン(Apple Pay)

上記のキャンペーンに似ていますが、セゾン・UCカードをはじめてApple Payに登録して期間中に利用すると決済金額の10%のキャッシュバックを受けられます。

  • キャッシュバックの上限は500円
  • 複数のカードを登録してもキャッシュバックがつくのは最初の1枚での決済のみ
  • キャンペーン期間は2020年12月15日~2021年2月28日

5.QUICPayの使い方

(1)QUICPayの始め方・入手方法は?

カード型のQUICPayであれば、QUICPayに対応したクレジットカード会社に申込をし、カードを用意するだけです。

スマホでQUICPayを使う場合には、Google PayやApple Payで設定が必要です。

(2)QUICPayにチャージする方法は? 買い物に使う方法は?

QUICPayは後払いなので事前のチャージは不要です。

お店でお会計する際もレジの端末にカード・スマホをかざすだけで利用できます。

(3)QUICPayはスマホでの利用がおすすめ!

QUICPayを便利に使いたいなら、apple PayやGoogle Payを介してスマホで使えるようにしておくのがおススメです。

  • iPhoneの場合……iPhone7以上であれば、apple PayでQUICPayが使えます
  • Androidの場合……一部機種制限もありますが、ほとんどの機種でGoogle Payを介してQUICPayが使えます

設定自体も、アプリをダウンロードして登録するカードをカメラで読み込み、SMSなどで本人確認を取れば完了するので、早ければ1-2分程度で完了します。

とても簡単なので、まだ設定してない方は、ぜひ設定しておきましょう。

6.他電子マネーとの比較

Suicaやnanacoとの比較

QUICPay以外の電子マネーだと、Suicaやnanacoなどが有名ですね。これらと比較した場合、下記3点が異なります。

  • 後払いで使える(チャージが要らない)
  • 貯まるポイントが違う
  • 使える(契約の)カード会社が違う

カードを新たに増やしたくない、という場合でなければ、現在の貯めたいポイントが何か、どういう生活パターンをしているかを中心に考えると良いでしょう。

たとえば通勤通学や日々の生活で電車やバスを使っている方は、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーが便利です。

また、近所にイトーヨーカドーやイオンがあれば、nanacoやWAONを持っていれば、いろいろな特典がありお得かもしれません。

iDとの比較

iDとQUICPayは利用のしかたやポイントのつき方がよく似ています。いずれもチャージ不要でクレジットカードのポイントがつきます。

ただ、iDとQUICPayは使えるクレジットカードが違いますので、選ぶクレジットカードによりiDにするかQUICPayにするか決めてもよいでしょう。

iDとQUICPayの両方に使えるクレジットカード(OricoCardなど)もありますので、このクレジットカード一枚でiDとQUICPayの両方を使えるようにするのも手といえます。

7.【終了】クイックペイと消費税増税時のキャッシュレスポイント還元

以下は参考ですが、2019年に行われた消費者ポイント還元事業についての内容です。当時の情報に基づいて作成した内容であることをご了承ください。

JCBはこの消費者還元事業への参加を表明しました。

クイックペイもポイント還元対象となります。

ただし付与されるポイントは、クイックペイに紐付けたクレジットカード等に付与されるか、もしくはコンビニのように支払い直後に減算されます。

そこでクイックペイに紐付けようとしているクレジットカードが対象カードかどうかを公式サイトで必ず確認する必要があります。

還元される時期・タイミングについても、クイックペイに紐付けたクレジットカード次第となっております。

*キャッシュレスポイント還元公式サイト

8.最後に

QUICPayは加盟店も多く、ポストペイ(後払い)式で使い勝手が良い電子マネーです。また、Google PayやApple Payに登録すればスマホでQUICPayが使えて、より利便性が高まります。

今後、キャッシュレス化はますます進んでいくことと思います。まずは、ご自分の生活パターンに合った電子マネーを選んで、キャッシュレス生活を始めてみましょう。

\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket