新型コロナウイルスのワクチン接種に関する疑問を解決

ワクチン

新型コロナウイルスのワクチン接種は海外で行われていますが、2月下旬から日本でも行われ始めました。

今回は、新型コロナウイルスのワクチン接種のメリット・デメリット、どのような流れで行われるのか、いつ行われるのかなどの疑問を現在の状況に照らし合わせて解説していきます。

1.ワクチン接種のメリットデメリット

新型コロナウイルスのワクチン接種は、あくまで「本人が希望した場合」に接種を受けることになります。海外製のワクチンですし、新しいワクチンなので安全性に疑問を持っているという方もいらっしゃると思います。この章ではワクチン接種のメリットデメリットを簡単にまとめてみました。

1-1.ワクチン接種を受けるメリット

  • 新型コロナウイルスに対する抗体ができ、発症率が大幅に下がる
  • 公費で受けられる
  • 副反応のリスクが高いかどうか医師が予診してくれる
  • 副反応がもし起きたとしてもその場で対策を取ってもらえる
  • 副反応発生時は予防接種健康被害救済制度がある
  • 現在可能な最大限の感染対策ができる

新型コロナウイルスに対する抗体ができ、発症率が大幅に下がる

ワクチンを接種するとどのような効果があるのかについてですが、2回ワクチン接種を受けることで、おおよそ95%以上の確率で発症を抑えられるようです。※インフルエンザワクチンは40~60%の有効性と言われているので高い割合と言えます。

新型コロナワクチンについて | 首相官邸ホームページ (kantei.go.jp)

ワクチン接種を受けた効果としては、新型コロナウイルスにかかりづらくなり、新型コロナウイルスが身体に入ってきても発症しにくくなります。ただし、新型コロナウイルスに対して自分が抗体を持って発症しなくなっても、それが他人にうつさずに済むというわけではありません。ご自身がワクチンの接種をした後も、引き続きマスクの着用など「感染拡大予防」の対策に協力していく必要があります。

公費で受けられる

新型コロナウイルスのワクチン接種は公費といって国のお金で受けられますので、費用はかかりません。

副反応のリスクが高いか医師が予診してくれ、もし起きてもその場で対応してもらえる

ワクチン接種には副反応を起こすリスクが必ずあり、それは新型コロナウイルスのワクチン接種に限った話ではありません。副反応には、頭痛や熱などの軽い症状からアレルギー症状のような重い症状まで様々なものがあります。接種後数日間軽い症状がでるのは仕方ないとして、重い症状がでるケースに備え、ワクチン接種前に医師によって予診を行ったり、ワクチン接種を受けた場合は15~30分ほどその場で様子をみたりするなどの対策が取られています。もしその場で副反応がでた場合にはすぐに治療してもらえます。

副反応発生時は予防接種健康被害救済制度がある

副反応がおきた場合、予防接種健康被害救済制度によって治療にかかった費用は給付されます。新型コロナウイルスのワクチン接種もそれに該当します。

予防接種健康被害救済制度|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

現在可能な最大の感染対策ができる

新型コロナウイルスのワクチン接種は現在可能な最大の感染対策といえます。感染拡大を防ぐには集団で抗体を持てるように集団免疫の獲得が必要になります。ワクチン接種のデメリットを踏まえ、ワクチン接種を受けるか検討してみてください。

1-2.ワクチン接種を受けるデメリット

  • 新しい種類のワクチンなので安全性がまだ完全に実証されたわけではない
  • 接種後数日間はワクチン接種による症状を起こす可能性がある
  • 急性アレルギー反応という副反応を及ぼす可能性がある(10万人に1回程度の割合)
  • 集団接種の場合、集団のいる場所に行かなければならない

安全性がまだ完全に実証されたわけではない

新型コロナウイルスのワクチンはDNAワクチンといって、新型コロナウイルスの遺伝子を含むDNAを直接人の筋肉細胞に投与し、体内で新型コロナウイルスのタンパク質が作られ、それに免疫が反応して抗体を作るというシステムのものです。

これは以前のワクチンタイプとは異なる新種のワクチンタイプで、一般的には病原体の特定からワクチンの認可まで5年以上かかるといわれているところを新型コロナウイルスのワクチンは1年未満で認可されています。

既にたくさんの人がワクチン接種をしており、現状ワクチン接種による多大な被害は発生していませんが、安全性が完全に実証されているわけではない、ということは理解しておく必要があります。

接種後数日間はワクチン接種による症状を起こすことがあり、ごくまれに急性アレルギー反応を及ぼす可能性もある

副反応については、軽い症状として接種から数日間頭痛や熱などの症状を発症することがあります。重い症状として、ごくまれに急性アレルギー反応(アナフィラキシー)を引き起こす可能性もあります。アメリカのCDC(疾病対策センター)がワクチン接種者200万人を追跡したところ、10万人に1人の割合で急性アレルギー反応を起こした人がいたそうです(現在発症した全員が回復しています)。

集団接種を受ける場合、集団のいる場所に行かなければならない

また、ワクチン接種を受けるとなった場合、かかりつけ医に行って接種を受けるのではなく集団接種に行くようなケースもあります。その場合、多数の人と接触しなければいけないので、その際に新型コロナウイルスに感染する可能性がゼロとは言い切れません。もし一緒に住んでいる家族で自分だけワクチン接種を受けに行くとなった場合、自分はワクチン接種によって新型コロナウイルスに感染しても症状がでなかったとしても、受けなかった家族が発症してしまう、というケースは考えられます。

次章では集団接種の手続きについて解説していきます。

2.集団接種手続き

2-1.ワクチン接種の流れ

以下のような流れで集団ワクチン接種は行われます。

  1. 自治体から自宅にクーポンが郵送される
  2. 接種の予約をする
  3. 接種会場に行く
  4. 問診表を記入、予診を受け接種
  5. 経過観察を受けてから帰宅

クーポンを受け取る

自治体毎にクーポンが郵送で配られます。クーポンを持っていくと、会場で無料でワクチン接種を受けることができます。

予約

クーポンを受け取ったらそれをすぐに持っていけば受けられるというわけではなく、予約をする必要があります。電話やインターネット、LINEなどで予約できます。

接種会場へ

予約した日時に接種会場に行きます。会場となる場所は医療機関や公民館、体育館などの公共施設などになります。各自治体によって異なりますので、自治体に確認してみてください。

問診表を記入、医師による予診、接種

まずはクーポンを提示し、身分証などで本人確認をします。この際に検温も行うようです。

次にこれまでにかかった病気などを予診票に記入し、医師による予診を受け、ワクチン接種が可能かどうか判断することになります。

そして予診に問題がなければ、ワクチン接種を受けることになります。接種自体は1~2分ほどで終わると言われています。接種後には接種済証を受け取ることになります。接種済証には、どの種類のワクチンを接種したかなどが記載されており、2回目を受ける際に必要になります。

経過観察

接種が終わったらすぐに帰宅できるというわけではなく、15分~30分程度その場で経過観察を行うことになります。

海外での検証中、ワクチン接種後に頭痛やけん怠感などの症状を訴えた方もいたようですし、ごくまれではあるものの、急激なアレルギー反応があった症例も報告されています。

接種後は待機スペースで一定時間経過観察をみることになっており、体調が悪くなった場合などには救護室に行くことになります。

帰宅後は普通に過ごしてもらって構いません。シャワーも浴びられます。ただし、過度な運動などは避けた方がいいでしょう。

今回の新型コロナウイルスのワクチンだけでなく、ワクチンを接種された当日~数日間は多少症状がでる方は多いです。その場合は数日間安静に過ごすようにしてください。

2-2.ワクチン接種の日程

ワクチン接種を最優先される医療従事者は既に接種が始まっています(2月25日現在、21,896回)。医療従事者に接種が完了次第、次に65歳以上の高齢者が4月中旬以降をめどに開始される計画のようです。

新型コロナワクチンの接種についてのお知らせ|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

一般の人は5月以降、6~7月が接種のピークになるのではないか、と予想されています。

開始時期やクーポンが郵送されてくる時期は、各自治体によってずれていくと思われます。

自治体によってどのようなワクチン接種方法がとられるかは異なりますが、練馬区を例に挙げると、かかりつけ医などの小規模診療所を中心とした個別接種をメインに、公共施設を利用した集団接種を混ぜて行うことで円滑なワクチン接種を試みようとしています。

新型コロナウイルスワクチン接種体制【練馬区モデル】について:練馬区公式ホームページ (city.nerima.tokyo.jp)

豊島区ではその2つに加え、区民ひろばを接種チームで巡回する巡回接種という方法をとるそうです。

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について|豊島区公式ホームページ (toshima.lg.jp)

3.ワクチン接種にまつわるお金についての解説

3-1.接種は自費? 公費? 

ワクチン接種はクーポンを持参することで公費によって無料で受けられます。

医療従事者や高齢者の接種が終わり次第一般の方にもワクチン接種の機会がやってきますので、待ちましょう。

3-2.接種のために交通費がかかる場合は? 

ワクチン接種は基本的には自宅近くの公共施設で行われます。移動が難しい過疎地域ではバスなどが出る可能性もあります。

それらの対応は自治体毎に異なりますので、自分の住んでいる地域の自治体に問い合わせてみてください。

4.新型コロナウイルスとワクチン接種に関するQ&A

住んでいる都市(住民票がある住所)とは違う都市でも受けられるの? 職場の近くで受けたい

基本、ワクチン接種は住民票所在地の市区町村の公共施設で受けることになりますが、住んでいる場所と異なる場合は、現住所近くで受けることも可能になる方向で検討されています(2月2日厚労相記者会見より)。

まだ具体的な方法は未定ですので、厚生労働省からの正式な発表を待ちましょう。

公費で受けるワクチン以外で受けられるワクチンはある?  

ワクチン接種は2回受けると効果が高まると言われています。3回以上受ける必要はないと考えていいでしょう。公費によって2回無料で受けられます。自分でワクチン接種を受けられる場所を探すより、国の政策を待ちましょう。

お金を払って国の政策より早くワクチンを接種する、ということは現実的ではないと言えるでしょう。新型コロナウイルスのワクチンは全て海外製なので、日本に輸入されるのを待つしかありません。

お金を払えば住民票がないところでもいい?

原則、ワクチンは住民票所在地の市区町村で受けることになります。しかし、それでは困るという人も多いので現住所近くで受けられるようなシステムを検討中のようです。

ワクチン接種は2回と聞いたが同じ種類じゃないとダメ? 

ワクチン接種は計2回することで有効性が高まると言われているので、ワクチン接種はある程度時間を開けて2回受けることになります。

日本に入ってくるワクチンは「ファイザー」「モデルナ」「アストラゼネカ」の3種類があります。

結論としては、2回目に1回目と別の種類のワクチンを接種することはなるべく控えた方がいいです。同じ会社で作られたワクチンであれば問題はありませんが、1回目と2回目で違う会社の作ったワクチンを接種してしまうと、拒否反応などの副反応が起こる可能性が0とは言えません。副反応などについては現在検証中のようです。

5.まとめ

いかがだったでしょうか。今回は新型コロナウイルスに対するワクチン接種について解説していきました。

3月下旬以降、医療従事者や高齢者の接種が終わり次第、一般の人にもワクチン接種のクーポンが届くことになると思います。ワクチン接種は公費によって無料で受けられます。副反応があった場合の予防接種健康被害救済制度などもあります。

自らの意思で、ワクチン接種を受けたい方は、クーポンを受け取ったら会場に行って接種を受けるようにしましょう。

\この記事が役に立った方は是非シェアをお願いします/
  • Pocket

あなたへおすすめの記事