現金チャージ可能なキャッシュレス決済8選【比較表付き】

2019年10月1日より、キャッシュレス決済を行うと2%か5%のポイントが還元される制度が始まりました。

しかし、消費者のなかには、「支払いは現金派」「クレジットカードは持ちたくない」という方も多いのではないでしょうか。現金払いはポイント還元の対象外なので、少しもったいないような気もしますよね。

そこで、現金チャージに対応したキャッシュレス決済をおすすめします。

現金チャージが可能だと、実質的に現金払いで決済を行うのと変わりません。しかもポイント還元まで受けられるので、現金派の方にも恩恵があります。

今回は、現金チャージに対応した8種類のキャッシュレス決済を紹介していきます。ぜひ、この機会にキャッシュレスへの乗り換えを検討してみてください。

1.現金チャージでもポイント還元制度に対応

ポイント還元制度とは、特定の店舗でキャッシュレス決済を行うことで、購入金額の2%または5%のポイントが還ってくる仕組みです。2020年6月30日までが対象期間です。

対象店舗は約60万ヶ所(2019年10月末時点)で、コンビニや大手チェーンの飲食店、ガソリンスタンドなどは2%、中小・小規模店舗の場合に限り5%の還元率となります。

ポイント還元制度は、現金決済は対象外ですが、現金チャージ可能なキャッシュレスサービスを使うことで、消費税増税の還元制度を受けることができます

そのため、キャッシュレス決済手段を持たない方は、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。「クレジットカードは不安」という方でも、ほかに電子マネーやQRコード決済サービスなど、様々な種類が存在します。

キャッシュレスで決済を行うと、主に次のようなメリットがあります。

  • 2020年6月30日までは消費税増税の影響を受けない
  • 現金でチャージできるキャッシュレス決済も多い
  • 現金を持ち歩く必要がない
  • 現金決済よりも手続きが簡単
  • 家計簿アプリへ簡単に金額を反映できる

特に、「現金でチャージできるキャッシュレス決済も多い」という点は見逃せません。

銀行やコンビニATM、レジで現金チャージ可能なものもあります。キャッシュレス決済といっても現金支払いの仕組みとほとんど変わらないので、それなら5%のポイント還元を受けたほうがお得です。

「現金派」の方は、ぜひ検討してみてください。

2.現金チャージ可能なキャッシュレス決済8選を徹底比較!

キャッシュレス決済には様々な種類がありますが、すべてが現金チャージに対応しているわけではありません。

ここでは、現金チャージができるキャッシュレス決済を8種類厳選し、それぞれの特徴を比較しています。

  PayPay LINE Pay au PAY d払い nanaco WAON 楽天Edy Tマネー
会員費 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
決済種類 QRコード QRコード QRコード QRコード 電子マネー 電子マネー 電子マネー 電子マネー
ポイント名 PayPayボーナス LINEポイント au WALLETポイント dポイント nanacoポイント WAONポイント 楽天スーパーポイント Tポイント
還元率 0.5~1.5% 0.5~2.0% 0.5~1.5% 0.5~1.0% 0.5% 0.5% 0.5% 0.2%
チャージ
可能店舗
・銀行ATM
・Yahoo!マネー
・コンビニ
・銀行ATM
・コンビニ
・銀行ATM
・auショップ
・コンビニ
・銀行ATM
・店舗レジ
・現金入金機
・外貨両替機
・銀行ATM
・店舗レジ
・現金入金機
・銀行ATM
・店舗レジ
・現金入金機
・銀行ATM
・店舗レジ
・Web
利用可能
店舗数
約60万店 約100万店 約4万店 約5万店 約50万店 約37万店 約45万店 約2万店

3.現金チャージができるキャッシュレス決済8社の特徴

先ほど比較した、現金チャージができる8種類のキャッシュレス決済について、以下で詳しく特徴をお伝えしていきます。

QRコード決済が4社、電子マネーが4社ありますが、それぞれ特徴は大きく異なります。ご自身に最適なキャッシュレスサービスを選んでみてください。

(1)PayPay

PayPay

PayPayは、ソフトバンクとヤフーの協同によって生まれたキャッシュレスサービスです。店頭でアプリのQRコードやバーコードを読み取るだけで、簡単に支払いができます。

PayPayで決済を行うと、購入金額の0.5%分のポイントが還元されます。

ただし、このポイントは「PayPayボーナス」に含まれ、PayPay残高に還元されるという仕組みです。受け取ったポイントはPayPay残高に貯まっていくため、次回以降の支払い時に利用できます。

PayPayは、Yahoo!マネー(電子マネー)と連携させることで現金チャージが可能です。Yahoo!ユーザページからYahoo!マネーへ「現金」でチャージを選択すると、全国のコンビニから入金することができます。

また、最近では、セブン銀行ATMから現金チャージも可能になりました。Yahoo!マネーを使うより手続きが簡単なので、セブン銀行ATMから入金することをおすすめします。

【参照】PayPay公式サイト

(2)LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay

LINE Pay(ラインペイ)とは、QRコードやバーコードで決済できるキャッシュレスサービスです。クレジットカードの「LINE Payカード」やオンライン決済にも対応しています。

LINE Payは、前月分の利用金額に応じて「マイカラー」が判定され、各色に応じてポイント還元率が変わります。

マイカラ-は全部で4種類あり、「ホワイト」は前月の利用金額が0~9,999円で、ポイント還元率は0.5%です。利用金額が10万円を超えると「グリーン」となり、ポイント還元率は最大の2.0%となります。

利用するには、LINE Pay残高にチャージしておく必要があります。ファミリーマートとローソン、セブン銀行ATMが現金チャージに対応しています

【参照】LINE Pay公式サイト

(3)au PAY

au PAY

au PAYとは、KDDIが提供するキャッシュレス決済サービスです。店頭でQRコードやバーコードを読み取るだけで、簡単に決済を行うことができます。

auユーザーではなくても、「au ID」の設定と「au WALLETアプリ」をインストールするだけでau PAYを利用することが可能です。ただし、支払いを行うには、あらかじめau WALLET残高にチャージしておかなければなりません。

チャージは現金に対応しており、ローソン店頭やセブン銀行ATM、auショップの3ヶ所でチャージができます

【参照】au PAY公式サイト

(4)d払い

d払い

d払いとは、QRコードやバーコードで決済ができるキャッシュレスサービスです。NTTドコモが提供しています。

ドコモのスマホを持っていると、「携帯料金合算払い」で、月々の携帯代と購入代金を合算することが可能です。

また、購入代金200円につき1ポイントが貯まる(還元率0.5%)ので、dポイントを貯めたいという方に向いています。ネットショッピングだと還元率が2倍になるため、よりお得に使うことができるでしょう。

なお、ドコモ会員以外の方は、現金チャージは、コンビニのレジまたはセブン銀行ATM、もしくはd払いに銀行設定することで行うことができます

チャージに対応する銀行は、みずほ銀行や三井住友銀行、静岡銀行などの口座で、d払いアプリに直接チャージすることが可能です。

【d払いをこれから始めたい方へ】

d払いはアプリをインストールしdアカウントを発行するだけで始められます(dアカウントはアプリ初期設定時に発行できます)。d払いアプリはこちらのページでインストールできます。

d払いについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事でメリットや注意点を詳しく解説していますので是非、併せてご覧ください。

関連記事
d払いマーク
d払いはドコモユーザー以外でもお得|始め方とポイント還元率
CMや広告でたびたびキャンペーンのお知らせをしている「d払い」。「お得らしいのはなんとなくわかるけれど詳しいことは分…[続きを読む]

ちなみに、同じくドコモが提供する「dカード」を紐付けた場合はさらにクレジットカード利用分のポイント1%が貯まるため、おすすめです。

【dカード GOLD 公式ページ 】
dカード GOLD入会で、dポイントプレゼント!
10分で登録完了! ]
毎月の「ドコモのケータイ料金」および「ドコモ光」のご利用料金1000円(税抜き)につき、最大10%還元!。さらに、前年の年間ご利用額累計が、100万円(税込)以上、200万円(税込)以上のお客様にそれぞれ10800円相当、21600円相当の選べる特典があります
詳細はこちらから

【入会&エントリー&ご利用で最大8000ポイント相当プレゼント!】
dカード
10分で登録完了! ]

年会費は永年無料

年会費は永年無料

dカードはポイント還元率が1%と高いお得なクレジットカードです。dカード特約店やdカードポイントアップモールでさらにポイントアップ! また、dカードには「お買い物あんしん保険」など、万が一の際に役立つ保険も付帯しています。 「dカード」はドコモユーザーはもちろん、そうでない方にとってもおすすめの一枚です!
詳細はこちらから

【参照】d払い公式サイト

(5)nanaco(ナナコ)

nanaco

nanaco(ナナコ)とは、支払いごとにnanacoポイントが貯まる電子マネーです。

全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーのほか、約50万ヶ所の加盟店で利用することができます。200円につき1ポイントが加算されるので、還元率は0.5%です。

現金チャージの方法は、各店舗のレジで入金の旨を伝えるか、セブン銀行ATMから入金することになります。加盟店によっては、nanacoチャージ機(現金入金機)が用意されており、より簡単に現金チャージが可能です。

また、空港や駅などに設置されているポケットチェンジ端末(外貨両替機)から現金チャージすることもできます。

もっともチャージ手段の多い電子マネーなので、便利に利用することができるでしょう。

【参照】nanaco公式サイト

(6)WAON(ワオン)

WAON

WAON(ワオン)とは、総合スーパー「イオン」が発行する電子マネーです。

全国のイオン店舗のほか、加盟店約37万ヶ所で利用することができます。ポイント還元率は0.5%(200円につき1ポイント)ですが、イオンの一部店舗だと還元率が2倍になることもあります。

各店舗のレジ、またはイオン銀行ATMで現金チャージが可能です。店舗によってはWAONチャージャー(現金入金機)を導入していることもあり、現金チャージのほか、残高照会や利用履歴を確認することができます。

【参照】WAON公式サイト

(7)楽天Edy

楽天Edy

楽天Edyとは、支払いするだけで楽天スーパーポイントが貯まる電子マネーです。

利用できる店舗数は45万を超え、電子マネーのなかでもトップクラスの使いやすさを誇ります。

楽天Edyは、購入金額200円につき1ポイントが付与されます(還元率0.5%)。ただし、レジで楽天ポイントカードを提示してから楽天Edyで決済すると、追加で1.0%分のポイントが加算されます。

現金チャージできる場所は、各店舗のレジとセブン銀行ATMの2ヶ所です。加盟店によってはEdyチャージャー(現金入金機)を設置していることもあり、より簡単に現金チャージができます。

【参照】楽天Edy公式サイト

(8)Tマネー

Tマネー

Tマネーとは、支払いをするたびにTポイントが貯まる電子マネーです。

全国約2万ヶ所の店舗で使うことができ、月の利用額500円につき1ポイントが付与されます(還元率0.2%)。

現金であれば、各店舗のレジで簡単にチャージが可能です。チャージは1,000円単位で、最大3万円までチャージができます。

クレジットカードを持っていれば、Tポイントの公式サイトからでもチャージが可能です。Tポイントやギフトカードからチャージすることもできるため、Tポイント加盟店をよく利用される方に最適といえるでしょう。

【参照】Tマネー公式サイト

まとめ

キャッシュレス決済のなかには、現金チャージに対応したサービスがあります。

現金チャージだと、店頭で現金払いするのとほとんど仕組みが変わりません。そのうえ、キャッシュレス決済によって、ポイント還元制度の恩恵を得ることができます。

今回は、現金チャージに対応した計8つのキャッシュレス決済を紹介しました。

ポイント還元制度は2020年6月末までとなっているため、この機会に便利なキャッシュレス決済を検討してみてはいかがでしょうか。

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事