西友のポイント還元とキャッシュレス決済一覧

★ お気に入りに追加
西友

画像引用元|西友

電子マネーに現金をチャージしていざお店で使っても「対応していません」と言われたことはありませんか?

対応していないから結局現金払いに戻ってしまい、この経験からキャッシュレスを忌避してしまうこともよくあります。
しかし今の時代、この行動はとてももったいないです!

お店側では決済方法の多様化が課題ですが、私たち顧客としてはどの店舗でどんな決済が使えるのかを知っておくことが重要です。

普段使うスーパー等の決済方法を知っておくことで、生活のほとんどをキャッシュレスにすることは十分可能なのです。

そこで今回は「西友」で使うことができる決済方法をご紹介していきます。

1.西友で使えるキャッシュレス決済

西友で使えるキャッシュレスを、種類別にまとめていきます。

西友で使えるクレジットカード/デビットカード

まずは西友で使用できるクレジットカードは何が使えるのかをまとめました。

クレジットカード/デビットカード
VISA
MasterCard
JCB
AMERICAN EXPRESS
Diners Club

クレジットカードであれば、代表的なクレジットであればほぼ全て使用できます。

特にカードにこだわりがなければ、後述する特定の日「5パーセントオフ」、毎日「3%オフ」に対応しているセゾンカードを利用するのが良いでしょう。

西友で使える電子マネー

そして次にキャッシュレスで代表的な電子マネーでどの決済方法が使用できるのかをまとめました。

電子マネー
Suica×Kitaca×
PASMO×はやかけん×
ICOCA×楽天 Edy×
manaca×nanaco×
nimoca×iD×
PiTaPa×QUICPay×
TOICA×WAON×
SUGOCA×  

上表のとおり、主要な電子マネーは基本利用不可です。

ただあまりメジャーな電子マネーではありませんが、後述する「SEIYUショッピングカード」、プリペイドカード「mijica」などは利用可能です。

PayPayが対応!西友で使えるスマホ決済・QRコード決済

西友で使えるスマホ決済・QRコード決済は下表のとおりです。

QRコード決済
PayPay
楽天ペイ×
LINE Pay×
d払い×
Origami Pay×
メルペイ×
au PAY×
Alipay×
WeChatPay×

以上のように、QRコード決済で使用できる決済方法はPayPayしかありません。

PayPayの還元率は2020年現在1.5%で比較的高く、さらにキャンペーン時等に利用するとお得度が高いでしょう。

2.西友はキャッシュレスポイント還元対象か|軽減税率は?

キャッシュレス消費者還元事業対象外

西友は2019年10月から開始されたキャッシュレス消費者還元事業によるポイント還元制度の対象外です。

つまりセブンイレブンなどで即時2%割引や、中小企業店舗での5%ポイント還元などは有りません。

しかし後述する独自のキャンペーンは存在しますので、決済方法で節約したい方はそちらを利用しましょう。

軽減税率の商品の販売

西友は、飲み物から食料品などの軽減税率対象商品や、スーツやバッグといった軽減税率の対象外商品まで様々な商品を取り扱っています。

基本食料品は消費税8%で、日用品などは消費税10%と考えて計算する必要があります。

3.西友で5パーセントオフ&毎日3%OFF!|すべてのセゾンカードで

西友・リヴィン・サニーの各店舗でお得に買い物をするためには、下記のキャンペーンを利用する必要があります。

  • セゾンカードを利用すると、特定の日に5パーセントオフ(2020年現在は毎月第1・第3土曜日)
  • セゾンカードを利用すると、毎日3%OFF(*2020年3月末まで実施予定・ただし延長の可能性有り)

特に注目は「毎日3%オフ」のキャンペーンですが、公式サイトを確認すると「キャンペーン終了後も正式なサービスとして導入する可能性あり」と記載があり、延長の可能性も示唆されています。

また、セゾンカード以外のクレジットカードを利用した場合、還元率の相場は0.5~1.0%です。

現在流行中のQRコード決済「PayPay」も以前は3%以上の還元率がありましたが2020年現在は1.5%まで改悪されてしまいました。

以上のような決済方法と比較すると、西友で利用するおすすめのクレジットカードは、「セゾンカード」一択と言っても過言ではないことが分かります。

隠れたおすすめのセゾンカード

上記のキャンペーンは、クレディセゾン社が発行する全てのセゾンカードが対象です。

セゾンカードといえば、一般的にはウォルマートカードやセゾンカードインターナショナルを利用している方が多いと思います。

ただ2018年7月、西友を傘下に持っていたウォルマートが西友を売却し、西友とウォルマートカードとの関係はこれから先深まることはなさそうに考えられます。

そのため選択肢として他のセゾンカードを利用するという手もあるでしょう。実は下記のようなお得なカードが存在します。

JMBローソンPontaカードVisa


JMBローソンPontaカードVisaカードはどうしてもPontaの印象が強いため「ローソンが発行しているのかな?」と誤解しがちですが、このカードもセゾンカードの一つです。下記のようなメリットがあります。

  • セゾンカードなので西友の毎日3%オフ・毎月第1・第3土曜日は5パーセントオフキャンペーンに参加可能
  • 年会費永年無料・ETCカード無料
  • たまるポイントは永久不滅ポイントではなくPONTAポイント
  • ローソンで100円につき2Pontaポイント
  • JALマイルとの相互交換が可能
  • ローソンのお試し引換券を使うと、還元率を高めることが可能

永久不滅ポイントより、PONTAポイントの方をよく利用する方は、このカードの方がポイント消化が捗ると言えます。

■入会のご案内
JMBローソンPontaカードVisaローソンで100円につき2Pontaポイント

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン


クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンは西友のキャンペーンに参加できるだけではなく、西武百貨店・そごう・セブンイレブン・イトーヨーカドー等でも強いカードと言えます。

下記のようなメリットがあります。

  • セゾンカードなので西友の毎日3%オフ・毎月第1・第3土曜日は5パーセントオフキャンペーンに参加可能
  • 年会費永年無料・ETCカード無料
  • 西武・そごうで1回1000円以上利用で、0.5%の「永久不滅ポイント」・2~7%の「クラブ・オン/ミレニアムポイント」が貯まる
  • セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズ等セブン&アイグループ店舗で還元率1.0%(永久不滅ポイント1ポイント=5円換算)
  • イトーヨーカドーの「ハッピーデー(5%オフ)」に参加可能
  •  
  • 2020年2月29日まで最大2000円キャッシュバックキャンペーン実施中

このカードのすごい所は、3大スーパー(イオン系、セブン&アイ系、西友系)のうち2つのグループの利用特典があり、さらに西武やそごうと言った百貨店でも強いということです。

このカードとイオンカードを所持すれば、地方都市なら無敵と言って過言でもないでしょう。

なお、以前イトーヨーカドーのハッピーデーで利用する際、ハッピーデーの割引証をカウンターで受け取り提示する必要がありましたが、現在は自動的に割引対応してくれて、その点でも利便性が向上してします。

■入会のご案内
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン最大2000円キャッシュバックキャンペーン実施中

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン
西友ならクラブ・オン/ミレニアムカード セゾン ]
西友に強いカードなら「クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン」!その他、西武・そごう、e.デパートにてクレジットでのお支払いで5~7%のクラブ・オン/ミレニアムポイントが貯まり、セブン&アイグループ対象加盟店でもポイントが貯まる!スーパー・百貨店に強いカード!
詳細はこちらから

イトーヨーカドーのハッピーデーについては下記記事が詳しいので併せてご参照ください。

関連記事
イトーヨーカドーのポイント還元とキャッシュレス決済一覧
関東を中心に展開しているイトーヨーカドーですが、時代の流れとなっているキャッシュレスにどのくらい対応しているのでしょ…

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは一般的には法人カードと認識されていますが、事業をしていない個人でも所持が可能です。

いわゆるステータスカードで年会費は高額です。メリット・注意点は下記の通りです。

  • セゾンカードなので西友の毎日3%オフ・毎月第1・第3土曜日は5パーセントオフキャンペーンに参加可能
  • 年会費20000円(税抜)
  • 1年の利用金額が200万円以上なら、次年度の年会費が10,000円(税抜)の優遇
  • 国内・海外旅行保険が自動的に付帯(海外旅行傷害保険の死亡・後遺障害は最大1億円)
  • 海外空港ラウンジサービス(プライオリティ・パス無料)
  •  
  • JALマイルも貯まる
  • 2020年3月31日まで最大20000円分の永久不滅ポイント還元

2019年後半には価格コムのランキングで「プラチナカード部門」「法人カード部門」で1位を獲得しており、一言で言えばプラチナカードの中ではコスパが最強です。

基本年会費20000円(税抜)と高額ですが、現在最大20000円分のポイント還元キャンペーンを行っており、初年度は実質無料に近いかたちでプラチナカードを所持することができます。

特に海外旅行に強いカードのため、今年、海外旅行に行く予定がある人などにおすすめです。

初年度は実質無料で1年プラチナカードを所持してみて、引き続き契約するかどうかを決めるというのが賢い方法かもしれません。

■入会のご案内
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード最大20000円分の永久不滅ポイント還元

4.独自電子マネー「SEIYUショッピングカード」と永久不滅ポイント

西友は前述の表で紹介した通りほぼ全ての電子マネーが使用できません。

その代わり、独自の電子マネー「SEIYUショッピングカード」を発行しているので、このカードは電子マネーとして使用することができます。

さらにゆうちょが発行しているプリペイドカード「mijica」も使用できるので、普段西友グループを使用する際は2つのどちらかを持っていればキャッシュレスで買い物ができます。

SEIYUショッピングカードとプリペイドカードmijicaの比較

電子マネーとして使用できるものはSEIYUショッピングカードとゆうちょのプリペイドカードmijicaの2種類でしたが、この2つにはどのような違いがあり、どれを使ったほうが良いのか紹介します。

比較
項目
SEIYUショッピングカードmijica
カードの種類電子マネーデビットカード
プリペイドカード
チャージ方法店舗にて現金またはセゾンカードを使用することでチャージ可能1.指定のゆうちょ口座より指定した金額をWebやスマホアプリを利用してチャージする方法や、2.毎月の指定された日時にオートチャージする方法、3.ゆうちょATMより直接チャージする方法、4.たまったポイントでチャージする方法等があり
チャージ下限・上限500~100,000円下限なし~100,000円
ポイント付与なしあり

上表を見ると分かる通り、mijicaを使用する方が永久不滅ポイントが付与されるので普段使いにはおすすめです。

SEIYUショッピングカードは普段使いでもできますが、大きなデメリットとして、買い物をしてもポイントが付与されないので、あまりおすすめできるカードではありません。

しかし店舗で気軽にプリペイドカードを購入し、その場でキャッシュレスが導入できるので初めてキャッシュレスを体験するのであればおすすめできるカードです。

さらにギフトカードとしても使用することができるので、まだキャッシュレスを導入していない友人にもプレゼントとして渡すこともできます。

永久不滅ポイント

セゾンカードやmijicaで買い物を行った際に、セゾンカードでは1000円で1ポイント、mijicaでは2,000円で1ポイントが貯まります。

永久不滅ポイントはその名の通り、有効期限がないのでポイントを使用せずに貯め続けることができるので短期間ではなく長期間使い続けることでポイントが徐々に増えていくのが特徴です。

4.まとめ

西友では独自の電子マネーを発行しているので、他のスーパーやコンビニと違い、普段から使用する電子マネーやQR決済が利用しづらい店舗です。

しかし全てが使用できないわけではなく、電子マネーではSEIYUショッピングカード、QR決済ではPayPay、そして5パーセントオフ・毎日3%オフキャンペーンのためのセゾンカード等が使用できるので比較的キャッシュレス決済の利便性は高いと言えます。

普段、西友グループのスーパーに行かれる際は、使えるキャッシュレス方法、お得な買い物の方法を覚えておきましょう。

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事