年末調整で国民年金と国民健康保険料も控除できる?

★ お気に入りに追加
年金

国民年金や国民健康保険の保険料の毎月の負担は小さくありません。しかし、その金額を控除できることはご存知でしょうか?

そこで今回は年末調整での控除の手続きについて解説し、Q&A形式で気になる疑問についてご案内していきます。

1.国民年金保険料と国民健康保険料の控除とは?

1-1.社会保険料控除とは

自分自身や配偶者、その他の社会保険料(国民年金や国民年金基金、国民健康保険)を納めた場合はその金額を所得から控除することができます。これらを社会保険料控除といいます。

控除できるのは年間に納めた社会保険料で、給与から天引きされた金額も対象となります(給与から天引きされた健康保険料や厚生年金保険料は事業者により一括して計算しますので申告の必要はありません。)

対象となる社会保険料は以下の通りです。

  • 国民年金保険料
  • 国民健康保険料
  • 国民年金基金の掛金
  • 後期高齢者医療制度の保険料、介護保険料

1-2.社会保険料控除の計算例

会社員の父親が同居の大学生の国民年金を1年分前納した場合

支払った国民年金保険料(口座振替1年前納):192,790円

所得から192,790円を控除出来るので所得税・住民税の税率がそれぞれ10%だとすると

192,790円×20%=38,558円が節税できます。

1-3.サラリーマンは原則、社会保険だが例外もある

サラリーマンは、通常、企業が加入している健康保険組合や協会けんぽに健康保険料を労使折半で支払っています。

しかし、定年や転職などで会社を退職した場合は退職日の翌日から14日以内に国民健康保険に加入しなければなりません。このケースでは、支払った国民年金保険料を控除するには、自身で確定申告をする必要があります。

2.年末調整の控除の手続きで知っておきたいこと

年末調整で控除を受ける場合の手続きの注意点について案内します。

2-1.控除は年末調整と確定申告のどちらかで

社会保険料控除は年末調整もしくは確定申告のどちらかで申告を行い控除を受けます。年末調整と確定申告の両方での二重控除は出来ません。

2-2.国民健康保険の納付金額の確認方法

年末調整では支払った(または予定額)国民健康保険料や国民年金の金額を記入する欄があります。金額がわからない場合は以下のような方法で確認します。

口座振替による支払い分

通帳の記載内容または12月中旬に届く「口座振替済のお知らせ」などから納付額が確認できます。

納付書による支払い

納付書で国民健康保険保険料を納付した場合は支払い時の領収書で納付額を確認できます。

特別徴収(公的年金からの天引き)による支払い分

年金から天引きで国民健康保険料を納めた場合は、1月末ごろに年金保険者(日本年金機構等)から送付される「公的年金等の源泉徴収票」(障害年金、遺族年金を除く)で納付額を確認できます。

納付済額が不明のとき

納付額がわからない場合は区市町村の年金課などに電話で問い合わせましょう。世帯主または同世帯の人には、本人確認後、納付済額を口頭で知らせてもらえます。それ以外(別世帯の人、勤務先従業員の人など)には、原則として世帯主の住所へ納付済確認書の郵送を依頼する方法となります。

年末調整による控除では年内に納付予定の金額を含めることが出来ます。ただし、結果的に納付をしなかった場合は、確定申告で、控除額の減額が必要です。

2-3.国民年金保険料の納付金額の確認方法

国民年金保険料の納付額は日本年金機構から送られる「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」で納付金額を確認できます。また各年金事務所へ電話で問い合わせることもできます。

2-4.証明書の添付は必要?

年末調整の際には、国民健康保険料であれば保険料納付の証明書の添付は必要ありません
国民年金等の控除は控除証明書の添付が必要です。

2-5.年末調整の社会保険料控除欄の書き方

年末調整の際に社会保険料控除では、控除申告書に必要事項を記入します。

記入する項目は、以下の通りです。

  • 社会保険の種類
  • 保険料支払先の名称
  • 保険料を負担することになっていた人の氏名・続柄
  • 支払った保険料

書く欄が足りなければ、提出先の会社に相談しましょう。会社は預かった保険料控除申告書を税務署に提出するわけではないので、会社に内容が正しく伝われば良いのです。

保険料控除申告書の詳細な書き方については、こちらの記事をご覧ください。

関連記事
確定申告 社会保険料控除
令和元年(平成31年)分給与所得者の保険料控除申告書の書き方(記入例つき)
会社勤めの方は、保険料控除申告書を会社に提出することで、支払った生命保険料、地震保険料、社会保険料、小規模企業共済等…

3.国民年金保険料の控除についてQ&A

ここから国民年金保険料の控除に関してよくある疑問点と回答をまとめています。

【参照】日本年金機構 年金Q&A

(1)2年前納した国民年金の社会保険料控除はどのような方法で行うのですか?

  1. 全額を納めた年に控除する方法
  2. 各年分の保険料に相当する額を各年に控除する方法

いずれか一方を選択できます

(2)控除証明書をなくしてしまったのですが再発行できますか?

再発行することができます。
「ねんきんネット」のユーザIDがあればWEB上から再発行申請ができます。また、ねんきん加入者ダイヤル・年金事務所で電話による受付も行っています。ねんきん加入者ダイヤル等で依頼する場合は、マイナンバーまたは基礎年金番号を用意しましょう。

(3)子供の分を肩代わりして納付しましたが控除できますか?

控除できます。
控除できるのは納付義務のある人ではなく、実際に保険料を納めた人です。子や配偶者の分も控除できますし、過去の分も控除できます。また 親族は6親等以内の血族と3親等以内の姻族(配偶者の血族)も生計が同一であれば控除できます。大学生の1人暮らしの子に仕送りをしている場合など同一生計であれば遠隔地もOKです。

(4)控除証明書はいつごろ送られてきますか?

1月1日から9月30日末までの間に初めて国民年金保険料を納付した場合は10月末ごろ発送されます。
10月1日から12月31日までの間に、初めて納付した場合は、翌年2月ごろ発送されます。

(5)年末調整や確定申告以外に、この控除証明書が必要になることがありますか?

年末調整・確定申告で所得税の申告は行わないものの市区町村民税の申告を行う場合は、市区町村民税の申告の際に、この控除証明書が必要となる場合があります。それ以外は、この控除証明書が必要になることはありません。

4.国民健康保険料の控除についてQ&A

ここから国民健康保険料の控除に関してよくある疑問点と回答をまとめています。

(1)加入者ごとに申告をしたいので、それぞれの保険料を教えてもらうか納付額証明を発行してもらう事はできますか?

国民健康保険料は世帯単位で計算を行っているため、加入者ごとに保険料を計算することはできません。
また、納付済額証明を加入者ごとに発行することもできません。
加入者それぞれが申告する場合は、納付済額を上限として、各々が負担した金額を申告します。

【参照】厚木市 国民健康保険 よくある質問

(2)社会保険料控除のお知らせと年金の源泉徴収票では国民健康保険料の金額が違うのですが何故ですか?

年金の源泉徴収票に記載されている金額は予定額です。
途中で変更があった場合は金額が違う場合があります。

【参照】厚木市 国民健康保険 よくある質問

(3)社会保険料控除の対象となる期間はいつからいつまでですか?

対象期間は以下の通りです。

  • 年末調整のとき → その年の1月1日から12月31日までに納付した金額
  • 確定申告のとき → 前年の1月1日から12月31日までに納付した金額

※年度(4月から翌年3月まで)の保険料とは期間が異なるので注意しましょう。

【参照】八千代市 国民健康保険 よくある質問

(4)国民健康保険に加入しており、毎年きちんと納税しています。わざわざ申告しなくても、住民税を算出する際に自動的に控除の計算に入れてくれてもよいのではないでしょうか?

社会保険料控除は、支払い義務者ではなく実際にその保険料を支払った方が控除として申告します。自治体では、実際に支払った方を特定できないため申告が必要となります。

【参照】坂戸市 住民税Q&A

(5)昨年の国民健康保険料が未払いだったので、今年の4月に支払いました。この分は昨年分として申告するのでしょうか?

社会保険料は、実際にその保険料を支払った年が控除の対象となります。今年の分として年末調整や翌年の確定申告で申告しましょう。

【参照】坂戸市 住民税Q&A

(6)企業の人事担当ですが、従業員の提出書類に社会保険料の記載がないので、代理で教えてもらうことはできますか?

個人情報保護の観点から、世帯主または同一世帯の方以外への回答は出来ません。
また、支払済額証明等の送付につきましては、納付義務者以外への送付対応はできません。

【参照】厚木市 国民健康保険 よくある質問

まとめ

年末調整で、国民年金と国民健康の保険料を控除することが可能です。書類の記入方法も簡単です。

自分が支払った保険料であれば、家族や過去の分も控除できますので、忘れずに申告するようにしましょう。

Ad Exchange

この記事が役に立ったらシェアしてください!