【自動計算】医療費控除とセルフメディケーション税制のどちらがお得?|比較シミュレーション

従来の医療費控除と、セルフメディケーション税制と、どちらがお得か簡易的に比較するツールです。




利用方法

給与収入だけの方は、「年収 or 所得」欄に、給与の年収を入力します。
給与収入以外もある方や個人事業主の方は、「入力する金額」で「所得」を選択し、「年収 or 所得」欄に、所得の合計額を入力します。

「従来の医療費控除対象の年間の医療費」に、1年間に実際に支払った医療費を入力します。

「セルフメディケーション税制対象医薬品の年間購入額」に1年間に対象の医薬品を購入した金額を入力します。

「計算する」ボタンを押すと、医療費控除&セルフメディケーション税制のそれぞれの対象となる金額と、所得税の還付金額、住民税の減税額、還付金額と減税額の合計額が表示されます。

利用上の注意点

本ツールは医療費控除およびセルフメディケーション税制により還付される金額を簡易的に計算するツールです。
他の控除金額については考慮していないため、実際の還付金額とは異なることがあります。

本ツールを利用して、不利益や損害等が発生したとしても、当社は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
医療費控除に関するご質問については、最寄りの税務署にお問い合わせください。

参考情報

医療費控除とセルフメディケーション税制は併用できません。どちらか片方だけ選択します。

医療費控除の仕組み・対象者について

医療費控除の仕組みや対象については、下記の記事で解説しています。

関連記事
医療費控除 確定申告
医療費控除とは?税金が還付される仕組みと申請方法を解説
年間に10万円を超える医療費を支払った場合は、確定申告により「医療費控除」の適用を受けることができます。「医療費控除…[続きを読む]

医療費控除の明細書の書き方

医療費控除を受けるには「医療費控除の明細書」を記入します。その書き方を下記の記事で解説しています。

関連記事
医療費控除の明細書
【2022年版】医療費控除の明細書の書き方(記入例つき)
税制改正により平成29年分の医療費控除から、領収書を提出する代わりに「医療費控除の明細書」を提出するようになりました…[続きを読む]